You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 「三井住友トラストVISAプラチナカード」をゲット! 年会費35,000円(税抜)なのに保険が充実!

「三井住友トラストVISAプラチナカード」をゲット! 年会費35,000円(税抜)なのに保険が充実!

「三井住友トラストVISAプラチナカード」をゲット! 年会費35,000円(税抜)なのに保険が充実!

三井住友トラストVISAプラチナカードとは?

三井住友トラストVISAプラチナカードを申し込んだ。三井住友トラスト・カードのVisaプラチナカードとなり年会費は35,000円(税抜)だ。カード名称からわかるとおりVisaブランドのみでMastercardは発行されていない。

家族会員の年会費は無料。カード利用枠は原則500万円となる。キャッシング枠をつける場合は50万円までが目安だ。

年会費が35,000円(税抜)のプラチナカードとしては、PRESITIA Visa PLATINUM CARDとSuMi TRUST CLUBプラチナカードがある。PRESITIA Visa PLATINUM CARDはPRESTIA GOLD以上の会員のみが対象となっているため、SuMi TRUST CLUBプラチナカードと三井住友トラストVISAプラチナカードが申込可能なプラチナカードという事だ。

三井住友トラストVISAプラチナカードのポイントプログラムは?

三井住友カードと同じ「ワールドプレゼント」となる。月間利用額1,000円(税込)につき1ポイント(=0.5円相当)獲得できる。獲得したポイントは他社のポイントなどに交換可能だ。

三井住友トラストVISAプラチナカードの場合は有効期限が4年間となる。通常は2年間のため、プラチナカードは倍の期間貯めることが可能だ。

また、年間利用額に応じてボーナスポイントを貯めることができる。年間300万円以上利用すると、翌年は50万円到達すると300ポイント、以降10万円毎に60ポイント獲得できる。0.3%の上乗せとなるため、通常の0.5%を加えると0.8%還元だ。

2月~翌1月の支払金額合計 ステージ ボーナスポイント 合計還元率
300万円以上 V3 50万円到達時300ポイント、以降10万円毎に60ポイント 0.80%
100万円以上、300万円未満 V2 50万円到達時150ポイント、以降10万円毎に30ポイント 0.65%
50万円以上、100万円未満 V1 50万円到達時100ポイント、以降10万円毎に20ポイント 0.60%
50万円未満 0.50%

その他、「プレミアムポイント加盟店」で利用した場合は、ステッカーに表示されている2倍~20倍のポイントを獲得できる。

三井住友トラストVISAプラチナカードのコンシェルジュデスクは?

三井住友トラストVISAプラチナカードのコンシェルジュサービスは「VJAプラチナコンシェルジュデスク」となる。「VJAプラチナコンシェルジュデスク」は、ツーリスト インターナショナル アシスタンス サービスが提供しており、三井住友プラチナカードと同じとなる。

今までの経験上(三井住友プラチナカードなどの利用で)、使い勝手の良いコンシェルジュデスクではないが、レストランの手配や旅行手配などに使ってみるのも良いだろう。

三井住友トラストVISAプラチナカードの保険サービスは?

海外旅行傷害保険(自動付帯)

海外旅行傷害保険は自動付帯となり、カードを保有しているだけで特典を受けられる。なお、家族特約も付いているため、家族カードを保有できない18歳未満の子供も対象となる。

本会員・家族会員 家族特約
死亡・後遺障害 最高1億円 最高1,000万円
傷害治療 500万円 500万円
疾病治療 500万円 500万円
賠償責任 1億円 500万円
携行品損害 100万円 100万円
救援者費用 1,000万円 1,000万円

国内旅行傷害保険(自動付帯)

国内旅行傷害保険も自動付帯となり、カードを保有しているだけで特典を受けられる。こちらは家族特約は付帯しない。

本会員・家族会員
死亡・後遺障害 最高1億円
入院保険金日額 5,000円
通院保険金日額 2,000円
手術保険金 最高20万円

海外・国内航空便遅延保険(海外:自動付帯、国内:利用付帯)

航空機を乗り継ぐ場合に到着便の遅延によって出発便に搭乗できなかった場合などの補償となる。

保険金額
乗継遅延費用 2万円
出航遅延・欠航・搭乗不能費用 2万円
手荷物遅延費用 2万円
手荷物紛失費用 4万円

お買物安心保険(自動付帯)

カードで購入した商品が破損・盗難に遭った場合は、購入日または購入日の翌日から90日間補償される。

自己負担額は3,000円で補償限度額が500万円。修理などで3,000円以上かかった場合に利用する保険だ。

なお、三井住友トラストVISAプラチナカードではスマートフォン等はショッピング保険の対象外となっている。

個人賠償責任保険(自動付帯)

この年会費で個人賠償責任保険が付帯するのはうれしい特典だ。個人賠償責任保険は、自転車保険にも利用する事ができる。例えば、子供が自転車で他人にケガをさせた、隣の家の窓を割ったなどで利用できる保険となり、自分自身のケガを補償する物ではない。

個人賠償責任保険が付帯するカードとしては、アメックスの年会費13万円(税抜)のプラチナ・カードやダイナースクラブ プレミアムカード、年会費20万円(税抜)のラグジュアリーカードのゴールドカードがあるが、いずれも年会費が10万円オーバーのカードとなっている。

VJロードサービス(別途申込)

ロードサービスが付帯するクレジットカードもあるが、三井住友トラストVISAプラチナカードにも「VJロードサービス」が付帯する。こちらは別途申込が必要となるが24時間年中無休で利用できる。

バッテリージャンピング、キー開錠、レッカー移動などが無料だ。日本ロードサービス(JRS)による提供となる。

クレジットカードとは別に申し込む必要があるため、カード裏面にあるカードデスクに電話して、申込書を取り寄せる必要がある。

申込後、2~3週間程度で郵送される。中にはロードサービスの案内と会員証が入っているため、会員証を車の中に入れておくのが良さそうだ。会員証には氏名のみが書かれており、住所などの個人情報は書かれていない。

三井住友トラストVISAプラチナカードのプレゼントは2種類!

ウェルカムプレゼント

三井住友トラストVISAプラチナカードに入会すると、プレゼントがもらえる。「アルガブランカ ピッパ(樽醸造 アルガ白)」「中田屋×箔一 コラボレーション 古都金沢 特別詰め合せ」の2つから選択することができる。

筆者はお酒を飲まないので「中田屋×箔一 コラボレーション 古都金沢 特別詰め合せ」を選択した。

金額を調べると、アルガブランカ ピッパ(樽醸造 アルガ白)は4,000円(税抜)で販売されているショップが多いため、ウェルカムギフトは4,000円(税抜)程度だろう。

実際に申し込んで見たところ、1ヵ月以内に到着。

しっかりした箱に入っており、2段になったケースだけでもジュエリーボックスなどに使えそうだ。

プラチナセレクション

三井住友トラストVISAプラチナカードに入会すると、ウェルカムプレゼントとは別に毎年プレゼントがもらえる。毎年2月下旬頃に案内が送られる。

「グルメプレゼント」または「プライオリティ・パス」の2つから選択することができる。プライオリティ・パスは世界1,000カ所以上の国際線空港ラウンジを利用でき、利用する場合はプライオリティ・パスと当日の搭乗券を提示することで利用可能だ。既に他のクレジットカードでプライオリティ・パスやラウンジ・キーが付帯する場合は、「グルメプレゼント」を申し込もう。なお、プラチナセレクションのプライオリティ・パスは家族会員にも付帯する。

グルメプレゼントは「神戸牛 すき焼き・焼き肉用」「生ずわいがにポーション」「山形・平田牧場 味わいグルメ詰合せ」「菊乃井 柚香漬」「雪蔵氷温米 魚沼産こしひかり特別栽培米+雪蔵仕込み 新潟産新之助セット」「とらや 小型羊羹 18本入」「N.Y. キャラメルサンド 40個入り」「明治屋 おいしい缶詰詰合せ 10缶セット」から1つ選択することができる。

三井住友トラストVISAプラチナカードの旅行特典は?

プラチナホテルズ(アップグレードホテルズ、スペシャルプライスホテルズ)

三井住友カードでも利用できる「プラチナホテルズ」の特典を利用することができる。国内一流ホテル・旅館での無償アップグレード「アップグレードホテルズ」や、一流ホテルのスイートルームを50%OFFで利用できる「スペシャルプライスホテルズ」特典を利用可能だ。

ベネフィット・ワンの提供サービスとなり、例えば「ホテルオークラ神戸」の「メインフロアスタンダードツイン」では、2名1室の朝食付きで1人当たり11,000円~となっている。オフィシャルサイトで確認すると2名利用時の料金は27,000円となる。11,000円×2=22,000円のため若干安い。

続いて、アップグレードホテルズの特典は空きがある場合は「スーペリアフロアスタンダードツイン」にアップグレードされる。該当の部屋をオフィシャルサイトで確認すると、37,800円となるため、10,800円分おトクと言う事だ。

ただし、One Harmonyの会員で、スーペリアフロアスタンダードツインを検索すると21,374円で予約することもできる。朝食分を考えるとプラチナホテルズの方が安くなるが、他のホテルや旅館を見ても、それほど大幅な割引という感じはしない。

Visaプラチナトラベル

ルックJTB等の海外パッケージ旅行、JTB取扱の海外航空券、海外ホテルを5%割引、国内宿泊、国内パッケージツアーを10%割引で利用できる特典となる。

優待 対象パッケージツアー
海外 5%(3万円限度) ホリデイ、ルックJTB、JTBお買い得旅、ANAハローツアー、JALパック、マッハ(日本旅行)、ベスト(日本旅行)、ベストエクセレント(日本旅行)
5%(1.5万円限度) 航空券とセット時
国内 10%OFF(3万円限度) 近畿日本ツーリスト、ANAスカイホリデー、赤い風船、JALパック、エースJTB

VJトラベルデスク

日本旅行やクラブメッド、JALパック(JAから始まるコース番号)、ANAハローツアーなどの海外ツアーを予約する際に、VJトラベルデスクで予約すると5%割引だ。JALパックスペシャル(JZから始まるコース番号)や日本旅行 ベストなどは3%割引となる。また、阪急交通社のクリスタルハートや阪神航空フレンドツアーは3%相当額のVJAギフトカードがプレゼントされる。

国内ツアーの場合でも、赤い風船、クラブメッド、JALパック、ANAスカイホリデーは5%OFFだ。

なお、Visaプラチナ特典の「Visaプラチナトラベル」と重複している特典もあるため、割引率の違いをチェックして利用するのがおすすめだ。

優待 対象パッケージツアー
海外 5%OFF クラブメッド、ANAハローツアー、JALパック、マッハ(日本旅行)、プレイガイドツアー
3%OFF JALパック スペシャル、ベスト(日本旅行)、ベストエクセレント(日本旅行)、プレイガイドツアーくるり
3%VJAギフト還元 クリスタルハート、阪神航空フレンドツアー
国内 5%OFF クラブメッド、JALパック、赤い風船、ANAスカイホリデー

宿泊予約サイト「Relux」優待

高級ホテル・高級旅館の最低価格保証で予約できる宿泊予約サイト「Relux」を、さらに5%OFFで予約することができる。

なお、宿泊料金が6万円以下の場合は、一律で3,000円OFFとなる。

三井住友トラストVISAプラチナカードのゴルフ特典

国内ゴルフエントリーサービス

日本国内の約700のコースで、平日のプレー予約を代行するサービスとなる。一部、土日プレー可のゴルフ場もあるが、基本的には平日のプレー予約のみだ。

1週間前までの申込が可能となっている。

Visaプラチナゴルフ(日本・海外)

通常はゴルフ場メンバー以外予約できない名門ゴルフ場や、プロトーナメント開催コースなどを会員優待価格で利用できる。約70カ所のゴルフ場が対象だ。

また、ハワイやグアム、東南アジアにある、約80のゴルフ場予約を会員優待価格で利用する事ができる。

Visaプラチナゴルフについては、ビザ・ワールドワイドの特典となるため、その他のVisaプラチナカードを保有している場合でも利用できる特典となる。

三井住友トラストVISAプラチナカードのラウンジは?

国内線空港ラウンジ

主要な国内線空港ラウンジをカードと搭乗券を提示するだけで利用する事ができる。特に、三井住友トラストVISAプラチナカードの場合は、同伴者も1名まで無料だ。つまり、家族カードを保有している場合は、合計4名まで無料で利用することができる。

VJデスク

世界中の主要都市でラウンジが用意されており、現地の観光情報やレストラン、オプショナルツアーの申込などが日本語で可能となる。

また、クレジットカードの紛失やパスポートの紛失・盗難などにも日本語で対応してもらえる。

ホノルルラウンジ

通常のVJデスクのサービスに加え、傘の貸出やベビーバギーレンタル、手荷物の一時預かりサービス、ソフトドリンク無料サービスなどを利用する事ができる。

三井住友トラストVISAプラチナカードのレストラン特典は?

プラチナグルメクーポン

対象のレストランで2名分のコース料理を予約すると1名分が無料となるサービスとなる。多くのプラチナカードに付帯する特典となり、プラチナカードの中でも人気の特典となる。

三井住友トラストVISAプラチナカードは、旅行傷害保険が自動付帯、個人賠償責任保険やロードサービスなど、保険が充実したカードと言える。

また、家族カードも無料で申し込むことができ、毎年プライオリティ・パスを選択すれば、家族分もプライオリティ・パスのカードが発行される。年会費2万円程度のプラチナカードの場合は、基本会員のみプライオリティ・パスが発行されるが、家族カードには付帯しない場合が多い。年会費は若干アップするが、家族カードが多い場合はなかなか良いカードだ。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 869

© 2013 ポイ探

Scroll to top