セゾンポケットで投資を開始して1年6ヵ月が経過! 含み益は約20万円に!

クレジットカード特集 コラム

セゾンポケットで投資を開始して1年6ヵ月が経過! 含み益は約20万円に!

2021年5月29日

セゾンカードなどで積立投資できるサービスが「セゾンポケット」となる。三井住友カードはSBI証券と提携し、2021年6月30日(水)から三井住友カードでの投信積立サービスを開始。5月19日(水)にはマネックスカードも誕生し、積立投資サービスを冬からはじめると発表しており、クレジットカードによる投信積立サービスが乱立している。

三井住友カード、SBI証券でクレジットカード決済による投信積立サービスを開始
【更新】三井住友カード、SBI証券でクレジットカード決済による投信積立サービスを開始

三井住友カードとSBI証券は、2021年6月30日(水)より、三井住友カードが発行するクレジットカードで投資信託を購入できる投信積立サービスを開始する。 SBI証券の証券総合口座を保有している方を対象 ...

続きを見る

マネックス証券、マネックスカードの発行を開始 発行記念キャンペーンも
マネックス証券、マネックスカードの発行を開始 発行記念キャンペーンも

マネックス証券は、2021年5月19日(水)より、アプラスと提携したマネックスカードの発行を開始した。 マネックスカードは年会費が初年度無料、2年目以降は550円(税込)が必要だが、年1回以上のクレジ ...

続きを見る

今回は、セゾンポケットでの運用が1年6ヵ月経過したため、実績を公開していきたい。

セゾンカードでセゾンポケットの買付を行っても、通常の永久不滅ポイントは獲得できない。6ヵ月投資を続けると5,000円につき1ポイント獲得可能だ。今回は、1年6ヵ月目となるため、6ヵ月毎の永久不滅ポイントも獲得できた。

セゾンポケットで獲得した永久不滅ポイント

セゾンポケットで獲得した永久不滅ポイント

今回獲得したのは56ポイントだ。毎月50,000円を「上場インデックスファンド米国株式(S&P500)」に投資しているが、50,000円ピッタリの購入にならないため、56ポイントと半端な数になる。ポイントが半端になる理由は以下で紹介しているので参考にして欲しい。

セゾンポケットで1年間運用した結果を紹介! 1年間での含み益は5万円超!

前回はセゾンポケットでの積立投資を開始してから6ヵ月の運用成績を紹介した。 2020年11月12日(木)でセゾンポケットで1年間の運用となったため結果を紹介したい。セゾンポケットで積み立てているのが上 ...

続きを見る

2021年5月26日(水)時点での投資状況を紹介すると、総資産は1,083,692円となり、合計評価損益は+216,697円だ。

セゾンポケットで1年6ヵ月運用した成績

セゾンポケットで1年6ヵ月運用した成績

つまり、866,995円の投資額に対して+216,697円の含み益となる。半年前と比べると160,000円程度含み益が増えており、運用成績は非常に良い。コロナ禍で下がったタイミングでも積立を続けており、現在の株価は持ち直しているために大きな含み益になっているのだろう。

筆者は、株を購入するタイミングは良くわかっていないため、毎月自動的に投信積立できるサービスを重宝している。SBI証券+三井住友カードは筆者のアカウントでは試すことができないため、パートナーの口座で買い付けしてもらう予定だ。また、マネックス証券はマネックスカードを申し込んでいるため、今後、投資信託の買付が開始してからサービスを利用したい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 約110枚のクレジットカードを保有し、150万円以上の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム
-, ,

© 2022 ポイ探ニュース