SBI証券が月間投資信託入庫実績で過去最高記録を達成! 改悪続く楽天証券から流出?

クレジットカード特集 コラム 共通ポイント

SBI証券が月間投資信託入庫実績で過去最高記録を達成! 改悪続く楽天証券から流出? 今後はさらに加速しそう

SBI証券は、2022年3月の投資信託入庫実績が、件数・金額ともに過去最高を記録したと発表した。

2022年1月から恒久化した投資信託移管時に発生する他社に支払った手数料をSBI証券が全額負担する「投信お引越しプログラム」や、2022年4月30日(土)までに実施中の引越で1,000~100,000ポイントが当たるキャンペーンなどが行われたためだ。

特に、楽天証券からの入庫が約77%を占め、件数で前月比約3.6倍(456件⇒1,663件)、金額で前月比約2.7倍(43億8,200万円⇒119億7,600万円)となっており、差し引きで+119億3,400万円とのことだ。1件当たり720万円程度と、なかなか金額が大きい。

筆者も楽天証券から移管したため、この件数の中の1件(一般と特定で2件?)に含まれるのだろう。

楽天証券での楽天ポイント対策でSBI証券に投資信託を移管してみた! 移管完了までは2ヵ月弱かかる!
楽天証券での楽天ポイント対策でSBI証券に投資信託を移管してみた! 投資信託の移管方法を移管完了まで紹介!

2022年4月以降、楽天銀行+楽天証券でのハッピープログラムによる楽天ポイント付与プログラムが変更となる。 毎月獲得ではなく、一定数の口座残高になったタイミングでのポイント付与だ。改悪となるため、今回 ...

続きを見る

楽天証券からSBI証券に投資信託の移管完了! 投資信託移管中は楽天カードでの積立が失敗することも
楽天証券からSBI証券に投資信託の移管完了! 投資信託移管中は楽天カードでの積立が失敗することも

楽天証券の投資信託をSBI証券に移管した。前回は特定口座の移管が完了したが、一般口座の移管も完了した。 前回、SBI証券になかった「投資信託(金額/一般預り)」に「楽天-楽天・全米株式インデックス・フ ...

続きを見る

楽天証券からSBI証券に投資信託を移管! 投信マイレージで獲得ポイントはどれだけ増えた?
楽天証券からSBI証券に投資信託を移管! 投信マイレージで獲得ポイントはどれだけ増えた?

先日、楽天証券からSBI証券に投資信託を移管した。2022年4月1日(金)以降、楽天証券での投資信託保有での楽天ポイントが大幅に減るため、SBI証券の「投信お引越しプログラム」で投資信託の移管手続きを ...

続きを見る

楽天証券での投資信託保有残高に応じた楽天ポイント付与が大幅改悪が発表された直後に、SBI証券での「投信お引越しプログラム」を恒久化すると発表したのが大きく、筆者もすぐに「投信お引越しプログラム」を使って移管しようと考えた。

楽天証券、2022年4月以降の投資信託残高で付与される楽天ポイントのルール変更
楽天証券、2022年4月以降の投資信託残高で付与される楽天ポイントのルール変更

楽天証券では、2022年4月1日(金)以降、投資信託残高に応じたポイント付与ルールを変更する。 楽天証券でのポイントプログラムは、楽天銀行でのハッピープログラムと投資信託資産形成ポイントがあり、どちら ...

続きを見る

SBI証券、「投信お引越しプログラム」を開始 投資信託の移管入庫にかかる手数料を負担
SBI証券、「投信お引越しプログラム」を開始 投資信託の移管入庫にかかる手数料を負担

SBI証券は、2022年1月より、投資信託の井感じに他社に払った手数料をSBI証券が全額負担する「投信お引越しプログラム」を開始する。 これまで期間限定で複数回実施してきた投資信託の移管入庫にかかる手 ...

続きを見る

その後、投信引越の準備をしている時に、楽天カードでの投信積立の改悪も発表があったため、一気にSBI証券に流れたのだろう。

楽天証券、楽天カードでの投信積立時のポイント付与レートを改悪 0.2%になる場合も
楽天証券、楽天カードでの投信積立時のポイント付与レートを改悪 0.2%になる場合も

楽天証券では、2022年9月買付分より、楽天カードクレジット決済でのポイント還元率を一部変更する。 現在は、楽天カードでの投信積立時には1%の楽天ポイントが貯まるが、9月買付分より、購入銘柄によって還 ...

続きを見る

移管手続はそれなりに大変であるが、短期間に楽天証券から流出したことを考えると、既にSBI証券の口座も保有していた人が多かったのではないだろうか。移管された資産の平均金額も高いため、投資経験が豊富な人が投資信託を移管した物と思われる。

既に投資経験が豊富で、複数の証券会社を使っていた人が2022年3月に一気に移管したと考えると、新たにSBI証券に口座開設し、これから投資信託を移管する人も増えてきそうだ。筆者も移管方法などを紹介しており、楽天証券での改悪が続けば、今後は移管件数がもっと増えるのではないだろうか。

最近は、auカブコム証券、松井証券などでも入庫キャンペーンを実施しており、完全に楽天証券をターゲットにしている。

auカブコム証券、投資信託お乗り換えキャンペーンを実施 最大5,000 Pontaポイントを獲得可能
auカブコム証券、投資信託お乗り換えキャンペーンを実施 最大5,000 Pontaポイントを獲得可能

auカブコム証券は、2022年3月28日(月)~5月31日(火)まで、投資信託お乗り換えキャンペーンを実施する。 期間中に、投資信託をauカブコム証券に移管すると、入庫金額に応じて500~5,000 ...

続きを見る

松井証券、投信の引越・買付で最大10万ポイントが当たるキャンペーンを実施
松井証券、投信の引越・買付で最大10万ポイントが当たるキャンペーンを実施

松井証券は2022年4月1日(金)~6月30日(木)まで、投資信託を松井証券に引越・買付すると抽選で最大10万ポイント当たるキャンペーンを実施する。 期間中に、エントリーの上、他社の1万円以上の投資信 ...

続きを見る

楽天は、2002年から開始した楽天ポイントの活用により、20年で大きく成長してきた。その間、2013年頃から、他社もポイントを軸にした経済圏を構築し始めており、ポイント経済圏の競争も激化している。

明暗が分かれたTポイントとPontaポイント Tポイントはどこに向かうのか
明暗が分かれたTポイントとPontaポイント Tポイントはどこに向かうのか

目次1 ヤフーサービスでのTポイントからPayPayボーナスの変更は既定路線2 Pontaが勢いづいている理由とは?3 ポイントブームの火付け役はTポイント+ヤフーだったが…4 2023年には20周年 ...

続きを見る

西友が楽天と提携したことで流通系ポイントも競争激化に WAON POINTやnanacoポイントはどうなる?
ポイントプログラムから見た西友と楽天の提携に関する影響とは? WAON POINTやnanacoポイントの流通系ポイントも競争激化に

目次1 業界1位・2位・3位までが共通ポイントを導入していなかった2 スーパーマーケットは電子マネーが鍵3 スーパーマーケットだけでなく金融サービスの争いも 2022年4月以降、楽天と西友が提携する。 ...

続きを見る

楽天ポイント経済圏が圧倒的優位だったのだが、最近は他の経済圏も追い上げており、最近の楽天ポイント改悪により、楽天の成長が鈍化する可能性もあるだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード特集, コラム, 共通ポイント
-, , , , , , , ,

© 2022 ポイ探ニュース