コラム 共通ポイント

「ポイント運用」はポイントの有効期限を延長できるのがメリット! 期限が切れそうなau WALLETポイントを運用してみた

先日、au WALLETポイントの599ポイントが2日後に失効するという案内があった。1ポイント=1円のため、599円分が失効するという事だ。

au WALLETポイントの599ポイントが失効するという通知

au WALLETポイントは2020年5月下旬よりPontaポイントに切り替わり、Pontaポイントの場合はポイントを獲得するなどで有効期限を延長する事ができる。

2020年5月下旬にau WALLETポイントがPontaポイントに統合! とうとうPontaポイントにも限定ポイントが…

2020年5月下旬にau WALLETポイントがPontaポイントに切り替わる。 利用者はau PAYアプリでPontaカードを連携させることで、従来貯めたau WALLETポイントをPontaポイン ...

続きを見る

しかし、Pontaポイントに切り替わる前に失効するau WALLETポイントはどうにもならない。

そこで、au WALLETポイントを利用する事を考えたが、一番簡単な方法はau PAY残高(au WALLET残高)にチャージする事だ。失効予定の599ポイントを含む600ポイントをau PAY残高にチャージすると、au PAYやau PAYプリペイドカードで利用する事が可能となる。au PAY残高に有効期限はないため、気にせず利用する事が可能だ。

他の方法として、au WALLETポイントを「ポイント運用」で投資すると言う方法もある。運用したポイントはポイント数が増減するサービスとなり、運用している時点でポイントの失効がなくなる。

au WALLETポイント運用を開始! コースを選択する必要もなし!

2019年4月9日(火)に、au WALLETポイントを疑似運用するサービス「au WALLETポイント運用」が開始した。 通常は、開始日にサービスを利用しているのだが、au WALLETポイント運用 ...

続きを見る

今回、筆者は600ポイントを運用に回した。ポイント運用で600ポイントの運用を行うと、「1ヵ月以内に失効するポイントはありません」と表示され、直近で失効するau WALLETポイントの有効期限が消えたことがわかる。

au WALLETポイントを「ポイント運用」に回すと直近失効する予定の有効期限が消える

ポイントの履歴を見ても、5月13日で消費済みになっているため、5月15日以降もポイントの失効はない。

使うかどうか不明なポイントや有効期限が近いポイントは、ポイントを運用するのが良いだろう。現在は株価が安定しておらず、このような時にポイントを運用し、景気が回復してからポイントを使うという事もできる。

なお、au WALLETポイント(5月下旬以降はPontaポイント)だけでなく、他社のポイント運用サービスも同じだが、楽天ポイントやdポイントの場合は期間限定ポイントや期間・用途限定ポイントは運用できないので注意しよう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, 共通ポイント
-, , , ,

© 2020 ポイ探ニュース