コラム 共通ポイント

楽天証券の投資信託保有でポイントを獲得するには? 楽天銀行のマネーブリッジとハッピープログラムの設定をしてみる

2018年9月3日

楽天証券で楽天カードで投資信託の積立サービスが開始する。投信購入時には楽天スーパーポイントも獲得可能だ。

楽天証券、楽天カードでの投資信託積立ができるサービスを開始 買付時に楽天スーパーポイントも貯まる

楽天証券は、2018年10月27日(土)より楽天カードでの投資信託の積立ができるサービスを開始すると発表した。 楽天カードでの投資信託買付時には100円につき楽天スーパーポイントが1ポイント貯まる。楽 ...

続きを見る

楽天証券では、投資信託の残高に応じて楽天スーパーポイントを獲得できるサービスがある。楽天スーパーポイントの獲得できるプログラムは2つあり、「ハッピープログラム」と「投資信託資産形成ポイント」だ。

ハッピープログラムと投資信託資産形成ポイントの違いは?

ハッピープログラムの場合は、楽天銀行との連携が必要となる。一方、投資信託資産形成ポイントは楽天銀行口座は不要だ。

また、貯まり方も異なる。ハッピープログラムの場合は投資信託の残高10万円毎に楽天スーパーポイントが4ポイント貯まる。投資信託資産形成ポイント場合は残高50万円以上で50ポイント、200万円以上で100ポイントと段階的にポイントがアップしていく。

10万円単位で2,600万円までの投資信託保有残高でグラフ化すると以下のようになる。

投資信託資産形成ポイントの場合は、段階的に獲得ポイントがアップするため、ハッピープログラムと逆転する場所も出てくる。ただし、投資信託資産形成ポイントの場合は50万円以上の残高が対象となるため、残高が少ない場合はハッピープログラムの方が良いだろう。

楽天証券のハッピープログラムに申し込むにはマネーブリッジの設定が必要

楽天銀行を保有している場合、ハッピープログラムに変更が可能だ。ハッピープログラムに変更するには「マネーブリッジ」を設定しなければならない。

マネーブリッジとは楽天銀行と楽天証券の口座を連動させ、楽天証券の預り金と楽天銀行の普通預金が自動入出金するサービスとなる。

例えば、楽天証券口座に残高がない場合でも、買付時に不足分を楽天銀行から自動的に入金されるため、わざわざ証券口座に入金する必要がなくなる。さらに、楽天銀行の普通預金に優遇金利が適用される。

それではマネーブリッジの申込をしてみよう。まず、楽天証券にログインする。上部メニューの「設定・変更」から「ポイント・楽天銀行連携・友達紹介」をクリック。

スクロールすると「楽天銀行連携サービス」が表示される。マネーブリッジが「未設定」となっていることを確認する。

右側の「申込」ボタンをクリック。マネーブリッジの照会画面が表示されるため、既に楽天銀行口座を保有している場合は「マネーブリッジ申込(楽天銀行ログイン)」をクリックしよう。

楽天銀行のログイン画面が表示されるため「ユーザID」「ログインパスワード」を入力し「ログイン」ボタンをクリックする。

ログイン後は、「マネーブリッジ利用申込」画面が表示される。銀行口座を確認し、「注意事項への同意」「規定への同意」にそれぞれチェックを付ける。「暗証番号」を入力し、「生年月日」を選択して「申込」ボタンをクリック。

続いて、楽天証券のログイン画面が表示されるため、「ログインID」「パスワード」を入力し「ログイン」ボタンをクリックする。

マネーブリッジ申込の確認画面が表示されるため「以下に示す種類、内容に基づき、楽天証券が電磁的方法による同意を取得することに承諾いたします」にチェックを付けて「申込」ボタンをクリック。

口座連携受付完了画面が表示されるため「楽天銀行に戻る」ボタンをクリックする。

楽天証券の画面と同様、楽天銀行のページでも受付完了メッセージが表示される。

これで楽天証券と楽天銀行を紐付ける「マネーブリッジ」の設定が完了だ。

楽天銀行のハッピープログラムの申込

続いて、楽天銀行のパッピープログラムを登録していない場合は、ハッピープログラムの申込を行う。ハッピープログラムの申込は、楽天会員IDと紐付けるだけで、楽天銀行での他行あて振込手数料が何回か無料になったり、提携ATMの利用が無料になるなどの特典を受けられる。

また、取引に応じて楽天スーパーポイントの獲得も可能だ。楽天銀行を保有しているのであれば、確実に登録しておいた方が良いだろう。

具体的な登録方法は以下のページを参照して欲しい。

楽天銀行のハッピープログラムって何? 取引で楽天スーパーポイントを獲得できる! 申し込み方法は?

目次1 ハッピープログラムとは?2 ハッピープログラムで獲得できる楽天スーパーポイントは?3 ハッピープログラムの申し込み方法は?4 ハッピープログラムはいつから開始? ハッピープログラムとは? 楽天 ...

続きを見る

楽天銀行+楽天カード+楽天証券で楽天スーパーポイントを運用

楽天カードで楽天証券の積立投資ができるようになると、積立金額に対して100円につき1ポイントためることが可能だ。50,000円を積み立てると、500ポイント獲得できる。2回積み立てると100,000円となり、残高に応じて4ポイント(ハッピープログラム)も獲得できる。

さらに、楽天スーパーポイントでは、楽天スーパーポイントでの投信積立も開始する。楽天スーパーポイントでの投信積立を500ポイントで設定しておくと、楽天カードで貯めたポイントが自動的に投信積立で利用され、どんどん投資残高を増やすことが可能だ。

楽天証券、楽天スーパーポイントで投信積立で利用可能に

楽天証券は、2018年9月30日(日)より、投資信託の積立で、楽天スーパーポイントおよび楽天証券ポイントを1ポイント=1円として、購入代金の全額または一部に利用できるサービスを開始すると発表した。 楽 ...

続きを見る

楽天スーパーポイントを有効活用したいのであれば、楽天銀行+楽天カード+楽天証券の組み合わせが最適だ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, 共通ポイント
-, , , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース