You Are Here: Home » コラム » マイレージ » ANA(全日本空輸)

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードを申し込み 顔認証の「ヤマダPay」の設定やカード裏面の「ヤマダPay」との違いは?

ヤマダ電機が2020年2月28日(金)より、YAMADA web.comの5店舗で顔認証決済サービス「ヤマダPay」を開始した。 この「ヤマダPay」は、「ケイタイde クレジット」登録の方向けの顔認証決済サービスとなり、ヤマダLABIカード会員向けサービスとなる。サービスを使うには、ヤマダLABIカードが必要となるため、ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードの申し込みを行った。 ヤマダポイント+永久不滅ポイント+ANAのマイル=ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード 「ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」と非常にカード名称が長い。年会費は初年度無料、2年目以降は口座維持手数料として500円(税抜)が必要となる。ただし、前年のクレジットカード利用があれば2年目以降 ...

Read more

ANA VISAカード・ANAマスターカード、三井住友カードのワールドプレゼントリニューアルに伴いコースが変更

ワールドプレゼントのリニューアルとは? 三井住友カードは、2020年6月1日(月)より、同社のポイントプログラム「ワールドプレゼント」をリニューアルする。 ワールドプレゼントは利用金額の合計1,000円(税込)につき1ポイント貯まっていたが、リニューアル後は利用金額合計200円(税込)につき1ポイント貯まるようになる。従来は1ポイント=5円相当だったが、リニューアル後は1ポイント=1円相当とわかりやすくなる予定だ。有効期限は引き継がれる。 なお、リニューアルページには「現行(ワールドプレゼント)」とあるが、リニューアルについては「リニューアル後」のみとなり、6月1日(月)以降のポイントプログラム名称そのものが変更される可能性もある。 リニューアル後は、ANAカードのマイル移行レートも変更となるので変更点を紹介したい。 通常コース(旧5マイルコース) マイルへの移行手数料が発生しないのが通常コースだ。移行方式な ...

Read more

SMBC信託銀行のGOLBAL PASS/ANAマイレージクラブ GLOBAL PASSを申し込んで見た!

最近は、"SMBC"関連のコラムが多い。三井住友カードの新券面についてや、SMBC日興証券について紹介したが、今回はSMBC信託銀行の「GLOBAL PASS」について紹介したい。 SMBC信託銀行では、2019年10月1日(火)より多通貨Visaデビット一体型キャッシュカード「GLOBAL PASS」の取扱を開始した。 筆者もPRESTIAの口座を保有しているため、早速GLOBAL PASSの申し込みを行うことに。 PRESTIA(プレスティア)とは? SMBC信託銀行は、2013年にSMBCグループの信託銀行として新たなスタートを切り、2015年にシティバンク銀行のリテールバンク事業を新ブランドとして統合したのがPRESTIA(プレスティア)だ。 従って、シティバンク銀行の口座保有者の場合は、自動的にPRESTIAの口座に切り替わっていることになる。 シティバンク銀行時代には、シティゴールド プレミアムの ...

Read more

ANAのマイルを統合する方法は? ANAカードファミリーマイルの登録方法も解説!

家族間のマイル共有「ANAカードファミリーマイル」 まず、ANAカード保有者の場合は、家族間のマイルを合算して利用する事が可能となる。例えば、家族で旅行に行った際に、それぞれのマイルが15,000マイル程度貯まるまで使う事ができない。5人家族で、それぞれが3,000マイル保有している場合は15,000マイルとして利用する事ができる。これが「ANAカードファミリーマイル」となる。 基本的にはANAカードの家族会員となるが、18歳未満の場合は家族カードの発行ができない。その場合でもファミリーマイルに統合することができる。 統合する場合は、「ANAカードファミリーマイル」のwebサイトにある「ANAカードファミリーマイル参加申込書」をダウンロードする。 PDFを印刷してプライム会員のマイレージ番号とファミリー会員で登録したい家族のマイレージ番号を記入する。 家族として証明するために、保険証などの確認書類も同封する必 ...

Read more

SMBC日興証券のダイレクト口座の申し込みが完了! ANAのマイルを獲得する方法は?

SMBC日興証券ではANAのマイルが貯まるキャンペーンを定期的に実施している。 早速SMBC日興証券の口座を作成してみたので紹介したい。 SMBC日興証券でANAマイル獲得! SMBC日興証券には2つの取引コースがある。1つ目は「総合コース」。こちらは窓口などでの取引にも対応しているが手数料が高い。2つ目が「ダイレクトコース」。取引コストを抑えることができる。 SMBC日興証券でANAのマイルを貯めるには「ダイレクトコース」の口座開設が必要だ。まず、新規口座開設で200マイル獲得できる。 また、 投資信託の購入で100万円毎に500マイル貯まり、新規口座開設の場合は50%のマイルがアップする。つまり、100万円の購入時には通常500マイルだが、キャンペーン期間中に口座開設し、取引すると750マイルの獲得となる。 また、期間中に対象の投資信託を保有すると、100万円につき100マイル獲得できるキャンペーンも実施 ...

Read more

ANAトラベラーズのパッケージツアー予約で利用できる「MAHALO LOUNGE(マハロラウンジ)」を偵察してきた

ワイキキ・ショッピング・プラザにあるANAのラウンジとは? ワイキキ・ショッピング・プラザでの買い物の際、子ども達が買い物に飽きてきたため、2階にあるJCBプラザ ラウンジに向かうことにした。 エレベーターで2階に着いたときに気になったのがANAのA380をモチーフにしたラウンジだ。2018年12月に来たときにはANAのラウンジなどなかったはずだ。外から見てもかなり大きいことがわかる。 入口の方に向かうと「MAHALO LOUNGE(マハロラウンジ)」とある。 このMAHALO LOUNGE(マハロラウンジ)が何なのかを確認してみることにした。 受付には「当ラウンジのご利用は、ANA Traveler's旅行商品(ツアー)にご参加のお客さまのみとなります」とある。ANAトラベラーズでパッケージツアーを予約した時に利用できるラウンジと言う事だ。 なお、受付の人に話を聞くと、ANAトラベラーズ以外でもANAのマイ ...

Read more

ダニエル・K・イノウエ国際空港のA380「FLYING HONU」に直接搭乗できるANA LOUNGEに行ってきた! A380にラウンジから直接搭乗する仕組みとは?

今回のハワイ旅行ではA380「FLYING HONU」に搭乗する事もメインで考えており、実際の搭乗レポートも書いた。 今回は、ダニエル・K・イノウエ国際空港に新たに設置されたANAラウンジについて紹介したい。 ANA LOUNGE・ANA SUITE LOUNGEとは? 出国手続き後、搭乗ゲート"C"に向かうため右側に進む。出国手続から搭乗ゲートまではかなりの移動距離だ。 長い時間を歩いて、「ANA LOUNGE」「ANA SUITE LOUNGE」の看板を発見。3階とあるのでエスカレーターで上に向かう。 3階に到着すると、ANA LOUNGEの入口があるので入室する。直後には亀のぬいぐるみなどが飾られている。 ラウンジ内は非常に広い。開放感もあり、それほど混雑もしていない。 軽食なども普通に用意されている。 明るい感じのラウンジで、ハワイらしさが出ているのではないだろうか。他のシックな感じのラウンジも良いが ...

Read more

© 2013 ポイ探

Scroll to top