コラム 電子マネー

AI搭載レジのワンダーレジで買い物してみた! 商品を置いてSuicaで払うだけ!

2019年6月7日

ワンダーレジを使ってみた!

JCBは、2019年4月よりサインポスト社が開発したAI搭載レジ「ワンダーレジ」を高田馬場オフィスに本格導入した。端末に商品を並べると商品が画像認識され、QUICPayで決済できると言う仕組みだ。

JCB、人工知能搭載レジの本格導入を開始

JCBは、2019年4月よりサインポストが開発した人工知能搭載レジ「Wonder Register(ワンダーレジ)」をJCB高田馬場オフィスで本格導入した。 2018年9月28日(金)~2019年3月 ...

続きを見る

このワンダーレジは浜松町の世界貿易センタービルディングにある生活彩家でも設置されている。今回は、山手線を利用する機会があったので、途中下車してワンダーレジを使ってみることにした。

世界貿易センタービルディングは浜松町駅と直結となる。駅を出て、世界貿易センタービルの地下1階で生活彩家を探す。

入口付近に「無人AIレジ」とあり、下には無人AIレジの操作手順が書かれている。右横に「楽天ポイントはつきません」とあるが、生活彩家では楽天ポイントカードを提示すると100円(税込)につき楽天スーパーポイントが1ポイント貯まる。しかし、無人AIレジを使う場合はカードを読み込ませることができないため、楽天スーパーポイントを貯めることはできないと言う事だ。

今回の目的はあくまでもワンダーレジで商品を買うこととなるため、店内の商品を選び買ってみることにした。

選んだ商品は缶コーヒー、水、塩分チャージ、果汁グミのマンゴーの4点。缶コーヒーはサイズだけでは銘柄まではわかりにくく、果汁グミは複数の味があるため、きちんと認識できるかを確認するために購入した。

商品を置いて「お会計に進む」をタップする。

1~2秒程度で画面に商品名が表示される。4個の商品名を確認すると、果汁グミのマンゴーまで正確に認識していることがわかった。

続いて、「タッチしてください」をタップし、「音がなるまでタッチ!」の箇所に交通系ICカードをかざす。今回はSuicaをかざすことにした。

「お会計が終了しました」と表示されたら、商品を袋に入れて持って帰るだけとなる。

レシートが必要ならレシートも発行することが可能だ。

今回は認識しやすいようにきれいに並べて置いたが、重なっていたりする場合はやはり認識しないこともあるようだ。なお、新聞などでもきちんと銘柄まで判断できるとのこと。

JCBに設置されているワンダーレジは、やはりQUICPayでの決済となるが、基本的にはSuica等の交通系ICカードでの決済となる。

ワンダーレジ以外の無人レジもたくさんある!

無人レジにも様々なタイプがあり、ローソンではアプリで商品バーコードをスキャンすることで購入できる「ローソンスマホペイ」がある。

ローソンスマホペイで決済してみた ポイント3倍キャンペーンも

ローソンは、2018年4月23日(月)より、東京都内の3店舗限定でスマートフォンによるセルフレジサービスを開始した。 メディア向けにローソン晴海トリトンスクエア店で店舗撮影会を実施していたので行ってみ ...

続きを見る

東京ガールズコレクションでOrigami Payが提供していたサービスは、商品全てにRFIDタグをつけて、それを読み取るというレジだ。これは商品にタグをつけなければならない。

東京ガールズコレクション(TGC)のオフィシャルグッズをOrigami Payで払ってみた

2018年3月31日(土)に横浜アリーナで東京ガールズコレクション(TGC)が開催された。 TGCでは、オフィシャルグッズ販売でOrigami Payが導入されたと言うことで行ってみることに。 まず、 ...

続きを見る

RFIDタグをつけるタイプでは無人コンビニの「600」もある。クレジットカードを通して商品を取り出すと、後日クレジットカードからの引き落としとなる。

600、オフィス向け無人コンビニ「600」を正式展開 商品代金は後日カード決済に

600は、2018年6月18日(月)より、無人コンビニエンスストアサービス「600(ろっぴゃく)」を正式展開した。 600にクレジットカードを通すと、中にある商品を取り出すことが可能だ。すべての商品に ...

続きを見る

赤羽駅ではサインポスト社のスーパーワンダーレジでの実証実験も行われた。こちらは、Amazon Goに近く、店舗全体が完全無人店舗となり、消費者側の負担が一番少ないタイプとなる。

赤羽駅にAIを活用した無人決済店舗が登場! Suica等の交通系ICカードで素早く決済

2018年10月17日(水)から2ヶ月間、赤羽駅にAIを活用した無人決済店舗が誕生する。営業時間は10時~20時まで、土日祝日は休みだ。 赤羽駅の5、6番ホーム上にあったKIOSK跡地を無人決済店舗と ...

続きを見る

サンフランシスコで無人レジの「Amazon Go」を体験! 本当に買った商品数は合っている?

目次1 Amazon Goとは?2 Amazon Goアプリの初期設定3 Amazon Goに行ってみた!4 Amazon Goで買った商品は合っている?5 Amazon Goは万引きもできない6 A ...

続きを見る

今後も様々なタイプの無人レジが誕生し、キャッシュレスでおトクな買い物ができるようになるはずだ。しかし、Amazon Goが現金対応したように、今後、これらの無人レジが現金対応することになるかもしれない。無人レジが増える=キャッシュレス化が進む、と言う事にならない可能性もありそうだ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, 電子マネー
-, , , , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース