You Are Here: Home » コラム » マイレージ » ANA(全日本空輸) » ホノルルの空港からホテルまでは大人数だと本物のリムジンの方が安くなる可能性も モノレール開通はまだまだ先

ホノルルの空港からホテルまでは大人数だと本物のリムジンの方が安くなる可能性も モノレール開通はまだまだ先

ホノルルの空港からホテルまでは大人数だと本物のリムジンの方が安くなる可能性も モノレール開通はまだまだ先

ホノルル・レール・トランジットとは?

ホノルルで困るのが空港からホテルまでのアクセスだ。このアクセスを楽にするのが「HART(Honolulu Authority for Rapid Transportation)」だ。

ダニエル・K・イノウエ国際空港とアラモアナセンターがモノレールで結ばれる計画となり、実際は東カポレイからアラモアナセンターまで21の駅をモノレールで結ばれる予定だ。既に駅名も決まっており、ルートもwebで確認することができる。

  1. Kualaka‘i – at East Kapolei
  2. Keone‘ae – at UH West O’ahu
  3. Honouliuli – at Ho’opili
  4. Hō‘ae‘ae – at West Loch
  5. Pouhala – at Waipahu
  6. Hālaulani – at Leeward Community College
  7. Waiawa – at Pearl Highlands
  8. Kalauao – at Pearlridge
  9. Hālawa – at Aloha Stadium
  10. Pearl Harbor Naval Base
  11. Honolulu International Airport
  12. Lagoon Drive
  13. Middle Street Transit Center
  14. Kalihi
  15. Kapalama
  16. Iwilei
  17. Chinatown
  18. Downtown
  19. Civic Center
  20. Kakaako
  21. Ala Moana Center

 

このモノレールが開通すると、ダニエル・K・イノウエ国際空港からワイキキ地区まで便利で楽に移動できるようになるが、当初の計画よりも大幅に遅れているようで、2020年に部分開通。

アラモアナセンターまでは2025年の予定となっている。当初の遅れから考えると、2025年も危ういのではないだろうか。

それであれば、しばらくの間はダニエル・K・国際空港からの移動は他の手段を考えなければならない。

人数が多い場合はUberやLyftよりも安く空港⇔ホテルの移動も可能!

筆者が今回ダニエル・K・イノウエ国際空港⇔ホテル間の移動に利用したのが本物のリムジン貸切の送迎サービスとなる。ハイヤーではなくリムジン。

このリムジン送迎サービスをホテル⇔空港間でオプショナルツアーとして予約できるのが、楽天トラベルの「トラベルナビ ハワイ」と、ベルトラの「ANA Traveler’s POWERED BY VELTRA」や「JAPAN AIRLINES Powered by VELTRA」などとなる。

それぞれの料金を比較すると以下のようになる。なお、料金については定期的に見直されているようなので、2020年1月5日(日)時点での料金だ。

楽天トラベル
(6人乗り、6名利用時)
ベルトラ
(7人乗り) (8人乗り)
空港⇒ホテル 129米ドル 100米ドル 106.25米ドル
ホテル⇒空港 79米ドル 81.25米ドル 93.75米ドル

空港⇒ホテルの場合は、予約人数によっては楽天トラベルのトラベルナビ ハワイの方が安いが、人数が増えるとベルトラの方が安くなる。

例えば、6人で空港⇒ホテルで考えると、1人当たり17米ドル程度。ホテル⇒空港の場合は1人当たり14米ドル程度と非常に安い。人数だけでなく、それぞれスーツケースも考えると非常に安く移動できる事がわかる。

それぞれ、クレジットカード決済が可能となり、ANAやJALはクレジットカードのポイントとは別に200円につき1マイル獲得可能だ。

リムジン送迎サービスを予約してみた!

筆者は楽天トラベルのトラベルナビ ハワイで予約してみた。予約前にはマイプランに旅行日程などを登録する必要がある。到着日と出発日、おおよその時間、滞在ホテルを入力するだけで完了だ。

予約すると、手配完了のメールが到着する。そのメールにオンライン決済のリンクがついているのでクリックする。

オンライン決済はPayPalを利用できるため、Mastercard、Visa、American Express、JCBの利用が可能だ。

支払後は、バウチャーの印刷が可能となり、一応印刷しておこう。

実際にリムジン送迎サービスを利用してみた!

今回は、ダニエル・K・イノウエ国際空港⇒プリンス・ワイキキとプリンス・ワイキキ⇒ダニエル・K・イノウエ国際空港の両方を予約した。

ダニエル・K・イノウエ国際空港は2つの出口がある。左側の出口が団体向けの出口となるので、左側に向かう。右側の個人向けの出口に向かうとハマるので出口は左側と覚えておこう。

“C”の柱前にカウンターがあるので名前を伝えると、すぐに案内される。向かった先にはリムジンが。

スーツケースなども全て積み込んでもらえるため、車内で寛いでいるだけでホテルまで送迎してもらえる。さらに専用リムジンとなるため、他の人との相乗りがない。従って、空港から直接ホテルに送ってもらえるので、時間のロスがないのも◎。

実際のリムジンは子ども達も大はしゃぎ。酔いやすい子は前向きに、それ以外は横や後ろ向きに乗るのが良さそうだ。

車の中のバーカウンターにも興味津々だ。

空港を出てから30分弱でホテルに到着。ホテルには10時頃に到着したが、部屋の準備が整っていたのでチェックインする事もできた。空港からホテルまでスムーズで非常に快適だ。

帰りは出国時間から逆算してホテルにリムジンが到着する。日本人向けのサービスのためか、時間ピッタリにホテルに到着。ホテルのフロントまで案内があるので安心だ。

2025年にモノレールが開通するまでは、おそらく4人以上の人数であれば、スーツケースの個数なども考慮すると、リムジン送迎サービスの方がおトクになる可能性が高いのではないだろうか。

もちろん、1人・2人の場合はリムジン送迎よりもUber等の方が安くなると思われるので、そちらを利用した方が良いだろう。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 1046

© 2013 ポイ探

Scroll to top