You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » リクルートカードの2枚持ちで月3万円の電子マネーチャージ制限をクリアする

リクルートカードの2枚持ちで月3万円の電子マネーチャージ制限をクリアする

リクルートカードの2枚持ちで月3万円の電子マネーチャージ制限をクリアする

リクルートカードは、2018年4月16日(月)から電子マネーチャージ分についてのポイント付与上限を設定した。

JCBブランドであれば、nanaco、モバイルSuicaの合計金額が3万円を超える場合は、それ以上に対してポイントを付与しない。Mastercard、Visaブランドの場合はnanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCAに対して3万円を超える分についてはポイントが付与されなくなっている。1つの電子マネーではなく、それぞれの電子マネーの合算に対しての制限となる。

毎月というのは16日から翌月の15日までが集計期間となり、集計期間内の売上データ到着時になるため、集計期間の最終日にチャージした場合は、思い通りの結果にならない可能性があるため、できるだけ16日から数日以内に3万円チャージするのが良いだろう。

例えば、Mastercardブランドを保有している場合、楽天Edyで5,000円、nanacoで25,000円、モバイルSuicaで3,000円チャージした場合、3,000円分が超過するため、獲得できるリクルートポイントは360ポイントとなる(従来は396ポイント)。

続いて、リクルートカードの家族カードを考える。リクルートカードの家族カードも、本会員と合算請求となるため、家族カードを使ったとしても3万円上限を突破する事はできない。

この、3万円上限を突破できるのが、JCBブランドとVisa・Mastercardブランドの2枚持ちの場合となる。理由は、それぞれのカードで3万円上限となるためだ。従って、Mastercardブランドのリクルートカードのみを持っていた場合は、JCBブランドのリクルートカードを新たに申し込むと、1ヶ月あたり6万円までチャージができる事になる。

この方法は、リクルートカードの公式FAQでも書かれている。

なお、モバイルSuicaだけを分ける方法としては、Visaブランド・MastercardブランドのみだがKyashを使う手もある。Kyashにリクルートカード(Visa)またはリクルートカード(Mastercard)を登録し、モバイルSuicaのチャージカードにKyashを指定する。

明細に出てくるのはKyashによる明細となるため、モバイルSuicaはこれで対応が可能だろう。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 822

© 2013 ポイ探

Scroll to top