You Are Here: Home » コラム » 電子マネー

ファミマTカードでチャージしたFamiPayで公共料金や税金を支払おう!

ファミマTカードと言えば、FamiPayにチャージして使うことができる唯一のクレジットカードである。 公共料金支払うことができる電子マネーはnanacoもあり、リクルートカードやYahoo! JAPANカードからチャージをすることができる。 筆者もファミペイのサービスが開始するまでは、Yahoo! JAPANカードを使ってnanacoにチャージをしていた。 公共料金の支払になぜnanacoからFamiPayに変えたのか、なぜFamiPayを使うのかを今回紹介する。 nanacoからFamiPayに変えた理由 公共料金の支払をnanacoからFamiPayに変えた1つ目の理由は、FamiPayで支払うと、FamiPayボーナスで10ボーナス(ポイント)があるからだ(公共料金によっては就かない場合もある)。nanacoで支払った場合には、nanacoにはポイントの付与が一切ない。 2つ目の理由は、チャージの可能額 ...

Read more

「キャッシュレス還元ポイント」がはじまり、改めて「ビックカメラSuicaカード」のおトクさを検証してみた!

2019年10月になり、消費税が10%に引き上げられた。そして、同日から2020年6月末までの9か月間限定でキャッシュレス還元ポイントが実施されている。キャッシュレスで支払うとポイントが5%ないし2%が戻ってくたり、その場で割引されたりする制度である。実際に使えるキャッシュレスの種類が多くどれを使えばいいか悩んでいる人も多いだろう。 一番おトクな方法はコード決済でその中でもPayPayがおトクになる場合が多いが、コード決済以外でおトクな方法は何かを考えてみた。 筆者としては、「ビックカメラSuicaカード」であるという結論に至った。今回はなぜ「ビックカメラSuicaカード」がコード決済以外でおトクであるのかを紹介したい。 クレジットカードや電子マネーが一体型で、日常生活の様々な場面で対応ができる 「ビックカメラSuicaカード」は1枚にクレジットカードと電子マネーの機能が内蔵されている。そのため、何枚もクレジ ...

Read more

コンビニでは登録していないPASMOでも2%還元は受けられる ただし、他の加盟店では登録しなければポイント還元がないので注意

とうとう消費増税の日となった。政府によるキャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元制度)で、登録済みの中小・小規模事業者ではキャッシュレス決済で5%還元、フランチャイズ店では2%還元となる。 注意が必要なのがPASMOやSuicaだ。これらは、事前に専用サイトに登録しなければ対象とはならない。しかし、コンビニで利用した場合はコンビニが即時還元するため、2%還元の対象となる。おそらく、このあたりが難しいところだろう。 実際に、「PASMO(パスモ)キャッシュレスポイント還元サービス」に登録していないPASMOを使い、ファミリーマートで利用してみた。 コンビニで牛乳とカフェラテを購入。合計406円をキャッシュレスポイント還元サービスに登録していないPASMOで支払う。 「キャッシュレス還元」として8円が表示され、交通系マネー支払いとして398円と8円引かれた状態で支払いができている事がわかるだろう。 通常、キャ ...

Read more

キャッシュレス・消費者還元事業でのPASMO利用時は要注意! 登録しなければ還元なし

2019年10月から開始する「キャッシュレス・消費者還元事業」だが、交通系ICカードの「PASMO」も対象となる。なお、記名PASMOだけでなく無記名PASMOも対象だ。 PASMOを使える加盟店で、PASMOを利用すると、5%や2%の還元を受けられるが、他のカードやコード決済とは仕組みが異なるので注意が必要となる。 他のキャッシュレス事業者の場合、対象カードであれば対象加盟店で利用するだけで5%や2%の還元となるのだが、PASMOは事前登録が必要だ。 2019年9月17日(火)14時から専用webサイトでの会員登録できるようになり、PASMO IDの登録が必要となる。PASMO IDはカード裏面にある「PB」から始まる17桁の番号だ。 2019年10月1日(火)~2019年12月31日(火)までが第一期、2020年1月1日(水)~2020年3月31日(火)までが第二期、2020年4月1日(水)~2020年6 ...

Read more

2019年10月1日以降はどの支払方法を使えば良いの? 対象外のカードとは?

キャッシュレス・消費者還元事業は対象のキャッシュレスを対象のお店で利用するのが大前提 最近は、ようやく様々なメディアでも「キャッシュレス・消費者還元事業」を取り上げるようになってきた。それに対してコメントを求められることも多いのだが、「キャッシュレス・消費者還元事業」の大原則は、対象のキャッシュレス決済を対象のお店で利用することとなる。中小企業の場合は原則5%還元、フランチャイズ店では2%還元だ。 例えば、対象外のキャッシュレスサービスを対象の店舗で利用したとしても、5%や2%の還元を受けられない。また、対象のキャッシュレスサービスを対象外のお店で利用しても5%や2%還元を受けることができない。 特に、中小起業にもかかわらず、登録申請を行っていなければ、対象のキャッシュレス決済を利用しても5%や2%の還元対象とならない。対象の店舗はキャッシュレス・消費者還元事業のマークがあるため、そちらを確認するようにしよう ...

Read more

数年間家に眠っていた複数国の硬貨が一気にWAONに変身! ポケットチェンジ体験記

ポイ探ニュースでもたびたびサービス拡充のお知らせが紹介されている外貨両替サービスポケットチェンジ。 実際に利用し、家で余らせていた外貨を電子マネーに交換した。今回はポケットチェンジでの交換体験談を紹介する。 紙幣10通貨、硬貨5通貨を電子マネーに ポケットチェンジとは、米ドル・ユーロ・中国元・ウォン・日本円5種類の紙幣と硬貨、香港ドル・タイバーツ・台湾ドル・シンガポールドル・ベトナムドン5種類の紙幣を電子マネーやギフトカードに交換することができるサービスだ。 筆者はここ数年で米ドル、ユーロ、中国元、台湾ドル、ベトナムドンと海外旅行で使い切れなかった外貨が増える一方であったため、ポケットチェンジ端末が設置されている渋谷に赴いた。 画面のタッチで簡単両替 渋谷駅の地下「渋谷ちかみち」ラウンジの斜め前に緑色の自動販売機のような端末が設置されていた。 画面をタッチすると、まずは交換可能な電子マネーが表示される。筆者は ...

Read more

セブン-イレブンでコード決済利用可能に 7payやPayPayを使ってみた 現場は混乱

2019年7月1日(月)から、セブン-イレブンのコード決済サービス7payが開始した。7payはセブン-イレブンアプリから起動でき、レジでバーコードを読み取ってもらうことで、チャージ残高の範囲内で支払う事ができるサービスだ。 今回、セブン-イレブンで7payや同時に開始となったPayPayを使ってみたので紹介したい。 セブン-イレブンアプリをアップデートするだけ 既にセブン-イレブンのアプリを利用している場合、別途アプリをダウンロードする必要はない。セブン-イレブンのアプリをアップデートするだけとなる。 アプリを起動すると、上部に「バーコード決済 7pay(セブンペイ)新規登録」のバナーが表示されている。こちらをタップして登録すれば良い。 7payの初期設定を行う バナーをタップすると、7payの利用規約が表示されるため「私は以上の内容を確認しました」にチェックを入れて「同意する」ボタンをタップ。 続いて、チ ...

Read more

© 2013 ポイ探

Scroll to top