2021年6月以降でも公共料金などの支払いで1%分の楽天ポイントを貯める方法とは?

クレジットカード特集 コラム デビットカード

【訂正】2021年6月以降でも公共料金などの支払いで1%分の楽天ポイントを貯める方法とは?

2021年6月以降に楽天カードで公共料金や税金などの支払いで1%還元が0.2%還元に改悪となる。改悪を紹介すると非常にアクセスが多かったため、かなりのインパクトだったようだ。

楽天カード、税金や公共料金は500円につき1ポイントに改悪
楽天カード、税金や公共料金は500円につき1ポイントに改悪

楽天カードは、2021年6月利用分より、公共料金や税金などは、100円に付き1ポイントではなく、500円に付き1ポイント還元に変更すると発表した。 公共料金(電気・ガス・水道)、税金(国税・都道府県税 ...

続きを見る

今回、2021年6月以降でも公共料金の支払いで1%分の楽天ポイントを獲得できる方法を紹介したい。

楽天カードを楽天銀行で引き落としに設定している場合は、楽天銀行デビットカードを入手しよう。楽天銀行デビットカードの年会費は無料で審査もない。

入手後に電気・ガス・水道など、楽天カードでポイントが0.2%還元になる支払いを楽天銀行デビットカードに変更する。一部支払いができない場合もあるが、基本的には楽天銀行デビットカードも公共料金の支払いに設定可能だ。楽天ポイントも貯まるとあり、2021年6月以降は0.2%に変更されるという記載もない。

基本的には公共料金の支払いでもデビットカードは利用できる

基本的には公共料金の支払いでもデビットカードは利用できる

税金に関しては掲載されていないが、ブランドプリペイドカードなどでも支払うことができるため、楽天銀行デビットカードでも支払う事ができるだろう。

楽天銀行デビットカードに切り替えたときに注意しなければならないのが銀行口座残高だ。楽天カードの場合は引き落とし日は1日のみだが、公共料金の支払いタイミングが複数あると、銀行口座残高を常に注意しておく必要がある。

なお、楽天銀行デビットカード(JCB)の場合、楽天カード(JCB)では利用できないJCBコンタクトレス(タッチ決済)も利用できると言うメリットもある。

楽天銀行デビットカード(JCB)はタッチ決済も可能

楽天銀行デビットカード(JCB)はタッチ決済も可能

2021年3月6日 10時

JCBブランドのみポイント付与と記述しておりましたが、Visa・Mastercardブランドも1%のポイントが貯まりいます。訂正いたしました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, デビットカード
-, ,

© 2021 ポイ探ニュース