You Are Here: Home » コラム » 電子マネー

「おサイフマイル」のトライアルに当選! そもそも「おサイフマイル」って何?

おサイフケータイと電子マネーのおトクなサービスをまとめたアプリである「おサイフライフ+」では、2020年5月14日(木)~7月31日(金)までの間、「おサイフマイル」のトライアルサービスを実施する。 この「おサイフマイル」のトライアルは2020年3月10日(火)まで1万名限定で募集しており、本来は4月1日(水)~6月30日(火)まで予定されていたが、5月14日(木)~7月31日(金)までに変更となっている。1万名を超えた場合は抽選となり、当選者には当選メールが送られ、筆者も無事に当選した。 「おサイフマイル」とは、おサイフケータイの電子マネーを利用するとマイルが貯まり、貯まったマイルを特典に交換できるサービスだ。マイルを貯める方法は3つ、マイルの使い方は2つある。 貯め方その1.対象の電子マネーを利用して貯める「通常獲得」 対象の電子マネーでの決済で100円につき1マイル獲得できる。 対象の電子マネーは楽天E ...

Read more

実は複雑!? PayPay残高のPayPayマネー、PayPayマネーライト、PayPayボーナス、PayPayボーナスライトの違いや確認方法は?

「PayPayボーナス」とは? PayPay残高は、スマホ決済で使うときにはほとんど考えずに利用する事ができる。しかし、実際は非常に複雑で残高には4つの種類がある。 まず、本人確認後に銀行口座やセブン銀行ATM等でチャージしたのがPayPayマネーだ。出金したり残高を送ったりすることができる。 2つ目が、PayPayマネーライト。Yahoo! JAPANカードやソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いを利用してチャージした残高。残高を送る事はできるが出金ができない。 3つ目はPayPayボーナス。PayPay残高で支払ったりキャンペーンなどで獲得した残高となり、残高を送ったり、わりかん機能では利用できない。 最後がPayPayボーナスライトとなり、キャンペーンなどで獲得した残高だ。送ったり、わりかんでは利用できず、唯一有効期限が設定されている。 一覧にすると以下のようなマトリックスとなる。 貯まり方 PayP ...

Read more

モバイルPASMOのサービスが開始! 登録できるクレジットカードやオートチャージできるクレジットカードは?

2020年3月18日(水)より、モバイルPASMOのサービスが開始した。モバイルPASMOはAndroid版のみの提供となり、iOS版は提供されていない。 早速、モバイルPASMOをダウンロードして申し込みしようと思ったが早速エラー。 モバイルPASMOは端末によって3つに分類される。TYPE 1はモバイルSuicaとモバイルPASMOを同時発行が可能。TYPE 2はモバイルSuicaまたはモバイルPASMOのいずれかの発行が可能。TYPE 3はモバイルSuicaのみ対応となりモバイルPASMOは対象外。 筆者の端末はXperia SO-04Kとなり、TYPE 2に含まれる。従って、モバイルSuicaが設定されている場合はモバイルSuicaを退会してから申し込まなければならない。 早速、モバイルSuicaを退会し、続いてモバイルPASMOを起動すると、今度は問題なく起動した。なお、モバイルSuicaのアプリを ...

Read more

東京都のポイントサービス「東京ユアコイン(オフィス型)」でポイントを貯めてみた! サポートデスクに行くだけで1,000ポイントゲット!

東京ユアコインって何? 2020年1月9日(木)~2月28日(金)までの間、東京都で実施しているのが「東京ユアコイン(オフィス型)」だ。 東京ユアコインとは、東京都への社会的・経済的な貢献を行い、持続可能な開発目標(SDGs)の推進に寄与した都民などに発行するポイントとなり、1月~2月で実証実験が行われる。 実施エリアは大手町・丸の内・有楽町エリアの「東京ユアコイン(オフィス型)」と自由が丘エリアの「東京ユアコイン(生活型)」だ。 今回は2020年1月9日(木)から開始した「東京ユアコイン(オフィス型)」を利用してみたので紹介したい。 東京ユアコイン(オフィス型)はアプリが必要 まず、「東京ユアコイン(オフィス型)」を利用するにはアプリをインストールしなければならない。iOS版、Android版が用意されているのでダウンロードしておこう。 起動後は新規ユーザー登録が必要だ。携帯電話番号とパスワードで登録できる ...

Read more

住民票の取得でもポイントゲット! マイナンバーカードの場合はnanaco支払いも可能!

住民票交付はマイナンバーカードが最安 先日、住民票が必要となった。住民票は役所の窓口などでも入手できるが、一番おトクなのはコンビニでのマイナンバーカードとなる。 筆者が住んでいる世田谷区で住民票を取得するには以下の方法等がある。この中で断トツ安く入手できるのがマイナンバーカードを使ったコンビニでの交付だ。 世田谷区の住民票 1通あたりの金額 時間帯 書類 窓口 300円 平日8:30~17:00 本人確認書類 郵送 300円 約10日間 住民票の申請書、定額小為替、返信用封筒、本人確認書類 証明書自動交付機(サービス終了) 250円 平日8:30~17:00(場所により異なる) 印鑑登録証・自動交付機カード・住民基本台帳カード コンビニ 200円 6:30~23:00(12月29日~1月3日を除く) マイナンバーカード コンビニでの住民票の取得方法は? セブン-イレブンのマルチコピー機で「行政サービス」をタッ ...

Read more

ZホールディングスとLINEの経営統合でキャッシュレス決済はどうなる? キャッシュレス戦国時代到来

2012年のポイント再編と同じような事が起きる 2019年11月18日(月)にZホールディングスとLINEの経営統合に関する記者会見があった。筆者は、用事で参加する事ができなかったが、この統合を聞いて思い出したのがYahoo!ポイントを廃止してTポイントに統合すると発表した2012年6月の発表後の事だ。 当時、楽天市場に対抗するためにYahoo!ショッピングなどで貯まるポイントをTポイントに切り替え、ヤフー+CCC連合 vs 楽天という構図ができあがった。 ポイントの提携を見ていくと、この発表がどれほどインパクトがあるかわかるはずだ。Yahoo!ポイントとJAL、Pontaポイント陣営とそれぞれのライバル企業である楽天スーパーポイントとANA、Tポイント陣営があり、バランスを取っていたのが2012年6月の発表までの図となる。 JAL派のYahoo!ポイントとANA派のTポイントがくっつく事により、一気にポイン ...

Read more

ファミマTカードでチャージしたFamiPayで公共料金や税金を支払おう!

ファミマTカードと言えば、FamiPayにチャージして使うことができる唯一のクレジットカードである。 公共料金支払うことができる電子マネーはnanacoもあり、リクルートカードやYahoo! JAPANカードからチャージをすることができる。 筆者もファミペイのサービスが開始するまでは、Yahoo! JAPANカードを使ってnanacoにチャージをしていた。 公共料金の支払になぜnanacoからFamiPayに変えたのか、なぜFamiPayを使うのかを今回紹介する。 nanacoからFamiPayに変えた理由 公共料金の支払をnanacoからFamiPayに変えた1つ目の理由は、FamiPayで支払うと、FamiPayボーナスで10ボーナス(ポイント)があるからだ(公共料金によっては就かない場合もある)。nanacoで支払った場合には、nanacoにはポイントの付与が一切ない。 2つ目の理由は、チャージの可能額 ...

Read more

© 2013 ポイ探

Scroll to top