コラム 共通ポイント

共通ポイントサービス導入で電力自由化を乗り切りたい東京電力 しかし、救われたのはTポイントとPontaポイントだ

電力自由化の影響で、東京電力の電気料金を支払う時にTポイントかPontaポイントを選べるようなサービスが開始する。
東京電力でTポイントサービスを開始予定 PontaポイントとTポイントの選択が可能に

これは、東京電力が電力自由化の影響で、顧客囲い込みのために共通ポイントを採用したという形に見えるが、実は救われたのはTポイントとPontaポイントの方ではないだろうか。

Tポイント、Pontaポイント、楽天スーパーポイントの消費者の使い方の違い

TカードもPontaカードもリアル加盟店からスタートしているため、ポイントがザクザク貯まるという事はなかなか無い。ファミリーマートでTカードを提示しても200円につき1 Tポイント(ブロンズ会員の場合)、ローソンでPontaカードを提示しても100円につき1 Pontaポイントとなる。1,000円支払っても5 Tポイントか10 Pontaポイントだ。そのため、TカードやPontaカードは保有していてもコンビニでは提示しないという人もいる。もちろんボーナスポイントがつく商品を買えば20ポイントくらいは上乗せで貯めることは可能だ。

TポイントとPontaポイントの場合は、リアルのお店で少し貯めて、端数分に使う(少し使う)という使い方が一般的だろう。

一方、楽天の場合はどうだろうか。元々、ネットの楽天市場でポイントを貯めている人が多い。楽天市場では、ポイント10倍やお買い物マラソンなどのキャンペーンを頻繁に行っている。1,000円の利用でポイント10倍の場合は100楽天スーパーポイントが貯まる。コンビニよりも高額な買い物が多くなるため、TポイントやPontaポイントよりも貯まりやすいと言える。

楽天スーパーポイントの場合は、ネットでたくさんため、ネットで消費する。ネットで消費しきれなかった端数をサークルKサンクスなどで消費するという使い方が多いようだ。

もちろん、Tポイントが貯まるYahoo!ショッピングでもキャンペーンを行っているが、Yahoo!ショッピングで獲得できる期間限定のTポイントは、Yahoo!ショッピング・Lohaco等で消費するしかない。ファミリーマートやガストなどで消費することはできないポイントと言うことだ。一方、楽天のキャンペーンで貯めた期間限定ポイントは、サークルKサンクスなどでも利用可能のため、楽天市場で使い切れなかったポイントや期間限定ポイントをリアルで消費するというのが自然な流れだろう。

自動的にポイントが貯まるドコモ

新しく共通ポイントに参入するドコモの場合は、ケータイの利用料金でポイントが貯まり、そのポイントを利用できるというメリットがある。ケータイ電話の利用で貯まるポイントは毎月数百ポイントになっている人も多い。この自動的に貯まったポイントをリアルで消費するという流れが予想できる。

自動的に貯まるポイントと言うのは消費者にとっては「貯まりやすいポイント」という認識になるだろう。

東京電力の電気料金で自動的に貯まるようになるのは最大のメリット

東京電力の電気料金の支払いでTポイントやPontaポイントが貯まるようになると、ドコモポイントのように、毎月自動的に貯まるポイントに変わるのだ。電気料金は5,000円から1万円程度となるため、仮に100円につき1ポイント貯まるようになった場合、毎月50?100ポイント程度は貯まるということだ。

毎月100円分のポイントが貯まるようになると、消費者にとってTポイントやPontaポイントも貯まりやすいという認識になるのではないだろうか。今まで、コンビニでTカードやPontaカードを提示していなかった利用者も、電気料金やガス料金で貯まったポイントを消費するためにTカード、Pontaカードを出すようになるかもしれない。

エネルギー自由化はPontaカード、Tカードの提示率をアップさせるためのきっかけになるかもしれない。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, 共通ポイント
-, , , , , , , , , , ,

© 2021 ポイ探ニュース