高島屋でスーパーブランドをタカシマヤカードで購入するメリットはあるの? シャネルは玉川高島屋で買うとおトク!

クレジットカード特集 コラム ゴールドカード

高島屋でスーパーブランドをタカシマヤカードで購入するメリットはあるの? シャネルは玉川高島屋で買うとおトク!

先日、玉川高島屋でタカシマヤカードを利用した。シャネルで購入したのだが、基本的にシャネルやルイ・ヴィトンなどのスーパーブランドは年間利用実績になるがポイント付与がないと考えていた。

タカシマヤカードのサイトでも明記されているため、「考えていた」というよりは基本的にポイントは0%で正しい。

タカシマヤカード《プレミアム》が到着! 外商カードを使ってみた!

目次1 タカシマヤカードによる積み立てサービスのカード番号を変更2 タカシマヤカード《プレミアム》を使ってみた! 先日申し込んだタカシマヤカード《プレミアム》が到着した。特典などは前回の記事を参考にし ...

続きを見る

しかし、1月分の利用明細を確認すると、不思議なポイント数となっていた。200円+773,300円+50,000円の利用だが、SBI証券でのカード積立分に対してはポイントが貯まらない。また、773,300円はシャネルでの利用のため0%。Amazon利用分の200円に対して1%の2ポイントが正しいはずなのだが、7,735ポイント獲得できている。

タカシマヤカードのシャネル利用明細

タカシマヤカードのシャネル利用明細

つまり、773,300円+200円=773,500円にたいして1%の7,735ポイント獲得できている事になる。

実は、スーパーブランドの場合でも、10%や8%の優待はないが、クレジットカード決済分の1%(一般カードは0.5%)が付与されるのが正解で、筆者の認識が間違っていたのかと思い、焦ってカードデスクに電話して確認した。やはり「シャネルなどは年間利用実績としてカウントされるが、ポイントは0%です」との事だ。

では、この1%は何なのか。玉川高島屋の担当者に連絡したところ、何度かやりとりして玉川高島屋のシャネルの場合は年間利用実績にもなり、1%(一般カードは0.5%)のポイントを獲得できるとのこと。他の高島屋の場合は年間利用額にカウントされるが0%。これは、担当者も知らなかったようで、かなり百貨店のテナント契約が複雑なのだろう。従って、高島屋でシャネルを買う場合は玉川高島屋で買うのがおトクとなる。

年間利用実績 ポイント
玉川高島屋のシャネル 1%(一般カードは0.5%)
それ以外の高島屋のシャネル 0%
高島屋以外のシャネル × 1%(一般カードは0.5%)

なお、玉川高島屋でのルイ・ヴィトンの場合は、年間利用実績にはならないが1%(一般カードは0.5%)のタカシマヤポイントを獲得できるが、他の高島屋のルイ・ヴィトンはポイントは0%だが年間利用実績になる。

年間利用実績 ポイント
玉川高島屋のルイ・ヴィトン × 1%(一般カードは0.5%)
それ以外の高島屋のルイ・ヴィトン 0%
高島屋以外のルイ・ヴィトン × 1%(一般カードは0.5%)

これは、どこかで公開されているのかを聞いてみたが、公開されている情報はないという事だ。高額商品を購入する前にはレジでポイントについて聞いてみた方が良いだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, ゴールドカード
-, ,

© 2021 ポイ探ニュース