You Are Here: Home » コラム » 実は日系エアラインよりおトク? 外資系マイレージプログラムに挑戦!

実は日系エアラインよりおトク? 外資系マイレージプログラムに挑戦!

実は日系エアラインよりおトク? 外資系マイレージプログラムに挑戦!

前回の記事では、ANA/JALのマイルを利用してアライアンス他社の特典航空券を発券する方法を解説した。「つまりは、エアラインさえ共通なら海外の航空会社のマイルを使ってANAやJALの特典航空券も発券できるの?」という疑問が生じる。答えはYESだ。海外の航空会社にマイルを貯めて使うこともできる上、場合によってはANA/JALにマイルを貯めるよりも有利になることもある。今回は利用しやすい外資系マイレージプログラムについて解説しよう。

1.ユナイテッド航空
?提携カードが多く、効率よく貯めやすいプログラム?

アメリカの航空会社で、ANAと同じスターアライアンスに属している。マイルの有効期限は18ヵ月だが、期限内にマイルの変動(搭乗マイルだけでなく、クレジットカードなどによる変動でも可)があれば有効期限を延長できるので、実質無期限で貯められる。提携カードも数多く発行されており、MileagePlus MUFGカード・ゴールドプレステージであれば、100円=2マイルの高レートで貯めることが可能だ(楽Pay登録時)。

ANA国内線は往復20,000マイル必要(片道は半分のマイル数)だが、ANAマイルを利用した発券と違い、乗継便の発券が可能だ。例えば、羽田→福岡→対馬といった路線を1区間分のマイルで発券可能なのだ。国際線はANAよりも必要マイル数が多めに設定されているが、原則として燃油サーチャージがかからない(ANAは特典航空券にも燃油サーチャージがかかる)分おトクだとも言える。2015年からユナイテッド航空便搭乗の際のマイル積算ルールが飛行距離ベースから航空券の金額ベースに変更になるので、その点は注意が必要だ。もっとも、陸マイラーには関係が無い。

2.ブリティッシュ・エアウェイズ
?むしろJAL国内線でおトクなプログラム?

イギリスの航空会社で、JALと同じワンワールドに属している。マイルの有効期限は36ヵ月だが、期限内にマイルの変動(搭乗マイルだけでなく、クレジットカードなどによる変動でも可)があれば有効期限を延長できるので、実質無期限で貯められる。また、ANA/JAL同様に家族のマイルを合算して利用することができるのも利点だ。ブリティッシュ・エアウェイズの魅力は、多くのJAL国内線(飛行マイルが650マイル以内)が9,000マイルと少ないマイル数で発券可能なことだ。650マイル以内ならば国際線でも可能なので、関空⇔ソウルなども同じマイル数で発券可能になる(別途燃油サーチャージが必要)。残念ながら提携クレジットカードは発行されていないが、アメリカン・エキスプレスのカード(スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードでも可能)を使えば、日常の買い物で貯めることが可能だ。

 

今回は比較的使いやすいと思う2社を紹介した。欧米系の航空会社はマイルの期限が無い、もしくは延長できるものが多い。また、不足分のマイルを購入する(バイマイル)ことができる会社もあり、キャンペーンを利用すれば安く購入することが可能だ(ブリティッシュ・エアウェイズでは8/31まで35,100マイルを768ドルで購入できるキャンペーンをやっていた)。これらのキャンペーンは不定期に開催されているので、航空機を利用する予定があるならば狙ってみても面白い。

ここまで書いておいて、と言われそうだが、日本国内で生活する以上は日本の会社であるANA/JALで貯めていくのが最も貯めやすいと思う。筆者もANA/JALのマイルを貯めている。陸マイラーの場合、外資系航空会社のマイルをためていくのもオプションのひとつ、と捉えておくといいだろう。

3回に分けて紹介した外資系マイレージに関する記事。

  1. マイルを使って飛行機に乗ろう! ?特典航空券をうまく発券するには??
  2. 実は日系エアラインよりおトク? 外資系マイレージプログラムに挑戦
  3. 魅惑の外資系マイレージ! ?番外編?

About The Author

tidaliathan

クレジットカード、電子マネー、ポイントカード、マイレージプログラムが理由もなく好きです。知識とデジタルデバイスを駆使してより満足度の高い支出をすることをモットーとしています。クレジットカードは10枚以上使用していますが、メインで使っているのはコスト・ベネフィット比に優れる(と思っている)セゾンプラチナカードとソラチカカードです。ステータスマッチ、バイマイル、株主優待なども守備範囲です。

Number of Entries : 24

© 2013 ポイ探

Scroll to top