ANA(全日本空輸) JAL(日本航空) コラム テクニック マイレージ

Go To トラベルキャンペーンの条件が各サイトで大幅縮小!? 大手旅行会社や航空会社経由はまだ大丈夫

おトクに旅行するなら「Go Toトラベルキャンペーン」を利用するのがおトクだ。

1人当たり1泊最大14,000円還元され、最大6,000円分の地域共通クーポンを獲得できる。筆者も東京都発着が追加された瞬間に予約したが、5人家族で3泊4日の旅行が21万円OFF。マイナポイント事業が伸びないのも良くわかる。

いよいよ東京都民もGo Toトラベルキャンペーンの対象に! 30万円以上おトクになることも?!

目次1 一休.comはRebatesを経由2 一休.comで宿泊予約 一休ポイントとGo To Travelクーポンはその場で利用3 15%分の地域共通クーポンも別途獲得4 クレジットカード選びでも大 ...

続きを見る

年末年始の旅行を予約しようと思っていたのだが気になることが。なんと、サイトによって条件が変わっているのだ。

以前予約した一休.comでは以下のように10月10日(土)に1人1泊あたり3,500円に変更と書かれている。

Go To Travelキャンペーンの割引上限金額変更のお知らせ
2020年10月10日午前2時30分よりGo To Travelクーポンの割引上限金額を1人1泊あたり3,500円に変更いたします。

楽天トラベルは1会員1回のみしか35%OFFクーポンを利用できない。

GoToトラベルキャンペーンクーポン ご利用条件変更に関するお知らせ(10月9日)
「GoToトラベルキャンペーンクーポン(最大35%OFFクーポン)」のご利用条件が変更となりました。

■変更点:1会員様あたりの利用上限枚数は、1枚(国内宿泊:1予約1部屋、国内ツアー:1予約)までとなります。
クーポン獲得はこちら

なお、ご利用条件変更以前の「【国内宿泊】<GoToトラベル>1月までのご宿泊で使える最大35%OFFクーポン」、「【国内ツアー】<GoToトラベル>1月までのご旅行で使える最大35%OFFクーポン」は、配布枚数上限に達したために終了致しました。既に獲得済みの場合もご利用出来なくなりますので、ご注意ください。

じゃらんnetでも3,500円が上限だ。

<Go To トラベル クーポン宿泊代金の割引上限金額変更のお知らせ(10月9日)>
Go To トラベル クーポンを多くの方にご利用いただくため、
2020年10月10日(土)2:00以降に予約される場合、割引上限金額は1人1泊あたり最大3,500円(税込)に変更させていただきます。
1人1泊あたり10,000円以下は最大35%割引となります。

Yahoo!トラベルも同じく3,500円の上限を設定。

10月10日午前0時より国内宿泊ヤフープランのGo To トラベルクーポン割引上限金額を1人1泊3,500円までに変更いたします。

一休.com、Yahoo!トラベル、じゃらんnetは1万円以下の場合は確かに最大35%OFFとなるのだが、それほどおトク感がなくなっている。

Go Toトラベルキャンペーンの原資が足りなくなったのか、高級ホテルや高級旅館ばかり潤うキャンペーンの批判があったためかわからないが、東京発着が開始して10日程度で多くのサイトで条件や最大割引額を変更しているのは気になるところだ。

現時点では、JTBや日本旅行、HISなどの大手旅行会社、ANAやJALなどの航空会社のサイトでは従来通りの条件で予約することが可能だ。

従って、今回はJTBのサイトから年末年始の旅行を予約することにした。今回も3泊4日で5人分のため21万円OFFで予約できたが、3,500円までの場合は52,500円OFFと157,500円も変わってくる。

JTBのサイトではGo Toトラベルキャンペーンは従来通り

JTBのサイトではGo Toトラベルキャンペーンは従来通り

観光庁は給付金を追加するようだが、いつから元に戻るかは不明。早めに予約するのであれば大手旅行会社や航空会社のサイトから行うのがおすすめだ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-ANA(全日本空輸), JAL(日本航空), コラム, テクニック, マイレージ
-, , , , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース