エポスカードの新デザイン切り替え時に注意したい2つの事柄 エポスNetで受取手続を忘れずに

クレジットカード特集 コラム

エポスカードの新デザイン切り替え時に注意したい2つの事柄 エポスNetで受取手続を忘れずに

先日エポスカードを新デザインへ切り替え手続きを行った。

実際に切り替えるにあたりスムーズにいかなかった点があり、SNSで同様のポイントで引っかかっている人も見掛けたため、情報共有も兼ね紹介する。

申し込みは「再発行手続き」ボタンから無料で切替できる!

最初に手間取ったのが、申し込みをするまでの手順だ。

エポスNetのトップ画面のメニューのボタンは「エポスカード再発行のお手続き(名義変更・紛失・取り替えなど)」となっており、新デザインへの切り替えがこのボタンでいいのかがわからない。

エポスNetのメニュー

エポスNetのメニュー

今回は紛失などではなく、新しいデザインを無料で交換可能なら試したい、という程度の気持ちのため万一このボタンを押して発行手数料などの費用が発生したら困るなとこわごわ画面を操作していたら切り替え申し込みが完了した。

申し込みから1週間も経たずに新カード到着。無料でカード切り替えが出来た。

同様の不安で申し込みできないという書き込みをSNSで見かけた。トップメニューに新デザイン切り替え申し込みボタンであること、費用は掛からないことの2点を記載すると交換率が上がるのではと感じた。

スムーズにアプリにログイン出来たことによるミス

到着した新デザインのカードは表面の情報が少なく非常にすっきりとしており、財布に入っている旧デザインカードとすぐ入れ替えた。

背面の署名欄もないため、名前を書く必要もない。

デザイン・署名については下記記事も確認して欲しい。

エポスカードの新デザイン券面に変更してみた! 新デザインには“あれ”がない!
エポスカードの新デザイン券面に変更してみた! クレジットカードに必ずある“あれ”がない!

エポスカードが2021年4月15日(木)にリニューアルした。 新デザインカードに無料で切り替えられるため、4月15日(木)の朝から電話したがなかなか繋がらない。ずっと話し中だ。何度かかけてみたがずっと ...

続きを見る

サイン欄のない新エポスカードでサインを求められたときはどうなるの?
サイン欄のない新エポスカードでサインを求められたときはどうなるの?

新エポスカードが到着し、カード番号、有効期限などは全て裏面に書かれているが、裏面には当然あるはずの署名欄がないことを紹介した。 署名のないカードが有効なのだろうか。エポスカードに確認したところ、Vis ...

続きを見る

スマホに入れているEPOSアプリは数か月前のバージョンアップに伴い指紋認証に変更したため、問題なくログインが出来た。

カード番号も変更が無いことと、本人情報メニューを見ても新旧どちらのカードであるかの判別がつかないため、新カードでログインできたと判断した。

それから10日ほど経ったある日、明細情報をダウンロードして保存するためにパソコン版のエポスNetにアクセスを試みた。

ID、パスワードを入力した後カード背面のセキュリティコード入力を求められ、カードに印字されている3桁のコードを入力するがログインができない。

角度により数字が見づらいので見間違えたかと思い、数度試したところロックがかかり当日中のログインができなくなってしまった。

翌日も数字を入力。入力エラーになったときにまさかと思い廃棄予定の旧カードを取り出し、セキュリティコードを入力したところ「エポスカードお受け取り確認のお願い」という画面が表示された。

「新しいカードをお受け取りいただいている場合」「新しいカードをお受け取りいただいていない場合」という2つのボタンがあり、新しいカードがある場合は有効期限の年月を入力し、「カードを受け取りました」ボタンをクリックすると旧カードの利用が停止される。

受け取っていない場合は該当のボタンを押すことで旧カードが引き続き利用できる。

筆者は普段利用を終えたカードは数字が見えなくなるようにはさみで細かく裁断するため、下手するとセキュリティコードの入力が出来ず、手続きに支障が出るところだった。

受け取り後時間が経ってからパソコン版にアクセスしたこと、またアプリのMY EPOSメニューからは受け取り手続きを確認できず問題なく利用できたことにより発生した。

アプリログイン時に切り替え手続きを促し、手続きを簡単に行えるようにして欲しい。

これからデザイン変更の申し込みを行う場合は上記2点を注意して欲しい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hirosemari

単身者で収入も支出も限られる中、趣味を満喫するためにポイント・マイルを貯めては国内旅行と買い物を楽しんでいます。ポイントは使って初めて「おトク」が確定するのでどんどん使います。「またポイントでただなの?」と友人に言われるのが喜びです。JALカード TOP&ClubQ、アトレクラブビューSuicaカードの2枚をメインに、ポイント3重取りを心掛けていますが、細かく、複雑になり過ぎないように、少ない手間で「気が付けばまたポイントが貯まっている」という環境作りを心掛けています。読んでくださる方が現実的に実行しやすい情報、判断基準となる情報を提供し、皆さんの豊かなポイントライフのお役にたちたいと思っています。

-クレジットカード特集, コラム
-, ,

© 2021 ポイ探ニュース