Vポイントアプリが不正利用される ⇒ 返金手続 ⇒ カード番号再発行までの流れ

コラム プリペイドカード

不正利用されたVポイントアプリで返金手続 ⇒ カード番号再発行までの流れを解説!

筆者はこれまで2回のカード不正利用があったが、いずれも少額決済だ。

1回目はアメックスのカードで498円が不正利用された。

クレジットカードで身に覚えのない支払が発生! もしかして不正利用? 手口と対処方法などを紹介!

目次1 筆者のクレジットカードが不正利用?!2 ソフトバンクやワイモバイルのYahoo!プレミアム特典の不具合の可能性は?3 クレジットカード会社に電話してカード番号を変更してもらう4 クレジットカー ...

続きを見る

2回目は今回のVポイントアプリで1,200円の不正利用だ。

Vポイントアプリで不正利用?! プリペイドカードでの不正利用後の対応方法は?
やられた! Vポイントアプリで不正利用! プリペイドカードでの不正利用後の対応方法は?

筆者は三井住友カードで貯めたVポイントをVisa加盟店でも利用できるVポイントアプリを利用しているが、何やらVポイントの残高を利用したとプッシュ通知があった。 Vポイントの利用履歴 取引内容は「SUP ...

続きを見る

2回目の不正利用については、Vポイントアプリでカードレスタイプのため、特に新しいカードなどが送られてくる事はない。自動的にカード番号が変わり、返金処理が行われるはずだ。

前回、解決までに1ヵ月程度かかる場合もあるの言われたのだが、実際は1週間以内に電話で連絡があり、不正利用の内容や本人・家族が使ってない事を確認され、返金手続となった。本人確認のため、いくつか質問されて返金だ。

なお、カード番号の変更がされたかがわからないため、不正利用があった時のカード番号は控えておいた方が良いだろう。電話の後にカード情報を確認したところ、事前に控えていた番号と変わっていた。

なお、これでカードが利用できるようになったと思ったのだが、「Vポイントでのお支払い」をONにするとエラーメッセージが表示されてONに切り替えることができない。返金処理が完了してからONにできるのかもしれない。

「Vポイントでのお支払い」をONでエラーメッセージ

「Vポイントでのお支払い」をONでエラーメッセージ

翌日、再度Vポイントアプリを起動すると、残高が変わっていた。しかし、利用履歴は元の通り。数時間後に起動すると、利用履歴に+1,200円と不正利用分が戻ってきていることを確認。

Vポイント残高の返金手続

Vポイント残高の返金手続

この状態で「Vポイントでのお支払い」をONにしようと思っても、まだエラーとなる。

気がついた事として、アプリ下に「設定すると使えます」と表示がある。おそらく、新しいカードになって登録しているApple Payが無効になっているのだろう。

VポイントアプリのApple Payが無効に?

VポイントアプリのApple Payが無効に?

Apple Payから削除して追加。しかし、こちらもエラーとなる。「Vポイントでのお支払い」がOFFになっているから追加できないのか、まだ追加できない状態なのかは不明だ。

VポイントアプリのApple Pay登録エラー

VポイントアプリのApple Pay登録エラー

さらに数日後、Apple Payに登録したところ、正常に登録が完了。これで、Vポイントの一時停止を解除できるのかと思って「Vポイントでのお支払い」をONにしても、またまたエラーで解除できない。いつまでVポイントアプリは使えないのだろうか。

数日経ってもエラーは解消されないため、三井住友カードに電話したところ、一度アプリを削除⇒再インストールして欲しいと。

Vポイントアプリを削除

Vポイントアプリを削除

再インストールすると「すでに登録済みの方」から登録情報を入力してログインする事が可能だ。

Vポイントアプリにログイン

Vポイントアプリにログイン

名前、生年月日、登録済みの電話番号を入力すると、SMSでコードが送られてきて、それでログインできる。

Vポイントアプリを削除⇒ログイン

Vポイントアプリを削除⇒ログイン

残高も復活し、「Vポイントでのお支払いを一時停止中」のメッセージも消えている。なお、Vポイントとの連携が切れてしまっているため、再度Vpassなどでログインが必要だ。

元々、カード番号が変更されたタイミングで一時停止は解除されているようだが、これがアプリに反映されていないのが原因とのことだ。つまり、一時停止中に見えていたが、普通にVポイントアプリの残高を利用できていたようだ。もっと早く確認しておくべきだった。

プリペイドカードは審査も不要で事前チャージの範囲内でしか利用できず、クレジットカードが怖いと言う人にも良い。しかし、不正利用時の返金が明記されていなかったり、上限がある場合などもあり、クレジットカードほど安心できる内容でもない。プリペイドカードを利用する場合は、補償内容まで確認しておいた方が良さそうだ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 約110枚のクレジットカードを保有し、150万円以上の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, プリペイドカード
-, , , , ,

© 2022 ポイ探ニュース