コラム 共通ポイント

楽天銀行のデビットカードは全てコンタクトレス決済(タッチ決済)搭載! JCBコンタクトレス搭載の楽天銀行デビットカードが到着!

2020年5月11日(月)より、楽天銀行はMastercardブランドのデビットカードを発行した。Visa、JCBブランドに加えて、Mastercardブランドが誕生したことで、クレジットカードなみに国際ブランドを選択できるようになった。

楽天銀行、デビットカードにMastercardブランドを追加 Mastercardコンタクトレスにも対応

楽天銀行は、2020年5月11日(月)より、楽天銀行デビットカードにMastercardブランドを追加した。 楽天銀行デビットカード(Mastercard)は年会費が永年無料で、国内外のMasterc ...

続きを見る

筆者が知っている限り、Visa、Mastercard、JCBの国際ブランドのデビットカードを発行しているのは楽天銀行だけだ。

Visa Mastercard JCB
楽天銀行
住信SBIネット銀行 ×
ジャパンネット銀行 × ×
ソニー銀行 × ×
auじぶん銀行 × × ○(スマホ専用)
セブン銀行 × ×
イオン銀行 × ×
GMOあおぞらネット銀行 × ×
三菱UFJ銀行 ×
みずほ銀行 × ×
りそな銀行 × ×
ゆうちょ銀行 ○(デビプリ) × ×

VisaとMastercard、VisaとJCBを発行している銀行はあるが、3つのブランドデビットを発行しているのは楽天銀行以外見当たらない(地銀である可能性もあるが)。

また、楽天銀行のデビットカードの特徴は、Visaブランドは「Visaのタッチ決済」、JCBブランドは「JCBコンタクトレス」、Mastercardブランドは「Mastercardコンタクトレス」が搭載され、全てのカードでかざして支払う事が可能だ。

楽天銀行デビットカード(JCB)がJCBコンタクトレスを搭載していた!

楽天銀行が2020年5月11日(月)より、Mastercardブランドの「楽天銀行デビットカード(Mastercard)」を新たに発行した。 カード券面を確認すると「Mastercardコンタクトレス ...

続きを見る

コンタクトレス決済は日本でも東京五輪で主流になると思われる決済手段であり、2020年6月より、セブン-イレブンでも導入される。

セブン-イレブン、Visaのタッチ決済などコンタクトレス決済を導入

セブン-イレブンは、2020年6月より、Visaのタッチ決済やコンタクトレス決済を導入する。 Visaのタッチ決済、JCBコンタクトレス、Mastercardコンタクトレス、American Expr ...

続きを見る

また、新型コロナウイルスのことを考えると、できるだけ現金でのやりとりはない方が良い。タッチ決済の場合はカードをかざすだけで支払う事ができ、どこにも触れずに支払う事ができて安心だ。さらに、Visaの資料によると、現金の支払いよりも8秒ほど早くなる。利用できる店舗が増えると一気に普及するだろう。

最近は、Visaブランドのタッチ決済搭載クレジットカードが増えているが、審査なしで入手するにはデビットカードが便利だ。通常のキャッシュカードと異なり、年会費がかかる場合もあるが、ネット銀行のデビットカードは基本的に無料。

なお、筆者が従来保有していた楽天銀行デビットカード(JCB)にはJCBコンタクトレスが非搭載だったため、新たにJCBコンタクトレス搭載の楽天銀行デビットカードを申し込むことにした。

申込方法がわからなかったが、最近はコールセンターも混んでいるため、何とか自力で解決しようと考えた。たどり着いたのが、一度解約⇒再申込という方法だ。FAQを見る限り、再発行手数料はかからない。また、クレジットカードと異なり、審査もないため解約⇒新規でも問題なく発行する事ができる。申込から5日程度でJCBコンタクトレス搭載の楽天銀行デビットカード(JCB)が到着した。

楽天銀行のコンタクトレス決済対応カードと旧カード

楽天銀行デビットカードは、デビットカードには珍しく1%還元という点も魅力だ。ただし、楽天カードを保有している場合は、楽天市場では楽天カードを利用した方+1%分おトクとなる。

新型コロナウイルスもいつ落ち着くかは不明だが、安全・安心な決済手段としてコンタクトレス決済対応カードを保有しておくのもおすすめだ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, 共通ポイント
-, , , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース