クレジットカード特集 コラム 電子マネー

イノベーション自販機が東京駅に設置 事前にスマホでドリンクを購入可能に

JR東日本ウォータービジネスは、2017年3月14日(火) 14:00より、東京駅 丸の内地下1階コンコースステーションコンシェルジュ付近(びゅうスクエア)にイノベーション自販機を設置した。

イノベーション自販機は、事前にスマートフォンアプリ「acure pass(アキュアパス)」をダウンロードし、登録すると、登録したクレジットカードなどで事前にドリンクを購入することができる。また、自動販売機ではスマートフォンをかざすだけで商品を受け取れる。

ユーザーはacure passをダウンロードし、ユーザー登録を行う。スマートフォンで事前に購入を行う時には通常購入と定期購入、ポイント交換で購入することができ、定期購入やまとめ買い機能を利用すると、1本あたりが割り引かれて購入することも可能だ。

例えば、From AQUAは通常購入時には110円となるが、定期購入時には105円となる。また、通常購入時に5本まとめて購入すると525円となり、定期購入時と同じ1本あたり105円で購入可能だ。

購入時には事前登録のクレジットカード、LINE Pay、モバイルSuica、ネット銀聯が利用できる。クレジットカードは、Visa、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス、DISCOVER、ダイナースクラブが対応している。

イノベーション自販機本体ではクレジットカードやLINE Payのバーコード決済はできないが、SuicaやPASMO等の交通系ICカードは利用可能となっている。なお、現金での購入には対応していない。

決済方法は以下の通り。

事前購入(acure pass) その場での購入
決済 クレジットカード ×
LINE Pay ×
ネット銀聯 ×
電子マネー モバイルSuica Suica等の交通系ICカード
現金 × ×
Suicaポイントクラブ モバイルSuicaでの決済時のみ Suicaでの決済時のみ

acure passでの購入後には、イノベーション自販機でacure passに表示されたバーコードを近づける(1つ下の写真:左がICカード リーダー、右がQRコード リーダー)。購入済みの商品はマイドリンクに表示されており、QRコードをイノベーション自販機に近づけると、マイドリンクの商品だけが選択可能となる。

選択すると、商品を購入でき、取り出し口から取り出すという仕組みとなる。

マイドリンクに入っているドリンクは、プレゼントとしてLINEやMessanger等のSNSやメールで送信することもできるが、受け取る場合はacure passをインストールしなければ受け取れない。


イノベーション自販機の設置は現時点では東京駅のみ。今後、新宿駅、横浜駅、品川駅、池袋駅、大崎駅、上野駅など約20箇所に拡大となるが、さすがに使える場所が少なすぎる。

アプリ経由のみだが、自動販売機でもクレジットカードの利用ができるのは便利だ。しかし、もう少し使える場所が増えなければ、アプリダウンロード者も増えないのではないだろうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, 電子マネー
-, ,

© 2020 ポイ探ニュース