You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » Visaプラチナトラベルで日本一予約が取れない旅館「箱根吟遊」に行ってきた! さらに15%OFF!

Visaプラチナトラベルで日本一予約が取れない旅館「箱根吟遊」に行ってきた! さらに15%OFF!

Visaプラチナトラベルで日本一予約が取れない旅館「箱根吟遊」に行ってきた! さらに15%OFF!

Visaプラチナカード会員またはVisa Infiniteカード会員が利用できるVisaプラチナトラベルは、国内・海外旅行を5~10%割引で利用できるサービスとなる。割引だけでなく、人気宿泊施設で、公式サイトや他の旅行サイトで空室がない場合でも予約できることもあり、今回は日本一予約が取れない宿「箱根吟遊」を予約して行ってきた。

対象カード保有者は専用ページにアクセスして、カード番号の先頭9桁を入力することで利用可能だ。筆者はANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカードで予約した。

2019年5月20日(月)~9月11日(水)までは、国内宿泊・国内往復航空券利用パッケージツアーが15%OFFに、海外パッケージツアーが10%OFFになる「Visaプラチナトラベル サマープロモーション2019」も開始しており、夏休み中の旅行もおトクに予約することができるだろう。

予約プランでは96,000円(税込)となり、通常は10%OFFの9,600円(税込)が割引となるが、キャンペーン中のため15%OFFの14,400円(税込)引きで予約できた。旅行の10日程度前に旅行日程表がメールで届き、郵送でクレジットカード決済の明細が届く。

数日前に確認の電話があり、車で行くことを伝えると、駐車場を確保してくれるとのこと。当日は、箱根駅伝で走る路を車で上っていき、夕方頃に到着。この山道を人間が走って登っているのは驚異的だ。

箱根吟遊は「MEMBER OF LUXURY RYOKAN COLLECTION」とあり、ラグジュアリーカードで利用できる「THE RYOKAN COLLECTION」に加盟している。その他、JTB・るるぶトラベルアワードの「SILVER AWARD」やトリップアドバイザーのエクセレント認証では5年連続で認定された「殿堂入り」のオブジェなどが所狭しと並んでいる。

ロビーでは箱根連山を一望できる。チェックインを済ませて、ラウンジでウェルカムドリンクを頂く。その間、続々と宿泊客が到着する。

ラウンジから部屋に案内される。館内の案内があり、到着したロビーは5階。客室は1階~4階までとなっているとのこと。4階が「風」、3階が「星」、2階が「空」、1階が「月」となり、各部屋の名称もそれにちなんだ名前になっている。例えば1階の部屋は「桂」「夕月」「名月」「七夜」「風雅」「風光」となる。

入口から和室があり、奥にダイニングだ。

ダイニングは掘りごたつになっており、床暖房も完備。冬場も快適に過ごせそうだ。箱根吟遊は全ての部屋が渓谷側にあり、全ての部屋に露天風呂が設置されているのが特徴となる。

部屋からの景色も良いが、やはり露天風呂に入りながらの景色は最高だ。24時間好きなタイミングで露天風呂を楽しむことができる。

夜はライトアップされており、昼の景色と違った雰囲気に。ヒグラシの鳴き声にも癒やされる。

夕食は懐石料理だ。この日は体調が悪く、ごはんを食べられるかどうかと言う状態だったが完食。脂っこい料理が少なかったのと、料がそれほど多くなかったと思われる。

朝食は和食と洋食で選択可能だ。外国人観光客も多いのだろう。アッという間の滞在だった。

チェックアウト時間は11時。ほぼ同じ時間にチェックアウトとなるため、旅館を出たのは11時30分頃だっただろうか。なお、アメックスのプラチナ・カードやセンチュリオン・カードの場合、箱根吟遊は「国内旅館でのご優待」を利用する事でレイトチェックアウトが可能となる。さらに、1日1部屋カード会員向けにおさえられているため、アメックスの特典を利用できる場合は、そちらを利用した方がゆっくり滞在できるかもしれない。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 934

© 2013 ポイ探

Scroll to top