You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 年会費無料のアメックスでも利用が可能なアメリカン・エキスプレス特典がある

年会費無料のアメックスでも利用が可能なアメリカン・エキスプレス特典がある

年会費無料のアメックスでも利用が可能なアメリカン・エキスプレス特典がある

アメリカン・エキスプレス・カードと言うと、年会費が高いイメージがある。旅行やレストラン等に強く、「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」の場合は「ゴールド・ダイニング by 招待日和」として、高級レストランのコースメニューを2名以上で予約すると1名が無料になる特典も用意されている。

そのアメックスが新しいサービスを開始した。「アメリカン・エキスプレス・コネクト」だ。

アメリカン・エキスプレス・コネクトとは?

アメリカン・エキスプレス、カード会員特典をまとめた「アメリカン・エキスプレス・コネクト」を開始アメリカン・エキスプレスのカード会員の特典情報をまとめて閲覧できるウェブサービスで、特典情報が一覧で表示することが可能だ。以前より、ホテルやダイニング、ショッピングでアメリカン・エキスプレス会員向けの優待特典が利用できる「アメリカン・エキスプレス・セレクト」というサービスが用意されているが、アメリカン・エキスプレス・コネクトは、アメリカン・エキスプレス・セレクトの特典も一覧に含まれており、すべての特典を一括で確認できる便利なサイトとなっている。

また、カードを登録して利用すると、最適な特典情報が表示される機能も利用可能だ。

どんな特典が用意されているのかを確認してみよう。例えば、「ショッピング」を選択すると、プリザーブドフラワー専門店の「ベル・フルール 銀座本店」でアメリカン・エキスプレスのカードで支払うと、3,000円(税抜)以上の買い物時に10%OFFになる特典が利用できる。

また、「トラベル」を選択すると、「ホテル椿山荘東京」では、2泊目が無料となる特典も利用可能だ。こちらの特典は「アメリカン・エキスプレス・セレクト」の特典となっている。

これらの特典は期限が決まっているため、現時点での特典という事に注意してほしい。

アメックスブランドであればどんなカードでも利用可能!

このアメリカン・エキスプレス・コネクトは、クレディ・セゾンの「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」や三菱UFJニコスの「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」等の提携カードでも利用可能となっている。

この提携カードには、アメックスブランドにも関わらず年会費無料のクレジットカードも存在する。

年会費無料のアメックスブランドのクレジットカードとしては、「ウォルマートカードセゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」、「みずほマイレージクラブカードセゾン」、「タカシマヤセゾンカード」、「まるひろMクラブカード」、「アトレMクラブカード」、「ジェイアール東海タカシマヤセゾンカード」が存在する。

また、条件付きで年会費が無料になるのは、「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」、「ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」、「JQ CARDセゾン」だ。

この年会費が無料・実質無料のカードでもアメリカン・エキスプレス・コネクトの利用は可能だ。もし、国際ブランドを選べるカードの場合は、アメックスを選んでおくのも良いだろう。ただし、「SEIBU PRINCE CLUBカード」のように、アメックスを選択した場合は年会費が異なる場合もあるため注意が必要だ。

[アメリカン・エキスプレス・コネクト]

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 1002

© 2013 ポイ探

Scroll to top