デビットカード

楽天銀行、デビットカードにMastercardブランドを追加 Mastercardコンタクトレスにも対応

楽天銀行は、2020年5月11日(月)より、楽天銀行デビットカードにMastercardブランドを追加した。

楽天銀行デビットカード(Mastercard)は年会費が永年無料で、国内外のMastercard加盟店で利用する事ができる。決済時には1%分の楽天ポイントを獲得でき、クレジットカードとは異なり、利用代金は楽天銀行の口座から即時に引き落とされる。

また、Mastercard、Maestro、Cirrusのマークのある海外ATMで現地通貨を引き出すことも可能だ。楽天銀行に個人の普通預金口座を保有している16歳以上が申し込みでき、楽天銀行のwebサイトから申し込みできる。

既に楽天銀行デビットカード(Visa)、楽天銀行デビットカード(JCB)を保有している場合に、楽天銀行デビットカード(Mastercard)に切り替える場合は、500円(税抜)の手数料が発生する。

2020年5月11日(月)~6月10日(水)の間、楽天銀行の口座開設時に楽天銀行デビットカード(Mastercard)を同時に申し込むと、もれなく50円がプレゼントされるキャンペーンも実施する。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ポイ探編集部

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-デビットカード
-, , , ,

© 2020 ポイ探ニュース