クレジットカード特集 コラム ゴールドカード プラチナカード 一般カード

住信SBIネット銀行のクレジットカード「ミライノ カード」とは? 還元率が最大1%にアップ

SBIカードが大きく改悪し、発行自体が終了した。新たに発行するのが「ミライノ カード」となる。ミライノ カードは住信SBIネット銀行の発行だ。

SBIカード、入会受付およびサービス終了

SBIカードは、2017年7月31日(月)を持って、SBIカードの入会受付を終了すると発表した。また、2018年1月31日(水)で、SBIカードのサービスも終了する。 終了するサービスは、SBIレギュ ...

続きを見る

今回、新たに募集開始したミライノカードを詳しく紹介したい。

住信SBIネット銀行、新クレジットカード「ミライノ カード」を発行

住信SBIネット銀行は、2017年11月より、JCBブランドの「ミライノ カード(MIRAINO CARD)」の募集を行うと発表した。 利用額に応じて、1%のミライノ ポイントが貯まり、貯まったミライ ...

続きを見る

SBIカードとミライノ カードの違いは?

まず、名称は「ミライノ カード」となり「ミライノカード」ではない。ニュースリリースを見ても"ミライノ"と"カード"の間に必ずスペースがあるため、記事を書く時は意外と大変だ。

SBIカードとミライノ カードで大きく変わるのが国際ブランドと還元率、カードラインナップとなる。SBIカードはMastercardブランドでSBIレギュラーカード、SBIゴールドカード、SBIプラチナカード、SBIワールドカードだったが、ミライノ カードはJCBブランドでミライノ カード、ミライノ カードGOLD、ミライノ カードPLATINUMの3種類だ。また、QUICPayが標準搭載となった。

SBIカードは年会費無料で還元率が1%または1.2%のカードだったが、改悪後はカード種別で還元率が異なり、非常にわかりにくいシステムになった。結局、このわかりにくいポイント制度のままSBIカードは廃止。新しく発行されたミライノ カードはどのカード種別でも1,000円につき5ミライノ ポイントが貯まる。貯まったミライノ ポイントは1,000ポイントをカード利用代金1,000円分に充当できるため、還元率としては0.5%だ。

しかし、住信SBIネット銀行口座保有者の場合は、1,000ミライノ ポイントを2,000スマプロポイントに交換可能だ。スマプロポイントは住信SBIネット銀行でキャッシュバックできるため、1%還元のキャッシュバックカードということもできるだろう。

住信SBIネット銀行、スマートプログラムのポイント交換条件を変更 500ポイントから交換可能に

住信SBIネット銀行は、2017年3月24日(金)より、デビットカードなどの利用で貯まるポイント交換条件を変更すると発表した。 従来は、1,000ポイントから100ポイント単位で100ポイント=100 ...

続きを見る

従って、ミライノカードは、住信SBIネット銀行の口座保有者であれば、常時1%のキャッシュバックということになる。旧SBIカード保有者に、住信SBIネット銀行に口座を保有してもらいたいというのがよく分かる。

続いて、付帯サービスの違いだ。SBIレギュラーカードでは、カードを保有し、引き落とし口座に住信SBIネット銀行を指定していると、スマートプログラムのランクが1つアップしていたため、カードホルダーはランク2からのスタートとなる。しかし、一般カードのミライノ カードでは、ランクが1つアップではなく、毎月の決済額により1万円利用の場合は1商品、5万円利用の場合は2商品カウントと、自動ランクアップではない。この点は改悪だろう。

ミライノ カードGOLDとミライノ カードPLATINUMは、決済額に関わらず2ランクアップはSBIゴールドカード、SBIプラチナカードと同じ条件のため改悪はない。

他行宛振込手数料無料回数とATM出金無料回数を住信SBIネット銀行とスルガ銀行で比較してみた

目次1 住信SBIネット銀行の場合2 スルガ銀行の場合3 住信SBIネット銀行とスルガ銀行のサービス面での違いは? 筆者はクレジットカードだけでなく、スマートフォンや銀行口座もたくさん保有している。 ...

続きを見る

ミライノ カードGOLDは旅行保険が充実

SBIゴールドカードとミライノ カードGOLDで大きく変わったのが年会費と旅行保険だ。

SBIゴールドカードは年会費2,500円(税抜)だったが、ミライノ カードGOLDは3,000円(税抜)と500円アップ。ただし、年間100万円以上の利用で次年度無料という条件は変わらない。

また、旅行保険については、SBIゴールドカードの場合は利用付帯だったものが自動付帯に変更。それでいて、傷害治療保険金などが充実している。例えば、年会費2万9,000円(税抜)アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの旅行保険と比較してみよう。

カード名 ミライノ カードGOLD アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
利用条件 自動付帯 自動付帯 利用付帯
対象 基本会員 家族特約 基本会員 家族特約 基本会員 家族特約
海外旅行 死亡・後遺障害保険金 5,000万円 1,000万円 5,000万円 1,000万円 1億円 1,000万円
傷害治療費用保険金 500万円 250万円 200万円 300万円 200万円
疾病治療費用保険金 500万円 250万円 200万円 300万円 200万円
賠償責任保険金 5,000万円 2,500万円 4,000万円
携行品損害保険金 50万円 25万円 50万円
救援者費用保険金 300万円 150万円 300万円 400万円 300万円
乗継遅延費用 2万円 2万円
出航遅延、結構、搭乗不能費用 2万円 2万円
受託手荷物遅延 2万円 2万円
受託手荷物紛失 4万円 4万円
国内旅行 死亡・後遺障害保険金 5,000万円 1,000万円 5,000万円 1,000万円
入院保険金 4,000円 2,000円
通院保険金 4,000円 2,000円

注目は、傷害治療費用、疾病治療費用だ。自動付帯で家族特約分も含めて充実しているのがわかるだろう。

また、国内旅行傷害保険も自動付帯となっているのも◎。プラチナカードでも海外旅行傷害保険は自動付帯、国内旅行傷害保険は利用付帯というカードも多い中、年会費3,000円(税抜)とは思えないような補償内容となっている。

ただし、ミライノ カードGOLDは、一般的なゴールドカードに付帯する国内線空港ラウンジの利用ができないというデメリットもある。

プラチナカードは大きくサービスが変更

大きくサービスが変わるのがプラチナカードだ。SBIプラチナカードは年会費が20,000円(税抜)だったものが、ミライノ カードPLATINUMは25,000円(税抜)にアップ。

特典の違いはほとんどが国際ブランドの特典の違いとなる。元々、SBIプラチナカードやSBIワールドカードの付帯特典は、ほぼMastercardのブランド特典が使われていた。一方、ミライノ カードPLATINUMはJCBのブランド特典となるため、国際ブランドの特典で違いが出る。

まず、コンシェルジュデスクがMastercardコンシェルジュからプラチナ・コンシェルジュデスクに変更。国際線空港ラウンジは、ラウンジキーからプライオリティ・パスへと変更となる。別途カード発行がないため、使い勝手はラウンジキーのほうが良いが、無料条件が年6回までに対して、プライオリティ・パス(プレステージ会員)は回数制限はないなど、どちらもメリット・デメリットがある。

2名以上のコース料理予約で1名分が無料となるMastercard Taste of Premium ダイニング by 招待日和は、同等のサービスのグルメ・ベネフィットは使えず、ダイニング30のみの利用だ。旅行関連はJCBプレミアムステイプランと海外ラグジュアリー・ホテル・プランに変更。

また、JCB LOUNGEも、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのJCB LOUNGEの利用が可能だが、JCB Lounge京都は対象外となる。

このように書くと、それほど変わった点はないとも言えるが、Mastercardコンシェルジュとプラチナ・コンシェルジュデスクでは、使い勝手が大きく異る。筆者はどちらも使ったことがあるが、色々使い勝手が良いのはプラチナ・コンシェルジュデスクだろう。

コンシェルジュデスク比較:新幹線チケット編 アメックスプラチナ、Mastercard、ラグジュアリーカード

目次1 Mastercardコンシェルジュデスク2 ラグジュアリーカード コンシェルジュデスク3 アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード コンシェルジュデスク なかなかコンシェルジュ比較をすること ...

続きを見る

Mastercard JCB
コンシェルジュデスク Mastercardコンシェルジュ プラチナ・コンシェルジュデスク
海外ホテル TASTE OF PREMIUM海外ホテル 海外ラグジュアリー・ホテル・プラン
国内ホテル・旅館 TASTE OF PREMIUM国内高級ホテル・高級旅館 JCBプレミアムステイプラン
レストラン特典 TASTE OF PREMIUMダイニング by 招待日和 ダイニング30
国際線手荷物宅配サービス
(JCBトラベルデスクで5万円以上の利用時のみ往復無料)
ゴルフ TASTE OF PREMIUM会員制ゴルフ、海外有名ゴルフコース手配サービス
ラウンジサービス(空港以外) ユニバーサル・スタジオ・ジャパン JCB LOUNGE

ミライノ カードでおすすめは?

筆者としてはミライノ カードGOLDがおススメだ。住信SBIネット銀行を引き落とし口座に設定すると、自動的にランク3までアップ。他行あての振込手数料も月7回まで無料、ATMの出金も月7回まで無料となる。月末時点で口座に30万円入金があれば、それだけでランク4までアップし、他行あての振込手数料無料回数が月15回までアップする。

SBIゴールドカードはサブカードでも年会費を600円安くできる! 住信SBIネット銀行のランクも3以上確定!

目次1 SBIレギュラーカードも年会費が有料に2 住信SBIネット銀行のランク別特典は? 3 SBIゴールドカードの年会費は実質2,100円(税込) SBIゴールドカードの年会費が2016年6月から改 ...

続きを見る

上記で書いたように、海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険も自動付帯で補償内容も充実している事を考えると、ミライノ カードGOLDが良いだろう。

もちろん、他社プラチナカードを保有していない場合は、ミライノ カードPLATINUMという選択肢もあるが、ミライノ カードPLATINUMの欠点は家族カードがないことだ。筆者はプラチナサービスは自分だけではなく、家族会員もほぼ同じ特典を利用できるのが一番のメリットと考えている。筆者も、妻や遠方に住んでいる両親にプラチナカードの家族カードを渡している。妻も両親も空港ラウンジを利用できるし、コンシェルジュデスクの利用もできる。チケット手配などは電話1本で完了し、非常に便利だと好評だ。

クレジットカードの家族カードは別居の両親でも申し込みできるものもある! 両親に「付帯特典」をプレゼント!

目次1 基本的には別居でも家族カードの発行は可 同性パートナーでも発行できるカード会社も2 両親への家族カード発行は決済だけでなく特典を共有するため 3 家族カードの申込は? 子供が小学生になり、実家 ...

続きを見る

しかし、家族カードの発行がなければ、その特典は自分しか使うことができない。ここは、改善したほうが良い点だと考えている。

ミライノ カードの一般カードは住信SBIネット銀行のランクアップ特典が改悪となっているため、やはりミライノ カードGOLDがベストだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, ゴールドカード, プラチナカード, 一般カード
-, , , , , , ,

© 2021 ポイ探ニュース