You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 昨今では自動車保険にもロードサービスが自動付帯!それでもクレジットカード付帯のロードサービスが有益な理由

昨今では自動車保険にもロードサービスが自動付帯!それでもクレジットカード付帯のロードサービスが有益な理由

昨今では自動車保険にもロードサービスが自動付帯!それでもクレジットカード付帯のロードサービスが有益な理由

最近の自動車保険にはロードサービスが付帯しているものも多いので、それを活用している人も多いと思う。だからといって、クレジットカード付帯のロードサービスが不要というわけではない。今回はクレジットカード付帯のロードサービスについて説明したいと思う。

1.自動車保険のロードサービスは「契約車」に、クレジットカード付帯のロードサービスは「契約者」に適応される。

自動車保険のロードサービスの内容はJAF等の専門業者が提供する物に負けず劣らず手厚くなっていることも多い。しかし、自動車保険のロードサービスは原則として契約車両が対象となる。例えば、他人の車やレンタカーを運転していてトラブルに遭った際には、自分が契約している自動車保険のロードサービスは利用できないことになる。その点、クレジットカード付帯のロードサービスの場合クレジットカードの所有者が守られる形になるため、ロードサービスが適応されるのだ。レンタカーを借りる場合にはオプションでロードサービスを選択できる場合もあるが、ロードサービスが付帯したクレジットカードを持っていればその費用を浮かすこともできる。

2.クレジットカード付帯のロードサービスで注意すべき点は、他車・同乗・アフターフォロー

クレジットカード付帯のロードサービスを比較する場合、注意すべき点が3つある。1つ目・2つ目はロードサービスの適応範囲だ。見るべき点は

  • 自分の車以外の他車を運転していた場合でもロードサービスが適応されるか?
  • 自分が運転していなくても、同乗しているだけでロードサービスが適応されるか?

当然、他車運転でも他車同乗でも適応されるカードを選びたい。

もう1点はアフターフォローが付いてくるかどうかだ。アフターフォローとは、遠方でトラブルがあった場合の宿泊費用やレンタカー費用、帰宅費用や修理車両の搬送費用を補償してくれるサービスのこと。当然ながら、アフターフォローの充実したカードを選びたい。

3.「他車・同乗・アフターフォロー」を兼ね備えたお勧めのカードはこれだ!

1.CLUB AJカード

CLUB AJカード以前の記事でも紹介した「CLUB AJカード」。ジャックスカード発行で全国オートバイ協同組合連合会との提携カードだ。年会費は2,000円+税だが、初年度無料で、翌年度以降も年間10万円以上の利用で年会費無料となる。基本還元率は0.5%だが、前年度利用額に応じて1%まで還元率が上がる。

CLUB AJカード」はクレジットカード付帯としては最高クラスの、50kmまでのレッカー牽引に対応している。また、ジャックスカードに共通のメリットとして、ベネフィット・ステーション(ベネフィット・ワン運営でJ’sコンシェルという名前で提供されている)という福利厚生サービスが受けられ、ホテルの優待などが付帯しているのだ。

2.ロードサービスVISAカード

ロードサービスVISAカード三井住友トラスト・カード発行の「ロードサービスVISAカード」。年会費は2,000円+税だが、初年度無料だ。基本還元率は0.5%だが、前年度利用額に応じて0.65%まで還元率が上がる。また、マイ・ペイすリボを駆使することで還元率に0.5%上乗せすることができるので、トータルの還元率は1%?1.15%となる。

ロードサービスVISAカード」はレッカー牽引距離こそ15kmと少し短いが、その他のサービスは「CLUB AJカード」と比較しても遜色ない。「ロードサービスVISAカード」のメリットは家族カード(1,500円+税、初年度無料)を発行できることだろう。年会費こそかかるが、家族全員でロードサービスの恩恵にあずかれる。

クレジットカードのロードサービスはいざという時に備えて持っておいて損は無い。しかし充実したロードサービスを受けるには年会費がかかる。自分以外の車を運転する機会がほとんど無いのであれば必要は無いだろう。逆に社用車やレンタカーを運転する機会が多いのであれば心強い存在になることは間違いない。自分の生活スタイルに照らし合わせて有益なクレジットカード選択をしてほしい。

About The Author

tidaliathan

クレジットカード、電子マネー、ポイントカード、マイレージプログラムが理由もなく好きです。知識とデジタルデバイスを駆使してより満足度の高い支出をすることをモットーとしています。クレジットカードは10枚以上使用していますが、メインで使っているのはコスト・ベネフィット比に優れる(と思っている)セゾンプラチナカードとソラチカカードです。ステータスマッチ、バイマイル、株主優待なども守備範囲です。

Number of Entries : 24

© 2013 ポイ探

Scroll to top