年会費が無料で使えるかも?! apollostation THE PLATINUM セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードが凄すぎる!

クレジットカード特集 コラム プラチナカード

年会費が無料で使えるかも?! apollostation THE PLATINUM セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードが凄すぎる!

2021年4月13日

2021年4月1日(木)より、新SSブランド「apollostation」が開始となり、Pontaカードと楽天ポイントカードが利用できるなど、様々な変更があった。

出光興産の「シェルサービスステーション」と新サービスステーションブランド「apollostation」で楽天ポイントカード・Pontaカードが導入
シェルサービスステーションとapollostation、出光サービスステーションで楽天ポイントカードとPontaカードの利用が可能に

「シェルサービスステーション」「apollostation」と「出光サービスステーション」で、2021年4月1日(木)より、Pontaカードと楽天ポイントカードの利用が可能となる。 出光サービスステー ...

続きを見る

その中でも、クレジットカードがリニューアルされ、「“ザ・プラチナ” 出光 セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」が「apollostation THE PLATINUM セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」に名称変更されている。

“ザ・ゴールド”出光 セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードと“ザ・プラチナ”出光 セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードが「apollostation THE GOLD」「apollostation THE PLATINUM」にリニューアル
“ザ・ゴールド”出光 セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードと“ザ・プラチナ”出光 セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードが「apollostation THE GOLD」「apollostation THE PLATINUM」にリニューアル

2021年4月より新SSブランド「apollostation」の開始に伴い、クレジットカードも「apollostation card」もリニューアルとなる。 “ザ・ゴールド”出光 セゾン・アメリカン・ ...

続きを見る

名称変更だけでなく、特典もリニューアルされ、多くの場合は改悪となるのだが、「apollostation THE PLATINUM セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」は非常にスペックが上がっているので紹介したい。

年間300万円以上の利用で次年度の年会費が無料に

apollostation THE PLATINUM セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は22,000円(税込)と、プラチナカードとしては安い方だが、それでもクレジットカードで22,000円は高いと感じる方も多いだろう。

新たに開始したサービスが次年度の年会費が無料となるサービスだ。ただし、年間利用額は300万円と若干ハードルは高いかもしれない。月間25万円以上クレジットカード利用する場合は、非常におトクな特典となる。

年間利用額は、有効期限が4月の場合は4月11日~翌年4月10日までの1年間だ。

還元率が1.0% ⇒ 1.2%にアップ

従来は、月間利用額1,000円につき10ポイント貯まっていたが、1,000円につき12ポイント貯まるようになった。

プラスポイントサービスの有効期限は最長3年間となり、ANAやJALのマイルへの交換、楽天ポイント、dポイント、Pontaポイントへの交換が可能となる。

ANAは1,000プラスポイントが600マイル、JALは1,000プラスポイントが500マイル、dポイントとPontaポイントは1,000プラスポイントが1,000ポイントに、楽天ポイントは1,000プラスポイントが750ポイントで交換可能だ。

交換先 交換レート
ANAのマイル 1,000プラスポイント ⇒ 600マイル
JALのマイル 1,000プラスポイント ⇒ 500マイル
楽天ポイント 1,000プラスポイント ⇒ 750ポイント
dポイント 1,000プラスポイント ⇒ 1,000ポイント
Pontaポイント 1,000プラスポイント ⇒ 1,000ポイント

Pontaポイントやdポイントに交換すると、1.2%還元のクレジットカードという事だ。

ガソリンが最大10円/リットル引きに

出光興産系列SSで「apollostation THE PLATINUM セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」を利用すると、いつでもガソリン・軽油が1リットルあたり2円引きで給油できる。

さらにリニューアルしたのが「ねびきプラスサービス」だ。ねびきプラスサービスとは、月間でショッピング利用3万円(税込)以上ある場合、1万円毎に出光興産系列SSのガソリン・軽油代の値引単価が1円/リットルずつ増えていく仕組みとなる。

月間ショッピング利用額 300リットルまで ねびきプラス 値引合計
3万円未満 2円/リットル 0円/リットル 2円/リットル
3万円以上、4万円未満 1円/リットル 3円/リットル
4万円以上、5万円未満 2円/リットル 4円/リットル
5万円以上、6万円未満 3円/リットル 5円/リットル
6万円以上、7万円未満 4円/リットル 6円/リットル
7万円以上、8万円未満 5円/リットル 7円/リットル
8万円以上、9万円未満 6円/リットル 8円/リットル
9万円以上、10万円未満 7円/リットル 9円/リットル
10万円以上 8円/リットル 10円/リットル

年会費が無料で利用できるような人の場合は、出光興産系列SSで10円引きで給油できることになる。このねびきプラスは従来月間100リットルが上限だったのが月間200リットルにアップしているため、毎週給油するような人にはうれしい変更だろう。1ヵ月1回程度の給油の場合は、変更によるメリットはほとんどない。

ロードサービスが自動付帯!

ガソリン系のクレジットカードでは、ロードサービスが付帯するカードもあるが、「apollostation THE PLATINUM セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」も「出光スーパーロードサービス」が自動で付帯する。なお、「apollostation THE GOLD」「出光ゴールドカード」でも自動付帯するため、プラチナカードだけの特典ではない。

スペアタイヤ交換やガス欠、バッテリー上がり、キー閉じ込みなどに対応してくれ、自力走行不能の場合は10kmまで無料でけん引してもらえる。

筆者はバッテリー上がりやパンクで3回程度かロードサービスを使ったことがあるが、クレジットカードに付帯しているという安心感はあるだろう。

ENEOSカードSのロードサービス、タイムズクラブのプレミアム会員向けバトラーサービスを実際に使ってみた

目次1 ENEOSロードサービスセンターは電話が繋がりにくい2 「ENEOSカード S」のロードサービスはおトク? ロードサービス付きで年会費が無料の「ENEOSカード S」。筆者も付帯サービスが良い ...

続きを見る

またまた車のトラブル パンクしたのでVJロードサービスを使ってみた 他のサービスと比較

こんなにタイミング良く車のトラブルが続くのだろうか。先日はバッテリー上がりでJTB旅カード JMBのロードサービスを使った。 その後、三井住友トラストVISAプラチナカードを申し込み、VJロードサービ ...

続きを見る

車のバッテリー上がり JTB旅カード JMBのロードサービスを使ってみた! 通常は1.5万円の費用が無料?!

車で出かけようとエンジンをかけるもおかしな音がしてかからない。何度やっても同じだ。 先日、JTB旅カード JCB JMBを申し込んで、ロードサービスが付帯すると言う記事を書いたばかりだが、この特典を使 ...

続きを見る

コンシェルジュデスクなどのプラチナカード特典はほぼ利用可能!

コンシェルジュデスクも利用可能だ。新幹線のチケットなども無料で配送してくれるため非常に便利に使う事ができる。

通常年会費429米ドルのプライオリティ・パスが自動付帯し、最高1億円の海外旅行傷害保険、最高5,000万円の国内旅行傷害保険、年間保証限度額300万円のショッピングガード保険も付帯する。

基本的なプラチナサービスとしては、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの特典と一緒だ。

コストパフォーマンス最良? 使ってみてわかった「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」の魅力

目次1 1.カスタマーサービスが24時間対応2 2.新幹線の切符を無料で郵送してくれる3 3.トラベルデスクを介すると、ホテルなどの割引を受けられることがある4 4.国際線利用の際、スーツケースを1個 ...

続きを見る

会員情報誌「MOCO」や出光美術館が無料特典なども

オリジナルの特典としては、東京・門司の出光美術館入館料が「apollostation THE PLATINUM セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」提示で無料となる。

また、ドライブ&レジャー情報誌の「MOCO」が年10回無料で送られる。


ポイントで年会費を支払うことができるサービスや、年間利用額に応じて年会費が半額になるサービスはあるが、年間利用額に応じて年会費が無料になるプラチナカードは非常に珍しい。年会費は払いたくないが、プラチナカードの特典は使ってみたい、通勤で毎日車を使っている、と言うような人にはなかなか良いカードだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, プラチナカード
-, , , , , , , ,

© 2021 ポイ探ニュース