コラム テクニック 電子マネー

伊勢神宮だけじゃない! おトクに伊勢・志摩を旅行しよう!

2016年になり、今年は5月に伊勢・志摩でサミットもある。伊勢・志摩は伊勢神宮があるように神々が宿る場所である。

2013年に式年遷宮があり、それ以降人気の観光スポットではあるが、ポイント的にもおトクに旅行ができるので、今回紹介したい。

1.伊勢志摩を巡るオプショナルツアーを利用しよう!

伊勢神宮伊勢志摩をおトクに巡るための方法としてオプショナルツアーを取り扱っているVisit三重県のサイトがある。このサイトでは伊勢志摩エリアのツアーを取り扱っており、周遊バスや周遊タクシーで巡るコースも多数ある。

筆者も以前伊勢に行った際に利用した。日中かけて伊勢の主要な観光スポットを効率的に巡ることができるので、大変オススメのオプショナルツアーである。

これらのツアーを申し込む際にはカード払いやコンビニ払いもできるので大変おトクだ。ただし、JCBブランドのカードについてはカード払いができない。

なお、旅行代理店が販売している個人型フリープランの旅行ではこれらのオプショナルツアーは取り扱っているが、単品での申し込むことはできない。

2. KIPS ICOCAを利用しよう!

KIPS ICOCAとは、JR西日本が発行している現金決済専用のICOCAとなる。このカードは近鉄百貨店等のKIPSでKIPSポイントが貯まる。それ以外にも伊勢志摩での旅行の際にKIPS ICOCAの提示で伊勢の観光施設で入館料や売店での買物の割引が受けられるため、入手しておくことをオススメする。

このKIPS ICOCAは2,000円で近鉄名古屋駅、津駅、近鉄四日市駅、宇治山田駅等の近鉄の主要駅で購入ができる。また、このKIPS ICOCAをはじめとした交通系電子マネーは伊勢・志摩の近鉄線の乗車でも利用でき、200円(税抜)につき1ポイントのKIPS ポイントが付与される。

旅行では、普段チャージをして使っているSuica等普段使用している交通系電子マネーをメインに使いつつ、KIPS ICOCAの提示で優待のある施設ではこのKIPS ICOCAを使うという方法もオススメである。また、とりわけオートチャージをしている場合には対象エリア外であるためにオートチャージができない場合もある。そのような場合に備えるためにも予備用としてKIPS ICOCAを持つことは1つの方法だ。

3.2016年3月下旬からは伊勢のバスでも交通系電子マネーが使える!

しまかぜ2016年3月下旬に伊勢エリアのバスを運行している三重交通でemica(エミカ)を導入する。このemicaは現在交通系電子マネーが全国で相互利用できるエリアで利用できる。つまり、普段利用している交通系電子マネーが伊勢エリアの三重交通でも利用できることになる。

ただし、使い方によっては伊勢志摩エリアの観光施設の割引の適用があり、1日ないし2日間の路線バスの乗り放題ができる伊勢鳥羽みちくさきっぷや近鉄が販売している切符(伊勢神宮参拝切符等)のほうがおトクになる場合もあるので比較した方が良いだろう。

今年の春以降、交通系ICカードがさらに便利に利用できるようになるので、是非おトクに伊勢志摩を旅行してほしい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kagayakuko

小学生のころからポイントを収集。当時集めていたポイント…サンリオショップ(4店舗)、マクドナルド(4店舗) 高校生になってからはクラブ・オンカード、大学生になってからは小田急百貨店、京王百貨店、メトロポリタンプラザ(現:ルミネ池袋)、ビックカメラ、さくらや、マツモトキヨシの現金専用のポイントカードを所有。 2005年から2010年までの間に在籍していた大手クレジットカード会社の子会社(グループ再編により現在は閉鎖)にて、クレジットカードを所有しはじめ、クレジットカードのポイントやポイントサイトのポイントも収集するようになる。 社会保険労務士、ファイナンシャルプランナー(2級、AFP)、日商簿記2級、ビジネス実務法務検定2級等多数の資格を所有。

-コラム, テクニック, 電子マネー
-, , , , , ,

© 2021 ポイ探ニュース