クレジットカード特集 コラム プラチナカード

年会費5万円以上のプラチナカードと2万円程度のプラチナカードはどう違う?

プラチナカードと言えば、年会費は2万円から10万円を超える物まである。この2万円の年会費のカードと5万円以上のカードは何が違うのだろうか。

国際ブランドを選べるかどうか

まず、2万円程度のプラチナカードの場合は、基本的なプラチナカード特典となる。例えば、国際線空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスやラウンジキー、2名以上のコース料理を予約すると1名分が無料となるレストラン特典、24時間365日利用可能なコンシェルジュデスクなどだ。なお、このクラスのプラチナカードは基本的に国際ブランドを選ぶことはできない。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの魅力とは? プラチナカードとしての基本サービスがしっかりおさえられているカード

目次1 年会費などの基本スペック2 ボーナスポイントが充実のポイントプログラム「グローバルポイント」3 プラチナ・コンシェルジュサービス4 家族カードにも付帯するプライオリティ・パス5 relux f ...

続きを見る

国際ブランドを選べない理由としては、国際ブランドが提供しているプラチナサービスが基本となるためだ。例えば、Visaブランドの場合はVisaプラチナ特典、Mastercardの場合はTaste of Premiumなどが基本となり、それ以外の独自サービスはそれほど多くはない。

続いて、3万円程度のプラチナカードになると、国際ブランドを選べる物も増えてくる。「楽天ブラックカード(JCB、Mastercard)」や「セディナ プラチナカード(Visa、JCB)」、「JALカードプラチナ(JCB、アメリカン・エキスプレス)」がある。ブランドを選べると言うことは、ブランドのプラチナ特典を利用することもできるようになる。

国際ブランドが提供する特典を選ぶことができるため、国際ブランドは慎重に選びたいところだ。例えば、JCBブランドを選ぶと、USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)のアトラクション内にあるJCB Loungeの利用が可能になるが、他のブランドの場合はこの特典は利用できない。

USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)のザ・フライング・ダイナソーにあるJCBラウンジとは? 待ち時間なしで搭乗できる!

目次1 ザ・フライング・ダイナソーのJCBラウンジはどこにある?2 ザ・フライング・ダイナソーのJCBラウンジの設備は?3 ザ・フライング・ダイナソーに待ち時間なしで乗れる「優先搭乗サービス」とは?4 ...

続きを見る

5万円以上のプラチナカードになると、逆に国際ブランドを選べる物が減ってくる。国際ブランドを選べるのは三井住友プラチナカード(Visa、Mastercard)くらいだろうか。

5万円程度のプラチナカードの場合は、それぞれの発行企業の最高峰カードとなる場合が多く、国際ブランドは1つに絞られる事になる。

年会費5万円以上のカードは会員イベントが多い

5万円以上のカードになると会員向けの限定イベントが多く存在する。

例えば、JCBザ・クラスの場合は先日紹介した「ザ・クラス 名食倶楽部」を会員限定で行っている。年に2回のグルメイベントで、ザ・クラス会員向けにレストランを貸し切る。

JCBザ・クラス会員向けのグルメイベント「ザ・クラス 名食倶楽部」に参加してみた

2018年2月25日(日)に開催されたザ・クラス会員向けイベント「ザ・クラス 名食倶楽部」だが、実際にランチの会に参加してみたので紹介したい。 東京会場の場所は二子玉川の「たん熊 北店」だ。玉川高島屋 ...

続きを見る

三井住友プラチナカードも会員向けイベントを定期的に行っている。宝塚歌劇団の貸切公演は一般カード会員でも申し込みできるが、プラチナカード会員の場合は締め切り日などが異なる。また、「三井住友VISA太平洋マスターズ」のペア観戦入場券プレゼントなども利用が可能だ。

最近開始したアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのFine Dining 50。こちらもプラチナ・カード会員向けに予約困難なレストランを貸し切るイベントとなる。

アメリカン・エキスプレス、プラチナ・カード会員限定サービス「Fine Dining 50」を開始 予約してみた

アメリカン・エキスプレスは、2018年1月より新たな会員向けイベント「Fine Dining 50」を開始した。 50週にわたり会員向けのダイニングイベントを行い、予約困難なお店をプラチナ・カード会員 ...

続きを見る

ラグジュアリーカードは毎月1回会員向けにSocial Hourを開催している。従来はチタンカード会員も予約すれば参加できたのだが、2018年以降はブラックカード以上のカード会員のみとなる。

また、ラグジュアリーカードや三井住友プラチナカードでは、5月15日(火)から18日(金)まで開催する「プジョル・アット・マンダリン・オリエンタル・東京」に先着順で申し込めるキャンペーンなども行うなど、プラチナカード限定イベントが非常に多い。

4日限定の「プジョル・アット・マンダリン・オリエンタル・東京」のテーブルをラグジュアリーカードが5テーブルを確保 申し込んでみた

2018年5月15日(火)から18日(金)まで、「世界のベストレストラン 50」で20位に輝くメキシカンファインダイニング「プジョル(Pujol)」のポップアップレストラン「プジョル・アット・マンダリ ...

続きを見る

さらに、年会費が5万円以上のプラチナカードになると毎年1回カタログギフトや誕生日にプレゼントがあったり、特別なラウンジを利用できたり、ホテルの上級会員が自動付帯するなど独自特典が追加されている。

誕生日にプレゼントがもらえるクレジットカードとは?

目次1 アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードはインクレスメタルペン2 ダイナースクラブ プレミアムカードはモバイルバッテリー 先日、筆者の誕生日だった。誕生日月にポイントがアップするクレジットカ ...

続きを見る

同じ「プラチナカード」でも年会費が異なるのはこのような違いがあるためだ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, プラチナカード
-, , , , , , , , , , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース