ANA(全日本空輸) JAL(日本航空) クレジットカード特集 コラム ゴールドカード マイレージ 一般カード

毎年7月・12月にAmazon利用でポイントアップ! JCB ORIGINAL SERIES「JCB一般カード/PARTNER WITH POINT」「JCBゴールド/PARTNER WITH POINT」がひっそりと開始

2016年7月5日

【現在申込停止中】

筆者も全く気が付かなかったのだが、JCB ORIGINAL SERIESに新たなラインナップが追加された。「JCB一般カード/PARTNER WITH POINT」「JCBゴールド/PARTNER WITH POINT」の2種類だが、2016年6月27日(月)に発行されたようだ。

JCBのサイトにも掲載されておらず、現在は、Amazonのサイトからしか申込むことができない「JCB一般カード/PARTNER WITH POINT」「JCBゴールド/PARTNER WITH POINT」とはどんなクレジットカードだろうか?

JCB ORIGINAL SERIESとは?

JCB ORIGINAL SERIES基本的にはJCB ORIGINAL SERIESの特典を利用できるカードとなる。JCB ORIGINAL SERIESとは、スターバックス カードへのオンラインチャージ(入金)でポイント5倍、イトーヨーカドーでの利用時はポイント3倍など、JCB ORIGINAL SERIESパートナーを利用するとポイントがたくさん貯まるクレジットカードとなる。

貯まるポイントはOki Dokiポイントとなり、1,000円につき1ポイント貯まる。貯まったOki DokiポイントはTポイントや楽天スーパーポイント、dポイントなどの共通ポイントなどにも交換できるが、1 Oki Dokiポイント=4ポイントの交換レートとなるため、nanacoポイントやベルメゾン・ポイントなど、1 Oki Dokiポイント=5ポイントのポイントに交換したほうが良いだろう。

また、JCB ORIGINAL SERIESのメリットとしては、年間利用額に応じたボーナスポイント(スターメンバーズ)が優遇される点だ。例えばJCBゴールドで年間300万円利用すると、ロイヤルα PLUSとなり、翌年度のポイントアップ率が60%増量となる。1 Oki Dokiポイント=5円相等と考えると、還元率は0.8%までアップするということだ。

年間利用額 一般 ゴールド
ロイヤルα PLUS 300万円以上 60%UP
スターα PLUS 100万円以上 50%UP 60%UP
スターβ PLUS 50万円以上 20%UP 30%UP
スターe PLUS 30万円以上 10%UP 20%UP

同じく、ANA JCBカードなどのJCB発行カードの場合は、年間300万円以上利用しても、ゴールドカードで25%アップにしかならないので、JCB ORIGINAL SERIESのボーナスポイントが優遇されている事が分かるだろう。

年間利用額 一般 ゴールド
ロイヤルα 300万円以上 25%UP
スターα 100万円以上 20%UP
スターβ 50万円以上 10%UP

「JCB一般カード/PARTNER WITH POINT」「JCBゴールド/PARTNER WITH POINT」とは?

まず、名称のPARTNER WITH POINTについてだが、おそらくOki DokiポイントをAmazon.co.jpで直接利用できる「パートナーポイントプログラム」に由来するのではないだろうか。パートナーポイントプログラムに登録すると、1 Oki Dokiポイントを3.5円として利用でき、ポイントを使わない場合は、JCBカードで支払うことができる特典のことだ。

今回、発行開始された「JCB一般カード/PARTNER WITH POINT」「JCBゴールド/PARTNER WITH POINT」は、JCB ORIGINAL SERIESの特典はそのままで、Amazon.co.jp利用時の特典が追加されたクレジットカードとなる。

年会費は一般カードで初年度無料、2年目以降1,250円(税抜)だが、MyJチェック(オンライン明細)の登録、年間利用額50万円以上のショッピング利用があれば次年度も無料となる。ゴールドの場合は、初年度無料、2年目以降10,000円(税抜)だ。この年会費条件はJCB一般カード、JCBゴールドと同じとなるため、単純にPARTNER WITH POINTの特典が上乗せされているということになる。

では、「JCB一般カード/PARTNER WITH POINT」「JCBゴールド/PARTNER WITH POINT」の上乗せ特典とはなんだろうか? 最大のメリットは、毎年7月と12月のAmazon.co.jp利用分が大幅にポイントアップする点だ。夏と冬の消費が多い時にポイント増量という、おいしい特典が用意されている。

毎年7月・12月のAmazon.co.jp利用分は、一般カードで+8倍、ゴールドで+13倍となる。さらに、MyJチェック登録し、Oki Dokiランドを経由してAmazon.co.jpを利用するとポイントが3倍となるため、合計すると一般カードで11倍、ゴールドで16倍にもなる。Oki Dokiポイントの価値を1ポイント=3.5円で計算すると、Amazon.co.jpでの7月・12月の還元率は3.8%、ゴールドで5.6%にもなるのだ。

さらに、入会後3カ月は、さらに一般カードで+3倍、ゴールドで+8倍となるため、7月・12月に重なると、一般カードで14倍、ゴールドで24倍となる。Oki Dokiポイントの価値を1ポイント=3.5円で計算すると、Amazon.co.jpでの7月・12月の還元率は4.9%、ゴールドで8.4%にもなるのだ。

ANA・JALマイラーも要チェック!

もし、ANAやJALのマイルを貯めている場合は、1 Oki Dokiポイント=3マイルで交換することができるため、7月・12月のAmazon.co.jp利用に関しては、一般カードで3.3%、ゴールドで4.8%のマイルを獲得することができる。

ANAマイルへの交換レートが良い、JALマイルへの交換レートが良いという場合が多い中、「JCB一般カード/PARTNER WITH POINT」「JCBゴールド/PARTNER WITH POINT」はANAマイラーもJALマイラーもおトクなクレジットカードとなる。

ちなみに、上記の還元率はスターメンバーズのボーナスポイントを考慮していない。スターメンバーズのボーナスポイントを考慮した場合、7月・12月のAmazon.co.jp利用時の還元率は次のようになる。

スターメンバーズ 1P=3.5円 1P=3マイル
一般 ゴールド 一般 ゴールド
ロイヤルα PLUS 5.81% 4.98%
スターα PLUS 4.03% 5.78% 3.45% 4.95%
スターβ PLUS 3.92% 5.67% 3.36% 4.86%
スターe PLUS 3.89% 5.64% 3.33% 4.83%
なし 3.85% 5.60% 3.30% 4.80%

JCBザ・クラスは目指せない

ただし、JCBのプラチナカード(ブラックカード)「JCB ザ・クラス」や「JCBゴールド ザ・プレミア」を目指す場合は、「JCB一般カード/PARTNER WITH POINT」「JCBゴールド/PARTNER WITH POINT」ではなく、通常の「JCB一般カード」「JCBゴールド」を利用したほうが良いだろう。

「JCB一般カード/PARTNER WITH POINT」「JCBゴールド/PARTNER WITH POINT」には「JCBザ・クラス」「JCBゴールド ザ・プレミア」のラインナップはないため、どんなに利用していてもインビテーションが届くことはない。


今回のJCB ORIGINAL SERIESは、なぜひっそりと公開されたのかは不明だが、Amazon利用者が上手に使うと面白いカードになるのではないだろうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-ANA(全日本空輸), JAL(日本航空), クレジットカード特集, コラム, ゴールドカード, マイレージ, 一般カード
-, , , , , , , ,

© 2021 ポイ探ニュース