クレジットカード特集 コラム 電子マネー

ドコモ口座からTHEO+ docomoの入金が可能に! ドコモ口座を使うとおトクな理由とは?

THEO+ docomoでドコモ口座入金が開始した!

2018年7月26日(木)より、THEO+ docomoでドコモ口座からの入金が可能となった。

THEO+ docomo、おつり積立の機能とドコモ口座での入出金機能を追加

ドコモは、2018年7月26日(木)より、THEO+ docomoにdカードと連携したおつり積立と、ドコモ口座での入出金機能を追加した。 おつり積立機能は、dアカウントに設定したdカードの利用が対象で ...

続きを見る

THEO+ docomo開始の時に一番気になっていたのがドコモ口座からの入金サービスとなる。そのため、THEO+ docomoの口座を開設した。

THEO+ docomoとTHEO+ JALではどちらがおトク? THEO+ docomoの口座を開設し、10万円を入金してみた 今後のサービスに期待

ドコモがポイント投資サービスを開始し、ポイントでの投資だけでなく、実際の投資でdポイントを獲得できるサービスも開始した。 サービス名は「THEO+ docomo」となり、「THEO+ JAL」などと仕 ...

続きを見る

なぜTHEO+ docomoでドコモ口座を利用する意味があるのだろうか。これを説明していきたい。

ドコモ口座とは?

ドコモ口座とは、事前にチャージすることでチャージした金額の範囲内で利用できるプリペイド式のオンライン専用電子マネーだ。

銀行口座からのチャージ、ペイジーでのチャージ、コンビニでのチャージに加え、電話料金合算払い(dカード払いなどの条件あり)が可能。

なお、ドコモ口座はオンラインのVisa加盟店で利用する事もできる。10日間利用可能な使い捨てのVisaプリペイドカードが月1回まで無料で発行可能だ。

ただし、最近ではバンドルカードやKyashなど、無料でVisaプリペイドカードを発行できるサービスも増えているため、ドコモ口座でVisaプリペイドを発行する意味はほとんどないだろう。

還元率3%も超える! 最強過ぎるVisaカード「Kyash Visaカード」が誕生! Kyash Visaカードの申込から利用方法までを解説

目次1 Kyash Visaカードはお金がかかる?2 Kyash Visaカードの申し込み方法は?3 Kyash Visaカードの有効化方法は?4 Kyash Visaカードに登録できるクレジットカー ...

続きを見る

しかし、最近、ドコモはドコモ口座を積極的に活用しようとする動きがある。あまり知られていないかもしれないが、スマホ決済サービスの「d払い」でもdポイントだけでなく、ドコモ口座残高を利用するオプションが用意されている。

ドコモ、バーコードまたはQRコードを利用したモバイル決済サービスを開始

ドコモは、2018年4月より、スマートフォンに表示させたバーコードを使って支払えるサービス「d払い」を開始すると発表した。 d払いは、d払いアプリの画面上に表示したバーコードやQRコードを、d払い加盟 ...

続きを見る

また、今回THEO+ docomoでドコモ口座の残高から入金できるサービスが開始したことで、さらにドコモ口座の利用先が広がった。

ドコモ口座にチャージをしてみよう

それでは、ドコモ口座にチャージしてみよう。ドコモ口座を開設していない場合は開設が必要だ。

ドコモ口座にdアカウントでログインし、「チャージする」の「コンビニエンスストア」をタップする。利用規約が表示されるため「同意する」をクリック。銀行口座・ペイジーではおトクにならないので注意しよう。

ドコモ口座に入金する金額を2,000円~100,000円までの間で入力し、「次へ」ボタンをクリック。ちなみに、THEO+ docomoでドコモ口座から入金できるのは10,000円以上となっているため、10,000円以上を入力しよう。

入力金額を確認し「次へ」をクリック。入金の準備ができただけであり、まだ入金は完了していない。

続いて「コンビニを選択する」をクリックする。「セブン-イレブン」を選択する。「インターネットショッピング払込票を表示する」をクリックし、表示された払込票を印刷しよう。

【重要】ドコモ口座へのチャージはセブン-イレブンでnanacoで支払い

払込票をセブン-イレブンに持って行きnanacoで支払う。ちなみに、nanacoで支払ったとしてもnanacoポイントは獲得できない。

また、nanacoポイントが貯まらない支払の場合は、2018年6月に開始したセブンマイルプログラムも対象外となる。

セブンマイルプログラムが開始! セブン-イレブンでセブン-イレブンアプリを使ってみた

目次1 セブン-イレブンでバーコードを提示して支払ってみた! マイルはいつ貯まる?2 獲得したマイルは何に使えるの?3 もう少しマイルをためたい場合は?4 セブンマイルプログラムはおトクなの? 201 ...

続きを見る

しかし、リクルートカードやセブンカード・プラスなど、nanacoにチャージしてポイントを獲得できるクレジットカードやnanacoギフトを割引価格で買えるサイトなどを利用することで、間接的にドコモ口座の入金がおトクになるのだ。

例えば、J'sコンシェルでは2018年9月30日(日)までnanacoギフト(nanacoにチャージ可能)を2%OFFで販売している(通常時期は1%OFF)。100,000円分のnanacoギフトを98,000円で購入でき、2,000円もおトクとなる。nanacoギフトをクレジットカードで購入できるサイトもあり、クレジットカードのポイントも貯められる。

25万円までの税金を1枚のnanacoカードだけで支払う方法とは?

自動車税、固定資産税に続いて送られてきたのが住民税だ。筆者の中では一番やっかいなのが住民税となる。 自動車税や固定資産税は都税のため、クレジットカード納付ができる。もちろん手数料が発生するが、還元率の ...

続きを見る

また、リクルートカード(Visa)で30,000円、リクルートカード(JCB)で30,000円をnanacoにチャージし、毎月60,000円をドコモ口座に入金した場合、毎月1.2%の720リクルートポイントを獲得できる。リクルートポイントはPontaポイントに1ポイント単位で交換することが可能だ。

リクルートカードの2枚持ちで月3万円の電子マネーチャージ制限をクリアする

リクルートカードは、2018年4月16日(月)から電子マネーチャージ分についてのポイント付与上限を設定した。 JCBブランドであれば、nanaco、モバイルSuicaの合計金額が3万円を超える場合は、 ...

続きを見る

このように、ドコモ口座に入金するときにセブン-イレブンでnanacoを利用するだけで1%以上のおトクになる事もあるため、THEO+ docomoを利用するときに、ドコモ口座を利用するのがおトクと言う事になる。

ちなみに、セブン-イレブンでnanacoで払込票を支払うと20分以内にドコモ口座で残高確認が可能となる。

THEO+ docomoでドコモ口座を連携

THEO+ docomoにログインする。ログイン後、入金メニューをクリックし、「ドコモ口座と連携」ボタンをクリックする。

サービス連携の同意画面が表示するため「同意する」をクリック。

特にドコモ口座のアカウントにログインする事なくドコモ口座連携が完了した。THEO+ docomoのログインがdアカウントを利用しているためか、THEO+ docomoにログインする前にドコモ口座を利用していたブラウザを使っていたかのどちらかだと思われる。

もし、ドコモ口座にログインする画面が表示された場合は、dアカウントで再度ログインする。登録が完了するとドコモ口座残高が表示される。この連携は1回のみでOKだ。

THEO+ docomoでドコモ口座から入金

最後に、THEO+ docomoでドコモ口座からチャージしてみる。

THEO+ docomoの「入金」メニューをクリックし、「ドコモ口座から入金」を確認。10,000円~200,000円の範囲内で入金金額を入力して「ドコモ口座から入金」ボタンをクリックする。

今回は10,000円を入力。あっというまに10,000円が入金される。

続いて、ドコモ口座の入出金履歴を見ると、10,000円が出金されている事を確認できる。

THEO+ docomoでドコモ口座を使うメリット

「【重要】セブン-イレブンでnanacoで支払い」のカ所で書いた通り、ドコモ口座に入金する際、おトクにチャージしたnanacoからチャージすることができるために、THEO+ docomoをドコモ口座で利用するとおトクと言うことだ。

THEO+ docomoの投資一任報酬 は1%。ドコモ口座を利用すれば、少し高めの手数料も回収することができるだろう。

なお、ドコモ口座からのTHEO+ docomoの入金は1ヶ月あたり200,000円までとなっているので、それ以上を入金する場合はドコモ口座を利用できない。

THEO+ docomoは運用期間中、月末の預り資産額でdポイントを貯めることも可能だ。ドコモ回線利用者の場合は1万円につき1.5 dポイント。それ以外の場合は0.75 dポイントとなる。

dポイントクラブで確認したところ、THEO+ docomoとして14 dポイント獲得できている。100,000円を入金していたため、元本が減っていなければ15 dポイントのはずだが、14 dポイントと言うことは、6月末時点で元本割れが発生していたと言うことだろう。

THEO+ docomoは入金時にもおトクで、運用中もおトクな投資サービスとなった。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, 電子マネー
-, , , , , , , , , , ,

© 2021 ポイ探ニュース