You Are Here: Home » コラム » ファミマTカードでチャージしたFamiPayで公共料金や税金を支払おう!

ファミマTカードでチャージしたFamiPayで公共料金や税金を支払おう!

ファミマTカードでチャージしたFamiPayで公共料金や税金を支払おう!

ファミマTカードと言えば、FamiPayにチャージして使うことができる唯一のクレジットカードである。

公共料金支払うことができる電子マネーはnanacoもあり、リクルートカードやYahoo! JAPANカードからチャージをすることができる。

筆者もファミペイのサービスが開始するまでは、Yahoo! JAPANカードを使ってnanacoにチャージをしていた。

公共料金の支払になぜnanacoからFamiPayに変えたのか、なぜFamiPayを使うのかを今回紹介する。

nanacoからFamiPayに変えた理由

公共料金の支払をnanacoからFamiPayに変えた1つ目の理由は、FamiPayで支払うと、FamiPayボーナスで10ボーナス(ポイント)があるからだ(公共料金によっては就かない場合もある)。nanacoで支払った場合には、nanacoにはポイントの付与が一切ない。

2つ目の理由は、チャージの可能額の下限がFamiPayの場合は1,000円からとなっているからである。nanacoの場合は下限額が5,000円からだ。

3つ目の理由は、ファミペイはスマホの操作が簡単だ。ファミリーマートのアプリを立ち上げて、ホームにあるFamiPayのバーコードの右上にある「チャージ」をタップして「クレジットカードからチャージ」をタップした後、暗証番号を入力して金額を選択して、「チャージする」をタップすればチャージができる。nanacoの場合、筆者はPCからチャージをしていた。簡単で時短もできるので、FamiPayを使っている。

FamiPayでは10万円まで支払える

リクルートカード+nanacoを使うと、リクルートポイントが毎月のご利用金額合計に対して1.2%貯まる。しかし、リクルートカードは月に3万円までのチャージ分しかリクルートポイントが付与されない。

住民税や固定資産税の1回の納付金額が3万円を超えて支払うことが多々ある。また、自身で直接市区町村に納付する税金の種類には住民税、固定資産税、軽自動車税、国民健康保険税がある。直接都道府県に納付する税金には自動車税がある。さらに、国民年金も税金ではないが、直接納付する必要がある。これらを全て納付する場合には、毎月のように納付する必要もあり、1度の納付金額が合計3万円を超えることも多々あるため、リクルートカード1枚で全てを賄うのは難しい部分がある。

そのため、筆者はチャージのポイント還元率が0.5%と大幅に下がってしまうが、ポイント付与の上限額のないファミマTカードを使ってFamiPayにチャージする方法を取っている。

厚生年金や健康保険に入っているサラリーマンの場合は、住民税は会社からの特別徴収、国民年金や国民健康保険税の納付は不要となる。その結果、固定資産税、軽自動車税、自動車税だけが納付する税金の対象となるので、逆にリクルートカード+nanacoで賄うことができる可能性がある。

ファミマTカードを使ってFamiPayにチャージする方法は、チャージした際にポイントが付与されるだけでなく、公共料金の支払をした際にもポイントが付与される。チャージも1,000円からでき、スマホだけで全て操作を完結が可能で、簡単に行うことができる。チャージのポイントは0.5%と低いが、確実にポイントを獲得ができるので、納付するものが多い場合には、ファミマTカード+FamiPayを使って行うことをオススメする。

About The Author

かがやく!子

小学生のころからポイントを収集。当時集めていたポイント…サンリオショップ(4店舗)、マクドナルド(4店舗) 高校生になってからはクラブ・オンカード、大学生になってからは小田急百貨店、京王百貨店、メトロポリタンプラザ(現:ルミネ池袋)、ビックカメラ、さくらや、マツモトキヨシの現金専用のポイントカードを所有。 2005年から2010年までの間に在籍していた大手クレジットカード会社の子会社(グループ再編により現在は閉鎖)にて、クレジットカードを所有しはじめ、クレジットカードのポイントやポイントサイトのポイントも収集するようになる。 社会保険労務士、ファイナンシャルプランナー(2級、AFP)、日商簿記2級、ビジネス実務法務検定2級等多数の資格を所有。

Number of Entries : 69

© 2013 ポイ探

Scroll to top