You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 還元率3%も超える! 最強過ぎるVisaカード「Kyash Visaカード」が誕生! Kyash Visaカードの申込から利用方法までを解説

還元率3%も超える! 最強過ぎるVisaカード「Kyash Visaカード」が誕生! Kyash Visaカードの申込から利用方法までを解説

還元率3%も超える! 最強過ぎるVisaカード「Kyash Visaカード」が誕生! Kyash Visaカードの申込から利用方法までを解説

2018年6月7日(木)に開始したのが送金アプリ「Kyash」の物理カード「Kyash Visaカード」となる。

従来は、Kyashのアプリ登録でVisaカード番号をすぐに発行でき、クレジットカードを登録することで、Kyashを経由してVisa加盟店で利用することができた。割り勘でもKyashを使えば、クレジットカードでの割り勘も可能になる。

このKyashに物理カードが誕生。例えば、Kyashにリクルートカード(Visa)やリクルートカード(Mastercard)を登録すると、コンビニやドラッグストアなど、実際のお店でKyash Visaカードで支払ができると言う仕組みだ。

ただ、わざわざKyash Visaカードを経由する意味があるのだろうか?

新たに開始したのが2%キャッシュバックサービスとなる。

例えば、Kyash Visaカードで1万円利用した場合、200円が翌月にキャッシュバックされる。200円は、次回のKyashを利用したときに使う事が可能だ。また、紐付いているリクルートカードで1万円が支払われるため、1万円に対して1.2%のリクルートポイントも獲得できる。つまり、1万円の支払で3.2%還元というわけだ。

2%キャッシュバックはキャンペーンで行っているのかを確認したが、特にキャンペーンではない。LINE Payカードのようにいずれ終了する可能性はあるのだが、現時点では圧倒的な還元率と言えるだろう。

LINE Payカードでの一律2%還元が終了したタイミングを狙ってきたのかもしれない。

また、カード会社でKyashの利用額に対してポイントを付与しなくなる場合もある。それでもKyashの2%還元を受けられるので、これだけでも申し込む価値はあるはずだ。

Kyash Visaカードはお金がかかる?

Kyash Visaカードは物理カードを発行しても無料となる。郵送の手数料なども不要だ。

ただし、今後は有料になるかもしれないので、今のうちに申し込んでおこう。

Kyash Visaカードの申し込み方法は?

右上の「カード追加」ボタンをタップする。下の、「リアルカードの申し込みについて」をタップ。

リアルカードの申し込み方法が表示され「こちらをクリックして申込み」をタップする。

「名前」「メールアドレス」「住所」「電話番号」を入力して「利用規約に同意する」にチェックを入れて「内容を確認」ボタンをタップ。Kyash IDは任意なので入力しなくても問題ない。

確認後、「内容を送信」ボタンをタップする。これで申込が完了だ。

Kyash Visaカードの有効化方法は?

カードが郵送されてきたら、カードを有効化する必要がある。

Kyashを起動し、右上の「カード追加」ボタンをタップする。「リアルカード有効化」をタップし、「カード番号」「有効期限」「セキュリティコード」を入力して「完了」ボタンをタップ。

従来のバーチャルカードが無効化され、物理カードのKyash Visa カード番号が新たな番号に切り替わる。

Kyash Visaカードに登録できるクレジットカードは?

なお、クレジットカードを登録するにはKyashアプリを起動し、下の方にある「カード(Visa / Mastercard)」をタップし、「カード情報を追加」から登録しよう。登録できるカードは1日・1枚までとなっている。

JCBやAmerican Expressに対応しないのかを確認してみたが、対応はしたいが決まってはいないとのことだ。

なお、登録しているクレジットカードに名称を設定できる機能を用意して欲しいところだ。複数カードを登録していると、下4桁だけでは、どのカードか判断が難しい。

Kyash Visaカードの利用可能場所は?

Visaマークがあるため、Visa加盟店では利用できる。ただし、日本国内の実店舗、世界中のオンラインVisa加盟店となっており、海外の実店舗で利用することはできない。

また、固定費の支払などでも利用できない場合もある。

Kyash Visaカードのキャッシュバック対象外は?

モバイルSuicaの場合、Kyash Visaカードでチャージすることができるが、2%キャッシュバックを受けるには6,000円以上のチャージの場合となる。モバイルSuicaのチャージ画面では1,000円、3,000円、5,000円と選択できるが、「その他」をタップし、6,000円以上を選択しよう。

なお、モバイルSuicaにはじめてKyashカードを登録すると、1円が引き落とされる。この1円はクレジットカードの利用明細にも速報値としては上がってくるが、45日で自動的に消えるので安心して欲しい。

その他の電子マネーやプリペイドカードチャージについてはキャッシュバック対象外となっている。どのプリペイドカードが対象外かは具体的には書かれていない。

また、送金なども2%キャッシュバックの対象外となるので注意しよう。

Kyash Visaカードでのデメリットは?

ここまで見ると、最強のカードとなるが、デメリットは利用制限だ。

1日(1回)あたりの購入限度額は3万円以下となる。筆者も、この3万円上限に何度か引っかかったことがある。また、1ヶ月間での決済利用上限は12万円までと利用金額がそれなりに高い利用者の場合は上限に引っかかる可能性が高い。LINE Payのマイカラーでも10万円までが最大2%の対象だが、Kyashの場合はそもそも12万円で利用できなくなってしまう。

また、固定費の支払に利用できなかったり、海外で利用できない等、すべてKyash Visaカードに切り替えるのは難しい。

ただ、これらを考えても2%キャッシュバック+クレジットカードのポイント獲得は魅力的のはずだ。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 822

© 2013 ポイ探

Scroll to top