クレジットカード特集 コラム デビットカード プラチナカード

Rakuten Miniを修理! 住信SBIネット銀行のミライノ デビットPLATINUM(Mastercard)で申請した保険金は支払われた?

保険金請求から保険金受取までの流れ

2020年4月に購入したRakuten Miniを落として画面がバキバキになり、修理してから1ヵ月ちょっと。

画面バキバキ「Rakuten Mini」を修理 補償に入っていない場合でも安く修理はできる?

目次1 Rakuten Miniの画面がバキバキに…2 補償1:楽天モバイルの「スマホ交換保証プラス」3 補償2:クレジットカードのショッピング保険4 補償3:住信SBIネット銀行のプラチナカードに付 ...

続きを見る

my楽天モバイルで修理費用がわかる明細が表示されたため、住信SBIネット銀行のミライノ デビットPLATINUM(Mastercard)に付帯するモバイル端末の保険(通信端末修理費用保険)で、保険金の請求を行ったが、案の定、次の日に資料が足りないとの連絡が。

住信SBIネット銀行のミライノ デビットPLATINUM(Mastercard)の保険でRakute Miniの修理代を請求してみた

目次1 楽天モバイルの修理明細は同封されていない2 my楽天モバイルの明細で端末の料金が表示されるまで待つ3 ミライノ デビットPLATINUMで保険申請を行う Rakuten Miniを落として画面 ...

続きを見る

キャリアショップ等が発行した修理診断結果(修理内容)が記載されている書類を送るように指示があったが、楽天モバイルから送られてきた書類はなく、発行もしてくれない。このことを返信すると、アップロードしたファイルだけで進めるとの返信が。この時点で、保険金が支払われるとは思えないのだが、出せる書類がないため仕方がない。

保険金が支払われればラッキー、支払われなくても仕方がないと考えていたが、5日程度で「保険金お支払手続き完了のご案内」とのメールが到着。

以下のように修理代金の10,000円が支払われた。

お支払理由:修理費用保険
お支払金額:10,000円

Rakuten Miniの修理代金が入金

Rakuten Miniの修理代金が入金

今回は無事に保険金が支払われたが、保険金請求の前にやっておくべき事として、故障端末の「IMEI」を書き留めておくのが良い。Androidの場合は「設定」⇒「端末情報」、iPhoneやiPadの場合は「設定」⇒「一般」⇒「情報」からIMEIを確認できる。

モバイル端末の保険は増えていく?

スマートフォンの画面が割れて危ない状態で使っている人も多いが、スマートフォンやタブレットなどはショッピング保険の対象外となる場合が多い。ショッピング保険が対象となるクレジットカードで3ヵ月以内に破損したとしても、スマートフォンはショッピング保険の対象外となるため、修理費用は支払われない(一部、スマートフォンなども補償の対象となるカードもある)。

iPhone 7を購入するクレジットカードは? スマートフォンの修理を180日間無料で保証してくれるカードがある!

目次1 ダイナースクラブカードとアメリカン・エキスプレス・カード2 dカード、dカード GOLD 3 全てのイオンカード 先日、ダイナースクラブカードで購入したiPhone 7の画面が割れ、修理を行っ ...

続きを見る

その点、モバイル端末の保険が付帯する「ミライノ デビットPLATINUM(Mastercard)」や「ミライノ カードPLATINUM」は非常に安心できる。「ミライノ デビットPLATINUM(Mastercard)」の年会費は1万円(税抜)、「ミライノ カードPLATINUM」の年会費は25,000円(税抜)だ。キャリアの補償やApple Careに加入していなくても適用されるため、保有しているだけで安心できる。

なお、2020年9月1日(水)以降、新たにANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードとANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードに「スマートフォン・プロテクション」が追加されると発表された。

ANAアメックスがリニューアル 年間利用額に応じたANA SKYコインを獲得可能に

ANAアメックスでは、2020年9月1日(火)以降に新たな特典が追加となる。 対象はANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードとANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードだ。 2020年 ...

続きを見る

今後、プラチナカードやブラックカードなどにモバイル端末保険がついていくかもしれない。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, デビットカード, プラチナカード
-, , , , , , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース