You Are Here: Home » Articles posted by tidaliathan
tidaliathan
tidaliathan

クレジットカード、電子マネー、ポイントカード、マイレージプログラムが理由もなく好きです。知識とデジタルデバイスを駆使してより満足度の高い支出をすることをモットーとしています。クレジットカードは10枚以上使用していますが、メインで使っているのはコスト・ベネフィット比に優れる(と思っている)セゾンプラチナカードとソラチカカードです。ステータスマッチ、バイマイル、株主優待なども守備範囲です。

Number of Entries : 24

実質無料のプラチナカード!? その名はエポスプラチナカード!

前回の記事ではエポスカードの隠された魅力と実力について解説した。エポスカードには一般カード、デザインカード、コラボレーションカードの他、ゴールドカードとプラチナカードが存在する。ゴールドカードについては前回の記事でも取り上げたが、条件付きではあるが年会費無料のゴールドカードとして魅力あるカードになっている。今回はゴールドカードからのインビテーションで取得できるエポスプラチナカードについて解説したい。 1.プラチナカードは完全招待制 エポスプラチナカードは完全招待制となっており、自分からの申し込みはできない。欲しい場合にはエポスゴールドカードを取得し、決済を続けながらインビテーションが届くのを待つことになる。招待基準は残念ながら明らかにされてはいない。ゴールドカードを所有していた時に一度デスクに問い合わせたことがあるが、「選ばれたお客様を御招待しておりますので・・・」とお茶を濁されてしまった。 ここから先は推測 ...

Read more

その価値はゴールドカード以上!魅惑のアメリカン・エキスプレス・カード!!

筆者はサブカードとしてアメリカン・エキスプレス・カード(通称グリーン)を使用している。このカードのメリットとして、海外渡航時に手荷物を往路・復路ともに無料で宅配できること、空港ラウンジが同伴者も含めて利用できることなどが挙げられるが、その他にもあまり知られていない魅力的なサービスが揃っている。今回はそれらのサービスの紹介だ。 1.365日24時間対応のカスタマーサービス 多くのプラチナカードには365日24時間対応のコンシェルジュ・サービスが付帯しており、ホテルやレストランの予約を受け付けている。しかし、プラチナカードであっても、各種カスタマーサービスを担うカードデスクは一般、あるいはゴールドカードと営業時間が同じに設定されているカードも多い。アメリカン・エキスプレス・カードも原則は平日の9時?17時の対応となるが、緊急時の対応についてはこの限りではなく、365日24時間のカスタマーサービスを提供しており、オ ...

Read more

ユナイテッド航空のマイレージプログラム「マイレージプラス」が改善!ANA国内線でおトクに!!

2014年2月にマイレージプログラムの改悪が行われたユナイテッド航空だが、2015年6月よりANA国内線の発券において大幅な改善が行われた。今回はその特長について解説したいと思う。 1.なんと片道5,000マイルで発券可能! 800マイル以内の区間に限られるが、片道5,000マイル、往復10,000マイルでANA国内線の特典航空券が発券できる。2015年4月からの改訂でANAも片道での発券がしやすくなったが、それでも本家ANAより少ないマイル数で発券が可能だ。ANAではローシーズンでも片道6,000マイルが必要となるので、本家よりも有利な条件で発券できるのは大きなメリットだろう。なお、800マイルを超える場合は片道8,000マイルで発券できる。 2.乗継便の発券が可能! 以前の記事でも紹介したが、ユナイテッド航空のマイレージプログラムを利用すると、ANA国内線であっても乗継便の発券が可能だ。例えば、仙台→鹿児 ...

Read more

還元率0.5%に惑わされるな!エポスカードは海外利用が多い人にお勧め!

筆者も利用しているエポスカード。マルイのハウスカードとしてのイメージが強いエポスカードだが、実はマルイ以外の利用でも(むしろマルイ以外で?)大変おトクなカードになっている。また、おトクなだけでなく、海外利用に際して大変便利なカードなのだ。今回は知られざるエポスカードの実力を紹介したいと思う。 1.海外旅行傷害保険が自動付帯 エポスカードは年会費無料カードでありながら、海外旅行傷害保険(疾病治療費用270万円、傷害治療費用200万円、救援者費用100万円)が自動付帯する。 上記の3点は他のカードと保険金額を合算することが可能だ。海外旅行、あるいは出張をする人にとっては、持っているだけで海外旅行の保険を増強してくれる心強いカードになるだろう。 2.海外利用においても、日本円換算で利用通知メールが来る エポスカードは1,000円以上の利用があった場合、メールで通知してくれるサービスを提供している(通知しない設定にも ...

Read more

ひと手間かけるだけ!コンビニでおトクなのは○○カード!! 還元率4.8%も

全国で5万店舗を超え、もはや社会全体のインフラと言っても過言ではないコンビニエンスストア。読者の中にも頻回に利用される方は多いと思う。常にポイントを意識しているポイ探ユーザーの場合、共通ポイントカードは財布に入っているものと思うが、ここにもう1枚カードを追加するだけで日々のコンビニ利用が更におトクになる。今回はその方法について解説したいと思う。 1.用意するカードは『QUOカード(クオカード)』 景品や贈答用、あるいは株主優待のギフト券代わりにも用いられることの多いQUOカード。このQUOカードはコンビニで普通に購入することができる。購入にはポイントが付かないが、5,000円で5,070円分の、10,000円で10,180円分のQUOカードが購入できるのだ。 QUOカードには有効期限が無いので、コンビニをよく利用するのであれば10,000円分購入してしまうのがいい。これだけでコンビニ利用は常時1.8%還元にな ...

Read more

改悪後も利用可能!漢方スタイルクラブカードやREX CARDでnanacoチャージする方法とは?

最強の高還元率カードの名をほしいままにしていた「漢方スタイルクラブカード」であるが、残念ながら2015年6月よりnanacoチャージにおいてポイントの改悪が行われ、nanacoチャージに関しては従来の1.75%から0.25%に還元率が引き下げられることとなった。 現金キャッシュバック派にとっては年会費無料条件がある「REXカード」や「Reader’s Card」の価値が相対的に上がったが、そもそもこれらはnanacoチャージがポイント付与の対象外となっている。しかしこれらJACCSカードを用いて、nanacoチャージでキャッシュバックを得る方法は残されている。今回はその方法を紹介したい。 1.利用するのは付帯サービスの『J’sコンシェル』 JACCSカードはWEBサービスに登録することで『J’sコンシェル』というサービスを利用することができる。 これはベネフィット・ワンが運営する、企業や官公庁向けのベネフィッ ...

Read more

マイルを『購入』する?ANA/JALのマイルを間接的に購入する方法とは?

外資系航空会社ではマイルの購入(バイマイル)ができる会社が多くあるが、残念なことに、日本の航空会社であるANA/JALにはバイマイルの制度は設けられていない。しかし日本の航空会社であるがゆえに、日本国内の様々なポイント・プログラムと提携し、マイルに移行することが可能になっている。今回はポイント・プログラムを利用した間接的なマイルの購入方法について解説したい。 1.用意するカードは『ANA To Me CARD PASMO JCB』『JTBトラベルポイントJMBカード』 まず、ポイント・プログラムで得たポイントを効率よくマイルに変換するルートを確保しなくてはいけない。ANAマイルに変換するには『ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)』を利用するのが最も効率が良い。このカードがあれば、メトロポイント100ポイント=90ANAマイルのレートで交換することが可能だ。 JALマイルに変換する ...

Read more

© 2013 ポイ探

Scroll to top