You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » アメックスのメタル製プラチナ・カードが到着! 固定費の引落カードを変更

アメックスのメタル製プラチナ・カードが到着! 固定費の引落カードを変更

アメックスのメタル製プラチナ・カードが到着! 固定費の引落カードを変更

先日返信したアメックスのメタル製プラチナ・カードが届いた。金属製カードのためずっしりしている。実際に重さを量ってみたところ17gだ。以前、紹介したものはサンプルカードとなっていたため15gだったが、実際はもう少し重かったようだ。

なお、通常のクレジットカードは5gのため、メタル製プラチナ・カードは3倍程度の重さとなる。

同じ金属製のクレジットカードのラグジュアリーカードは22gのため、それから見ると5g程度軽い。ラグジュアリーカードの方がしっかりした金属の感じがして、ほとんど曲がることも無い。メタル製のプラチナ・カードは、手で若干曲がる素材となっている。

さて、送られてきた箱のカードの下には「プラチナ・カードをお届けします」の紙のほか、「Benefit Guide」「カード会員規約」「カードご利用の手引き & 保険規定集」、「セカンド・プラチナ・カード申込書」と「セカンド・プラチナ・カード申込書返信用封筒」が入っていた。

「Benefit Guide」は、2018年10月15日(月)に変更となった点が書かれている。

プラチナ・カードの場合、カード番号の異なるクレジットカード「セカンド・プラチナ・カード」を持つことができる。例えば、海外で利用するときにメインカードを利用して、盗難被害などにあった時に、固定費などの引落カード番号を全部変更しなければならなくなるため、海外ではセカンド・プラチナ・カードを使うと言うのもおすすめだ。

また、今回はプラスチック製カードからメタル製のカードに変更する際には、カード番号が変わるため、プラスチックカードをそのままにした人もいるかもしれない。しかし、次回のプラチナ・カード更新時にはメタル製のカードに自動的に切り替わる。

金属製のクレジットカードは、券売機などで利用できない場合もある。ATMなどでクレジットカードが使えなくなると困ることあるため、セカンド・プラチナ・カードを申し込んでおいた方が良いだろう。メインカードがメタル製のカードになったとしても、セカンド・プラチナ・カードはプラスチック製のカードとなる。同封されていた「セカンド・プラチナ・カード申込書」で簡単に申し込むことが可能だ。

まだ、切替同意書も送られていない場合もあるが、保有しているクレジットカードの有効期限順に送られるため、待つしか無いようだ。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 849

© 2013 ポイ探

Scroll to top