再度「のるレージ」の名誉駅長に! のるレージオリジナルPASMO会員証「ブラックPASMO」を申し込み!

コラム 電子マネー

再度「のるレージ」の名誉駅長に! のるレージオリジナルPASMO会員証「ブラックPASMO」を申し込み!

先日、東急線のサービス「のるレージ」で名誉駅長になったとメールが届いた。名誉駅長になると「のるレージオリジナルPASMO会員証」を入手することが可能だ。

筆者は一度名誉駅長になり、オリジナルPASMO会員証を入手したことがあるのだが、再度名誉駅長になり連絡があった。

のるレージの名誉駅長になって申し込んだ「ブラックPASMO」が到着

目次1 定期券を搭載できる!2 有効期限が設定されている! 先日、東急線のポイントサービス「のるレージ」で名誉駅長を達成して申し込んだ「ブラックPASMO」が簡易書留で到着した。 ブラックPASMOと ...

続きを見る

一度名誉駅長になると、それ以降はオリジナルPASMOの発行はできないと思っていたが、発行条件を確認すると、有効期限内のオリジナルPASMOを保有している期間中は、名誉駅長になってもオリジナルPASMOの発行はできないが、有効期限が切れた場合、名誉駅長になるとオリジナルPASMOを発行できるようだ。

2022年7月に「名誉駅長」になり、申し込みメールからオリジナルPASMOを申し込むと9月末ごろに発行される。なお、前回オリジナルPASMOを獲得したのは2016年6月となるため、のるレージサービスもかなり長い期間続いている。

すっかり忘れていたころに、簡易書留でオリジナルPASMOが到着。今回届いたオリジナルPASMOの有効期限は2024年9月末日まで。2年間利用することが可能だ。

のるレージでたまるポイント「のるる」は、オリジナルグッズなどに交換できるのだが、すっかり忘れていてどんどん失効。久しぶりに「のるる」を確認したところ、3,000ポイント以上あったため、「オリジナルトランプ(非売品)」に交換。旅行先などで使ってみたい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 約110枚のクレジットカードを保有し、150万円以上の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, 電子マネー
-, , , ,

© 2022 ポイ探ニュース