楽天銀行×楽天証券のハッピープログラムで投資信託保有時のポイント制度はどう変わる?

コラム 共通ポイント

楽天銀行×楽天証券のハッピープログラムで投資信託保有時のポイント制度はどう変わる?

2021年7月3日

2021年8月以降、楽天銀行のハッピープログラムで、楽天証券の投資信託保有時に貯まるポイント制度が変更となる。月末判定、翌々月2日のポイント付与から変更となるため、変更後のポイントは最短で2021年10月2日(土)となるはずだ。

楽天銀行のハッピープログラム、楽天証券での投資信託分ポイント付与数を変更
楽天銀行のハッピープログラム、楽天証券での投資信託分ポイント付与数を変更

楽天銀行では、2021年8月1日(日)以降、ハッピープログラムで楽天証券の投資信託保有数に応じたポイント付与数を変更する。 現在、投資信託の残高10万円に対して楽天ポイントが4ポイント貯まるが、変更後 ...

続きを見る

楽天銀行のハッピープログラムは、エントリーすることで様々な特典を利用することができる。例えば、楽天銀行の残高が300万円以上または取引が30件以上ある場合は、他行振り込みが1ヵ月3回まで無料になったり、他行からの振込があると1日毎に3ポイント貯まるなどの特典を利用できる。また、楽天証券で投資信託の保有残高に応じた楽天ポイントを獲得できる特典もある。

楽天証券の投資信託保有でポイントを獲得するには? 楽天銀行のマネーブリッジとハッピープログラムの設定をしてみる

目次1 ハッピープログラムと投資信託資産形成ポイントの違いは?2 楽天証券のハッピープログラムに申し込むにはマネーブリッジの設定が必要3 楽天銀行のハッピープログラムの申込4 楽天銀行+楽天カード+楽 ...

続きを見る

従来は月間平均残高10万円に対して4ポイント獲得できたが、変更後は10万円に対して3~10ポイントの変動制となる。中にはポイントが貯まらない投資信託もあり、以下のつのファンドは月間平均残高が10万円以上あっても0ポイントだ(2021年6月25日時点)。

  • SBI・先進国株式インデックス・ファンド(雪だるま(先進国株式))
  • SBI・全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま(全世界株式))
  • SBI・新興国株式インデックス・ファンド(雪だるま(新興国株式))

また、4ポイントから3ポイントに下がるファンドは、以下の7ファンド。

  • eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)
  • eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)
  • eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ世界株式ファンド(GDP型バスケット)
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • eMAXIS Slim先進国株式インデックス
  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

eMAXIS Slimでも4ポイント獲得できるファンドもあり「eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)」「eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)」などは従来と獲得できるポイント数は変わらない。

筆者は楽天カードで投信積立を行っており、2021年6月2日(水)に獲得できたポイント数を確認すると88ポイントとなる。ポイント明細には「楽天銀行ハッピープログラムでポイント獲得 楽天証券お取引分」と表示される。

楽天証券の投資信託保有で獲得した楽天ポイント

楽天証券の投資信託保有で獲得した楽天ポイント

このポイントが、2021年8月の制度変更でどう変わるのか。

筆者が楽天カードで積立投資しているファンドは「楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))」となり、このファンドは月間平均残高10万円に対して4ポイントと従来と変化なしだ。6月2日に88ポイント獲得できたが、10月2日には投資信託の残高も増えているはずで、大きく値下がりしなければ獲得できるポイントは増えることになる。

楽天証券での保有投資信託

楽天証券での保有投資信託

筆者の場合は2021年8月以降も獲得できる楽天ポイントは変わらないが、上記で説明したとおり、3ポイントと0ポイントに下がるファンドは10ファンドのみ。10ファンド以外の投資信託を保有している場合は、現状維持か上がるかのどちらかとなる。これらを考えると、今回の変更は改悪というわけでもなさそうだ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, 共通ポイント
-, , ,

© 2022 ポイ探ニュース