タカシマヤプラチナデビットカードに外商向けデビットカードが存在した! 高島屋での買い物はタカシマヤプラチナデビットの利用が最強!

クレジットカード特集 コラム デビットカード

タカシマヤプラチナデビットカードに外商デビットカードが存在した! 高島屋での買い物はタカシマヤプラチナデビットの利用が最強!

2021年4月11日

高島屋の外商向けクレジットカード「タカシマヤカード《プレミアム》」は何度か紹介したが、高島屋にはソニー銀行と提携した「タカシマヤプラチナデビットカード」が存在する。

高島屋で最強のカード「タカシマヤプラチナデビットカード」 ポイント還元率が国内どこでも2%! 商品を無料で自宅配送も可能!

年末になりクリスマスプレゼントなどを購入するために百貨店での買い物が増えた。先日、高島屋に行くことがあったため、タカシマヤプラチナデビットカードを利用したので紹介したい。 タカシマヤプラチナデビットカ ...

続きを見る

筆者も保有しているのだが、タカシマヤカード《プレミアム》とタカシマヤプラチナデビットカードで貯まるタカシマヤポイントを統合できないか確認してみることにした。

菊地
タカシマヤカード《プレミアム》とタカシマヤプラチナデビットカードのポイントは統合できますか?
統合はできませんが、紐付けは可能です。紐付けた場合は高島屋での利用額を合算することができるため、タカシマヤプラチナデビットカードを高島屋で100万円以上利用すると、タカシマヤカード《プレミアム》の年会費は無料となります。
高島屋

タカシマヤカード《プレミアム》では、高島屋で100万円利用があると、翌年の年会費が無料となる外商向けのクレジットカードとなり、タカシマヤプラチナデビットカード利用分も含まれるとのことだ。

高島屋の外商カード「タカシマヤカード《プレミアム》」が凄い! 割引を選択することが可能!

目次1 ポイントか割引かを選択できる!2 年間利用額によるボーナスポイントあり!3 年会費優遇がある!4 自宅配送も利用可能! 駐車場優遇サービスもアップ! 百貨店には外商向けのクレジットカードが存在 ...

続きを見る

ただし、高島屋でタカシマヤカード《プレミアム》を年間200万円以上利用した時のボーナスポイントはタカシマヤプラチナデビットカード利用額に対しては対象外となる。ボーナスポイントを考慮しても、高島屋ではタカシマヤプラチナデビットカードを利用した方がおトクだろう。

特に、エルメスやパテック・フィリップなどのブランドはタカシマヤカードを利用しても0%還元。しかし、タカシマヤプラチナデビットカードの場合は2%分のタカシマヤポイントが貯まる。

高島屋でスーパーブランドをタカシマヤカードで購入するメリットはあるの? シャネルは玉川高島屋で買うとおトク!
高島屋でスーパーブランドをタカシマヤカードで購入するメリットはあるの? シャネルは玉川高島屋で買うとおトク!

先日、玉川高島屋でタカシマヤカードを利用した。シャネルで購入したのだが、基本的にシャネルやルイ・ヴィトンなどのスーパーブランドは年間利用実績になるがポイント付与がないと考えていた。 タカシマヤカードの ...

続きを見る

早速、タカシマヤプラチナデビットカードとタカシマヤカード《プレミアム》の統合を行うことに。統合するにはパソコンでの紐付け作業が必要となる。外商員がパソコンを用意し、名前、タカシマヤカード《プレミアム》のカード番号を入力する。入力は必ず本人が行う必要があり、代理で入力してもらう事はできない。

続いて、ソニー銀行のログインページが表示されるため、ソニー銀行のログイン情報でログイン。取引パスワードを入力することで外商向けタカシマヤプラチナデビットカードへの切替が完了する。

『[タカシマヤプラチナデビットカード]外商お得意さま専用カードへの切り替え申し込みを受け付けました』のメールが到着し、専用カードが届くようだ。

タカシマヤプラチナデビットカードの外商向けカード切替メール

タカシマヤプラチナデビットカードの外商向けカード切替メール

実は、タカシマヤカード《プレミアム》よりもタカシマヤカードプラチナデビットカードの方が駐車場の無料時間が長い店舗もあり、基本的にはタカシマヤプラチナデビットカードを利用した方がおトクとなる。

タカシマヤカード《プレミアム》とタカシマヤプラチナデビットカードを併用すると、カードのコンシェルジュデスクとしてはVPCCを利用でき、買い物では外商サービスを利用する事が可能となる。

タカシマヤプラチナデビットカードの外商向けカードはデザインも若干変更となるため、到着後にレポートしたい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, デビットカード
-, , , ,

© 2021 ポイ探ニュース