You Are Here: Home » Articles posted by tidaliathan (Page 2)
tidaliathan
tidaliathan

クレジットカード、電子マネー、ポイントカード、マイレージプログラムが理由もなく好きです。知識とデジタルデバイスを駆使してより満足度の高い支出をすることをモットーとしています。クレジットカードは10枚以上使用していますが、メインで使っているのはコスト・ベネフィット比に優れる(と思っている)セゾンプラチナカードとソラチカカードです。ステータスマッチ、バイマイル、株主優待なども守備範囲です。

Number of Entries : 24

コストパフォーマンス最良? 「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」のデメリットとは?

前回の記事では「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」のメリットについて解説した。しかしメリットばかりが揃っているわけではない。今回はデメリットの方について解説したいと思う。 1.年会費が高額 「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」の年会費は2万円+税。プレミアムカードの年会費としては安価な部類に属するが、年会費無料のカードが多数存在することを考えると決して安いとは言えない金額だ。単純に決済だけに使うのであれば無料カードで十分であり、「REXカード」などの高還元カードを用いた方がおトクだろう。付帯サービスを利用してこそのカードと言える。 2.家族カードに年会費がかかる 「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」は家族カードを4枚まで追加発行できるが、1枚につき3,000円+税の追加料金が必要だ。夫婦で利用しようと思った場合、23,000円+税が必要ということになる。子供にも ...

Read more

コストパフォーマンス最良? 使ってみてわかった「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」の魅力

筆者はクレジットカードを複数枚使用しているが、メインカードとして使用しているのが「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」だ。年会費は2万円+税と、プラチナカードとしては安価な部類だが、魅力的なサービスが多数揃っている。今回はそれを紹介したい。 1.カスタマーサービスが24時間対応 多くのプラチナカードには365日24時間対応のコンシェルジュ・サービスが付帯しており、ホテルやレストランの予約を受け付けている。しかし、各種カスタマーサービスを担うカードデスクは一般、あるいはゴールドカードと営業時間が同じに設定されているカードも多い。「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」はカスタマーサービスも24時間営業だ。休日の夜などに高額の決済をしたい場合、事前承認もスムーズに行える。 2.新幹線の切符を無料で郵送してくれる 個人的に一番重宝しているサービス。電話一本で自宅に無料で新幹線の切符を郵送し ...

Read more

昨今では自動車保険にもロードサービスが自動付帯!それでもクレジットカード付帯のロードサービスが有益な理由

最近の自動車保険にはロードサービスが付帯しているものも多いので、それを活用している人も多いと思う。だからといって、クレジットカード付帯のロードサービスが不要というわけではない。今回はクレジットカード付帯のロードサービスについて説明したいと思う。 1.自動車保険のロードサービスは「契約車」に、クレジットカード付帯のロードサービスは「契約者」に適応される。 自動車保険のロードサービスの内容はJAF等の専門業者が提供する物に負けず劣らず手厚くなっていることも多い。しかし、自動車保険のロードサービスは原則として契約車両が対象となる。例えば、他人の車やレンタカーを運転していてトラブルに遭った際には、自分が契約している自動車保険のロードサービスは利用できないことになる。その点、クレジットカード付帯のロードサービスの場合、クレジットカードの所有者が守られる形になるため、ロードサービスが適応されるのだ。レンタカーを借りる場合 ...

Read more

JALカードよりおトク? JAL国内線の特典航空券狙いに最適なクレジットカードは?

クレジットカードのポイントを有効活用する方法として、航空会社のマイレージに変換して特典航空券を狙うという方法が有名だ。用途こそ限られるものの、使い方によっては1ポイントを5円以上の価値で使うことができる大変おトクな利用方法だ。今回はJAL国内線特典航空券を、JALカードを使うよりおトクに発券する方法を紹介する。 1.狙い目はブリティッシュ・エアウェイズ/Executive Club JAL国内線の特典航空券を狙う場合、以前の記事でも紹介した通り、JALマイレージバンクのマイルを貯めるより、ブリティッシュ・エアウェイズ/Executive Clubのマイルを貯める方が有利な場合も多い。敢えてJALマイレージバンクではなく、ブリティッシュ・エアウェイズ/Executive Clubを利用するメリットとデメリットを挙げてみた。 <メリット> 区間マイル数が650マイルまでの区間であれば、往復9,000マイルと少ない ...

Read more

最大マイル還元率1.665%にもなる、実質年会費無料のANAマイルを貯める最強カードとは?

ANAマイルをクレジットカードを用いて貯める方法としてはANAカードを用いる方法の他、漢方スタイルクラブカードを用いる方法、Extreme CardとANA To Me PASMO(ソラチカカード)を併用する方法などが有名だ。しかしマイル還元率がさらに高くなる可能性があり、かつ低年会費のカードも存在する。今回はそれを取り上げたいと思う。 1.ネットマイルプレミアムカード 「ネットマイルプレミアムカード」はポイントサイトのネットマイルとJACCSカードの提携カードで、年会費は2,000円+税。但し、初年度は無料で、次年度以降も年間10万円以上の利用があれば無料となる。このカードは100円の利用ごとにネットマイルのポイントが1 mile貯まるのだが、1 mileの価値は0.5円であるため、還元率は0.5%と平凡な数字だ。だが、このカードは1月?12月の年間利用額に応じたボーナスポイントが付与される。 カードショッ ...

Read more

これであなたも上級会員!?ステータスマッチの魅力 その2

前回の記事(「条件を満たさなくてもエアライン・ホテルの上級会員資格が手に入る!? ステータスマッチに挑戦!」参照)では、条件を満たしていなくても上級会員になれる「ステータスマッチ」について紹介した。今回は実際に筆者がステータスマッチを行った際の経過について解説したい。 1.「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」に入会し、デルタ航空の上級会員資格「ゴールドメダリオン」を得た 筆者は三大航空アライアンス(スターアライアンス・ワンワールド・スカイチーム)の、それぞれANA、JAL、デルタ航空にマイレージを貯めていたが、どのエアラインも頻繁に使うわけではなく、上級会員資格は持っていなかった。 たまたまアメリカに行く機会があり、「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」を取得し、デルタ航空の上級会員資格を得た。取得すると、デルタスカイマイルの「マイ デルタ」ページ ...

Read more

条件を満たさなくてもエアライン・ホテルの上級会員資格が手に入る!? ステータスマッチに挑戦!

一度は味わってみたい航空会社やホテルの上級会員。一度味わうと病みつきになり、上級会員資格を維持するため(だけ)に航空機搭乗やホテル宿泊を繰り返す「修行僧」と呼ばれる人達もいるという。しかし取得には相当数の利用実績が必要だ。しかし限定的ではあるものの、上級会員資格を取得する方法がある。今回はその方法を紹介しよう。 1.上級会員資格を適合させてくれる「ステータスマッチ」 「ステータスマッチ」聞きなれない言葉だと思う。これは競合他社の上級会員資格(ステータス)を自社の資格に適合(マッチ)させてくれるサービスのこと。平たく言うと、「私は○○社をひいきにしている上級会員だけども、今後はそちらの会社をメインで使ってもいいかなと思っているので、同じランクの上級会員に登録してね」と申し入れるわけである。 話を持ちかけられた会社側も、他社からの優良会員の引き抜きのチャンスと考えて受け付けてくれることもある、というわけだ。非公式 ...

Read more

© 2013 ポイ探

Scroll to top