クレジットカード特集 コラム 共通ポイント

バーコード決済・QRコード決済などのモバイル決済は日本で普及するのか?

2018年4月からドコモが「d払い」を開始する。ローソンや高島屋などでスマートフォンにインストールした「d払い」をタップし、表示されたバーコードやQRコードを読み取ってもらうだけで支払えるというサービスだ。

ドコモ、バーコードまたはQRコードを利用したモバイル決済サービスを開始

ドコモは、2018年4月より、スマートフォンに表示させたバーコードを使って支払えるサービス「d払い」を開始すると発表した。 d払いは、d払いアプリの画面上に表示したバーコードやQRコードを、d払い加盟 ...

続きを見る

中国ではWeChat PayやAlipayがあり、キャッシュレス化を後押ししている。中国での爆発的な普及に続けと、日本国内でもQRコード・バーコード決済が誕生し、Origami PayやLINE Payコード決済、楽天ペイがサービスを開始している。

「d払い」「楽天ペイ」「Origami Pay」「LINE Pay」って何が違うの? どれがおトク?

2018年4月からローソンや高島屋などで導入予定の「d払い」。スマートフォンに「d払い」アプリをインストールし、dアカウントでログインする。ドコモ回線利用の場合は、「d払い」の料金を通信料金などと合算 ...

続きを見る

従来のおサイフケータイ、Apple Payは端末依存があった。しかし、QRコードやバーコード決済の場合は端末依存がない。ログインID・パスワードでアカウントにログインさえできれば、AndroidだからiPhoneだからと言う制約もなく、古い端末でも動作する(OSのバージョンで対象外にする場合はある)。

QRコード決済やバーコード決済は、おサイフケータイやApple Payよりも対象端末もユーザも多く、一気に普及する可能性はある。しかし、日本でQRコード決済やバーコード決済が普及するかは微妙なところだろう。

日本はポイントカード文化である。どの店舗でもポイントカードがあるか確認され、ポイントを貯めたり・使ったりすることが可能だ。このポイントカードはアプリ化され、スマートフォンにポイントカードアプリをインストールしておくと、表示されたバーコードを店頭で提示すればポイントを貯めたり・使ったりすることが可能だ。アプリをインストールしておくと、あまり使わないポイントカードを家に忘れたと言うことも無くなる。

日本でのQRコード決済やバーコード決済の普及を阻むのが、このポイントカードのアプリ化だ。

例えば、ローソンで楽天ペイを使うとしよう。ローソン公式アプリやPontaカード(公式)、dポイントクラブアプリを起動しバーコードを表示させ、Pontaポイントかdポイントを獲得する。続いて、楽天ペイを起動し、バーコードを提示して支払う。このアプリの切り替えが大変で、なれていなければレジ渋滞を引き起こすだろう。

ローソンで楽天ペイによる支払いが開始! ローソンで楽天ペイを使うときの注意点も

目次1 楽天ペイとは?2 楽天ペイを使うときの注意点 その13 楽天ペイを使うときの注意点 その2 ローソンは、2017年8月1日(火)より、楽天ペイの「コード表示」での決済を導入した。実際にローソン ...

続きを見る

LINE Payコード決済になるとさらに大変だ。Pontaポイントやdポイントをアプリで提示する。続いて、LINEを起動し「…」から「LINE Pay」をタップ。「コード」をタップし、iPhoneの場合は「Touch ID」や「Face ID」で認証する。Androidの場合はパスワード認証となる。ようやくバーコードを表示できたと思ったら、LINE Pay残高が足りないと言うことにもなりかねない。その場合は、チャージしてからバーコード表示の処理を最初から行う必要がある。

記者会見の時に、ローソン側が「d払い」の導入背景を説明したが、やはりレジ渋滞を解消したい想いがあるようだ。しかし、レジ渋滞を解決するために導入したはずが、アプリの切り替えがスムーズにできなく、さらにレジ渋滞を起こす可能性が高くなる。

筆者は実際にQRコード決済を何度か使ってみたが、アプリ切り替えのことを考えて、ローソン公式アプリ+dカードを登録したApple Payという支払い方法に落ち着いている。おそらく、ローソンでの支払い方法でおトク、かつ最速なのは、dカードの提示+dカードのiD決済だろう。スマートフォンではなく物理的なカードとなってしまうが…。

日本でQRコード決済やバーコード決済を普及させるには、導入店舗側のポイントカードを画面下に出すなど、1画面でポイント獲得から決済までできるようにするのが解決策ではないだろうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, 共通ポイント
-, , , , , , , , ,

© 2021 ポイ探ニュース