Revolut、国内銀行口座への送金に対応! 口座残高を送金してみた!

コラム プリペイドカード

Revolut、国内銀行口座への送金に対応! 口座残高を送金してみた!

2021年5月15日

Revolutでは、2021年5月12日(水)より、国内銀行口座への送金に対応した。

Revolutの残高を国内銀行口座に送金することができ、2021年5月25日(火)までの間は、振込手数料無料キャンペーンを実施中だ。なお、キャンペーン期間終了後でも、スタンダード会員は毎月1回、プレミアム会員は毎月5回まで振込手数料無料で利用できる。なお、無料回数を使用したあとは220円(税込)の振込手数料が発生する。

早速、Revolutの残高を銀行口座に振り込んでみた。

最新版のRevolutのアプリを起動。「→送金」をタップし、右上の「+新規」をタップ後、「銀行口座の受取人を追加」をタップ。

Revolutでの送金方法を選択

Revolutでの送金方法を選択

「金融機関コード」「支店コード」「口座番号」「口座種別」「名前」と「メールアドレス」を入力して登録する。

Revolutでの振込先銀行口座登録画面

Revolutでの振込先銀行口座登録画面

振込金額を入力するが、900円以上の入力が必要だ。900円以上というのは組戻手数料を考えての設定だろう。なお、Revolutのサイトでは組み戻し手数料がいくらなのかが書かれていない。

Revolutで銀行口座に振り込むには900円以上

Revolutで銀行口座に振り込むには900円以上

振込手続が完了するとメッセージが表示される。

Revolutで振込完了

Revolutで振込完了

実際の振込には1日~2日程度かかるため、翌日口座を確認。振込名は「REVOLUT TECHNOLOGIES」とあり、誰からの振込かがわからない。

振込名がREVOLUT TECHNOLOGIESとなっている

振込名がREVOLUT TECHNOLOGIESとなっている

振込時には「参照」を修正することができ、デフォルトでは「Revolutから送信」になっていたため、これを「TAKAHITO KIKUCHI」と変更してみたが、やはり「REVOLUT TECHNOLOGIES」で振り込まれた。

振込者名は変更されない

振込者名は変更されない

振込先の銀行によっては表示されるのかもしれないが、基本的には「REVOLUT TECHNOLOGIES」として表示される。

2回目の振込は「→送金」から登録した銀行口座をタップして金額を指定するだけとなる。振込時にはスケジュール機能もあるため、振込名が実際の送金者の名前になる場合は、毎月の家賃や習い事の振込などをスケジュールすることもできるが、現状のままではあまり使い道はなさそうだ。

Revolutは振込のスケジュールにも対応

Revolutは振込のスケジュールにも対応

また、一般的なオンラインバンキングでの振込口座登録の場合は、銀行機関コードを入力したり、支店コードを入力することは少なく、名称で検索できることが多い。Revolutのコードを入力するのは調べるのが大変だった。口座番号からネームバックもないため、名前のミスにより組み戻しが発生する可能性もあるだろう。通常のオンラインバンキングに比べると使い勝手は悪いが、銀行以外のウォレットアプリで銀行に振込ができるのはなかなか新しいサービスとなる。

おそらく、クレジットカードやプリペイドカードからチャージした金額は銀行振込できないと思われる(デビットカードでのチャージ分は振込可能)が、Revolutの残高の内訳がどのようになっているのか確認できないため、Revolutの振込を上手に活用するのはなかなか難しいかもしれない。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, プリペイドカード
-, ,

© 2021 ポイ探ニュース