You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 公式サイトで電子マネーチャージでもポイントが貯まると記載のあるクレジットカード 公式記載なので改悪されにくい【前編】

公式サイトで電子マネーチャージでもポイントが貯まると記載のあるクレジットカード 公式記載なので改悪されにくい【前編】

公式サイトで電子マネーチャージでもポイントが貯まると記載のあるクレジットカード 公式記載なので改悪されにくい【前編】

電子マネーにチャージでポイントが貯まるクレジットカードも減ってきている。楽天カード(JCB)はnanacoチャージでもポイントが付いていたが、2017年11月利用分よりポイント付与を終了すると発表。

改悪の度に電子マネーチャージするクレジットカードを乗り換えるのも大変。そこで、公式サイトで電子マネーチャージでもポイントが貯まると謳っているカードに注目してみたい。公式で表記があるということは、それだけ改悪の可能性が少なくなるはずだ。

ビューカード(Suica)

ビューカードからSuicaへのチャージはポイントが3倍となる。通常は1,000円につき2ポイント(=5円相当)だが、Suicaチャージの場合は1,000円につき6ポイント(=15円相当)だ。

貯まるポイントはビューサンクスポイントとなり、ビューサンクスポイントが貯まらないビューカードの場合は3倍の対象外となる。

ビューサンクスポイントは使い勝手が良いポイントとはいえないが、2018年度中にはJREポイントに移行されるため、使い勝手も向上するだろう。

[駅でも街でも!ポイントを貯める]

セブンカード・プラス(nanaco)

改悪が多いのがnanacoチャージだ。セブン-イレブンでは、nanacoで切手・はがき、コピー代なども購入することができ、nanacoポイントがつかないような商品でも、チャージ時にクレジットカードのポイントを貯めることで、間接的にポイントを獲得することができる。

特に威力を発揮するのが税金支払いで、1回の支払い時にnanacoカードを5枚まで利用できる。センター預かり分の5万円を含めると、1枚のカードに10万円チャージできるため、コンビニで支払える30万円までの税金であればnanacoで支払うことが可能となっている。

これまでもnanacoチャージでポイントがつかなくなったカードが多いが、セブンカード・プラスは、「nanacoへのチャージでもポイントが貯まる」と公式サイトに表記がある。さらに、nanacoの発行元であるセブン・カードサービスがセブンカード・プラスを発行していると考えると、改悪はされにくいだろう。

[nanacoへのチャージでもポイントがたまる]

楽天カード(楽天Edy)

電子マネーの中でも、利用箇所が多いため、楽天Edyを使っている人も多いだろう。

楽天カード(JCB)からnanacoチャージでのポイント付与は終了したが、楽天Edyへのチャージで楽天スーパーポイントを獲得できる特典はそのままとなる。

楽天カードからEdyチャージをすると、200円につき1楽天スーパーポイントを獲得可能だ。

[Edyチャージは楽天カードからが1番]

リクルートカード(楽天Edy、モバイルSuica、nanaco、SMART ICOCA)

年会費無料で還元率が1.2%のリクルートカード。JCBブランドとVisa・Mastercardブランドの3種類が用意されている。

VisaとMastercardブランドの場合、楽天Edy、モバイルSuica、nanaco、SMART ICOCAへのチャージでもポイントが貯まる。JCBブランドの場合は、モバイルSuicaとnanacoのみとなる。

貯まったリクルートポイントは、リアルタイムでPontaポイントに等価交換が可能。PontaポイントはJALマイルにも交換できるため、JALマイラーにも良いだろう。

[電子マネー]

JALカード(JMB WAON)

毎年、期間限定でキャンペーン扱いとなっているが、今までの所、JALカードでJMB WAONにチャージすると、マイルを貯めることができている。

JALカードは通常200円(税込)につき1マイルの付与だが、JALカード ショッピングマイル・プレミアム加入時は100円(税込)につき1マイル獲得できる。JMB WAONで支払った場合は、別途200円につき1マイル獲得できるため、非常におトクな特典とだ。

対象カードはJAL・JCBカード、JAL・Visaカード、JAL・Mastercard、JALカード TOKYU POINT ClubQとなり、JAL アメリカン・エキスプレス・カード、JALダイナースカード、JALカードSuica、JALカードOPクレジットはJMB WAONチャージの利用ができない。

[クレジットチャージでためる]

次回も公式サイトに電子マネーについて記載のあるクレジットカードを紹介したい。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 909

© 2013 ポイ探

Scroll to top