You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » JCBのダイニング30を使ってみた 対象レストランを30%OFFで利用可能

JCBのダイニング30を使ってみた 対象レストランを30%OFFで利用可能

JCBのダイニング30を使ってみた 対象レストランを30%OFFで利用可能

先日、スキーついでに仙台に行き、仙台と熊本で限定で発行されているVisaプリペイドカード「mijica(ミヂカ)」を申込むことにした。

mijicaだけのために仙台に行くのも微妙だったため、何か特典が使えないか考えた所、JCBのダイニング30を使えないかとふと思った。

ダイニング30とは、2016年3月に開始したレストラン特典となり、対象店舗で事前に予約、専用クーポンを提示して、対象のJCBカードで支払うと合計金額またはコース代金から30%引きになるというサービスだ。

よくあるレストラン特典の2名以上の予約で1名分のコース料理が無料という特典とは異なり、場合によっては30%OFFの方が安くなる場合もある。

ダイニング30を利用できるクレジットカードは?

対象のクレジットカードは、JCBザ・クラス、プラチナ、ゴールド ザ・プレミアとなる。プラチナはセディナ プラチナカード(JCB)やJAL・JCBカード プラチナなども含まれる。

今回は、新しく取得したセディナ プラチナカード(JCB)を使ってみることにした。

ダイニング30の予約方法は?

JCBザ・クラスなどのサイトからダイニング30のサイトにアクセスする。直接URLにアクセスしても表示することはできないので注意が必要だ。

ダイニング30のサイトにアクセスし、今回は「東北」を選択。この時点で2件しかヒットしないが、仙台のレストラン「三太郎」が表示されたため、三太郎で予約することにした。

対象コースは「黒毛和牛すきやき会席 11,000円」とあり、右上には「コース30%オフ」となっており、クーポンページを表示すると、適用条件が4名まで、最高割引額12,000円までとなっている。

予約はコンシェルジュデスクではなく、店舗に直接予約することになる。店舗の電話番号を確認し、日付、人数を伝える。「ダイニング30で予約したい」と伝えると、すき焼きかしゃぶしゃぶの選択ができるとのことだ。webページでは「すきやき会席」となっているが、実際は選択可能であった。

店舗での会計は?

お店は接待で利用するようなお店で、お店は結構広い。今回は人数も多かったこともあり萩座敷という半個室での利用となった。

メニューは、前菜、お造り、活巻海老天ぷら盛合せ、仙台牛しゃぶしゃぶの4品で、ちょうどよいボリュームだ。

会計時にはクーポンの提示が必要だが、印刷物だけでなく、スマートフォン専用サイト上のクーポンを提示しても利用することが可能だ。

コース料理が11,000円(税込)となり、1人3,300円引きとなる。条件が最大4人まで、12,000円が上限となっているため、今回は12,000円引きとなった。萩座敷の利用で10%のサービス料金が発生し、飲み物、子供の食事が必要となるため、合計52,965円の支払いだ。12,000円の割引があるため、実際は64,965円ということだろう。

他のレストラン特典との比較

2名以上の予約で1名が無料となる「招待日和」やアメックスの「ダイニング・アクセス」、JCBの「グルメ・ベネフィット」、レストランの割引特典などがある「クラブオフ」「S selection」などを検索してみたが、今回利用した「三太郎」はクラブオフで1件ヒットしただけだった。

クラブオフでの特典は人数分の乾杯ドリンクプレゼントとなっているため、金額としてはダイニング30の方が断然おトクだ。

さらに、ダイニング30の場合、「お会計30%オフ」という店舗もあり、その場合はコース料理外のドリンクや子供の食事代なども割り引かれるため、2名以上のコース料理で1名分が無料となる招待日和などより安くなる場合もある。

ただし、ダイニング30のクーポンをよく見ると、最高割引額が10,000円、4名以上での利用など条件があるため、必ず条件を確認しよう。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 1002

© 2013 ポイ探

Scroll to top