You Are Here: Home » コラム » マイレージ » ANA(全日本空輸) » ハワイのワイキキでANAエクスプレスバスに乗車してみた! アラモアナセンター⇔Tギャラリア ハワイ by DFSが約12分で移動可能!

ハワイのワイキキでANAエクスプレスバスに乗車してみた! アラモアナセンター⇔Tギャラリア ハワイ by DFSが約12分で移動可能!

ハワイのワイキキでANAエクスプレスバスに乗車してみた! アラモアナセンター⇔Tギャラリア ハワイ by DFSが約12分で移動可能!

ANAエクスプレスバスとは?

ホノルルでは様々なトロリーを利用できるが、新たにアラモアナセンターとワイキキ中心部を結ぶバスが2019年4月20日(土)より運行が開始した。

9時~21時45分まで15分間隔で運航されており、アラモアナセンターとTギャラリア ハワイ by DFSが直通となっている。約12分で移動できるため、ぐるっと回る他のトロリーを利用するよりも早いのが特徴だ。

ANAエクスプレスバスはA380の「FLYING HONU」と同じウミガメのデザインで「ANAブルー」と「サンセットオレンジ」の2種類走っている。

ANAエクスプレスバスに乗車するには、東京発ホノルル行きの航空券を発券している場合に利用可能だ。今回はANAのA380を利用したため、ANAエクスプレスバスを利用することができた。

ANAマイレージクラブカードでは利用できず、ANAマイレージクラブのアプリが必要となる。他のトロリーと違い、紙のチケットが必要ないので便利だろう。

乗車可能期間はホノルル到着日を含む30日間となり、18歳未満の子供は3名まで利用できる。

ANAエクスプレスバスの乗車準備

ANAマイレージクラブのアプリをダウンロードしてログイン。左上の「QRコード」のアイコンをタップする。

ANAマイレージクラブのQRコードが表示される画面となり、右下に「Coupon」というボタンが出てくるのでタップする。

「Coupon」ボタンをタップすると「ANA Express Bus」の乗車チケットが表示される。このチケットが表示されない場合は、紙のチケット提示等で対応可能な場合もある。

ANAエクスプレスバスに乗車!

今回は、アラモアナセンターからTギャラリア ハワイ by DFSに乗車することに。アラモアナセンターの駐車場付近にあるバス停に到着。

15分間隔のため、すぐに到着。今回乗車するのは「ANAブルー」のデザインだ。

乗車チケットの画面をドライバーに提示するとANAエクスプレスバスに乗車できる。なお、このチケットは画面のスナップショットでも乗車できると書かれているため、ネットワークが繋がっていない場合でも利用することが可能だ。

乗車すると筆者の他に1組。ANAマイレージクラブのアプリが必要だったり、東京発ホノルル行きの航空券が必要だったりするため、それほど混雑していないのも特徴だろう。

前の方には誰も乗っていない。

アッという間にTギャラリア ハワイ by DFSの横に到着。

Tギャラリア ハワイ by DFSはワイキキの中心部にあるため、そこからどこかに行くこともできるし、もちろんDFSで買い物するのも良いだろう。

dポイント会員向けバスと異なり、ANAエクスプレスバスの期間は特に決まっていない。ハワイにANA便を利用する場合は、事前にANAマイレージクラブ アプリをインストールしておこう。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 1045

© 2013 ポイ探

Scroll to top