You Are Here: Home » コラム » ローソンで、LINEウォレット内のマイカード「Pontaカード」とLINE Payコード決済をしてみた

ローソンで、LINEウォレット内のマイカード「Pontaカード」とLINE Payコード決済をしてみた

ローソンで、LINEウォレット内のマイカード「Pontaカード」とLINE Payコード決済をしてみた

2018年10月31日(水)より、LINEウォレットでマイカードが開始した。

「マイカード」はポイントカードおまとめサービスとなり、TカードやPontaカード等を登録することができる。ショプリエやスマホサイフなどが同じような機能となるが、TカードとPontaカードをどちらも管理できるのが強みだろう。

もう一つの強みが、LINE Payへの導線となる。従来、ローソンでPontaカードを出して、LINE Payのコード決済は非常に大変だった。日本でコード決済が普及しないのは、アプリ内のポイントカード提示から導線が弱いというのもある。

今回のマイカードでは、Pontaカード提示からLINE Payコード決済までの導線が考慮されているようなので、実際にローソンでマイカード⇒LINE Payコード決済を使ってみた。

まず、LINEウォレットを起動し、続いてマイカードをタップする。レジでPontaを選択しておこう。

バーコードをレジでスキャンしてもらってから、真ん中当たりにある「LINE Payコード支払い」ボタンをタップする。この「LINE Payコード支払い」ボタンが小さすぎるので、もう少し大きくして欲しい所だ。

これで、LINE Payのコード支払画面に遷移するため、パスワードを入力するか、Touch IDやFace IDで認証するとバーコードとQRコードが表示されるため、バーコードを提示することで支払いが完了する。

従来よりも簡単にPontaカード提示からLINE Payコード決済ができるようになっている。Pontaカード提示で1%のPontaポイントを獲得でき、LINE Payのコード決済で3.5~5%のLINEポイント(2019年7月まで)を獲得するまで、LINEアプリだけで完結できるのは便利だろう。

ポイントカードとコード決済を1画面にするのにはまだ時間がかかりそうだが、アプリ切替の必要がなくなったのは大きな進歩だ。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 909

© 2013 ポイ探

Scroll to top