You Are Here: Home » コラム » マイレージ » JAL(日本航空) » 約15万円で行くファーストクラス世界一周の旅 JALとマイレージプラスの特典航空券をフル活用(中編)

約15万円で行くファーストクラス世界一周の旅 JALとマイレージプラスの特典航空券をフル活用(中編)

約15万円で行くファーストクラス世界一周の旅 JALとマイレージプラスの特典航空券をフル活用(中編)

JALのマイルとユナイテッド航空のマイルを活用した世界一周の旅。前回はJALマイルを利用して成田—ドバイ−フランクフルトをエミレーツ航空A380ファーストクラスで乗り継いで来た。

区間 航空券 航空会社 搭乗クラス 費用
第1区間 成田-ドバイ JAL特典航空券 エミレーツ航空 ファーストクラス 約8,100円
第2区間 ドバイ-フランクフルト JAL特典航空券 エミレーツ航空 ファーストクラス
第3区間 フランクフルト-バルセロナ 航空券購入 ルフトハンザ航空 エコノミークラス 約19,000円
第4区間 ビオバオ-フランクフルト ユナイテッド航空特典航空券 ルフトハンザ航空 ビジネスクラス 約8,800円
第5区間 フランクフルト-ニューヨーク ユナイテッド航空特典航空券 ルフトハンザ航空 ファーストクラス
第6区間 ニューヨーク-羽田 JAL特典航空券 JAL ファーストクラス 約7,700円

今回は第3区間のフランクフルト-バルセロナから第5区間のフランクフルト-ニューヨークまでを紹介する。

それぞれの区間の感想:フランクフルト-バルセロナ

フランクフルト-バルセロナ間は今回唯一のエコノミークラス区間である。そして唯一マイレージを使わず通常の航空券を買う方法で飛んだ区間でもある。

なぜか。まず、このフランクフルト-バルセロナはフライト時間が2時間と短いためファーストクラス設定が無い。そしてこの様な短い区間をマイレージで予約するのはマイル単価を考えるとおトクではないからだ。

ファーストクラスをマイルで予約する場合1マイルの価値はだいたい15円程になる。エコノミークラスをマイルで予約する場合、1マイルあたりの価値は1~2円程度にしかならない。エコノミークラスをマイルで予約することはマイルの価値を下げるのでオススメは出来ない。

バルセロナで恩師と合流

バルセロナでは高校時代、担任の恩師と夕飯だけ合流した。

何を隠そう、この恩師は現在、筆者のマイル術の弟子でもある。毎年筆者がファーストクラスで旅行に出かけるのをFacebookで見かけ、不審に思い、筆者に連絡をしてきた。筆者はネット上に公開されているポイントサイトの使い方、ポイントの交換の仕方を教えた。今まで友人、知人何十人と教えて来たが、きちんと毎月クレジットカードを契約したり、FX口座を作り続けたのはこの恩師、現弟子だけである。

バルセロナで数日過ごした後、食の都サン・セバスチャンに電車で向かった。サン・セバスチャンはミシュランの星付きの店が世界一の密度で点在することで知られる美食の街である。しかもリーズナブルな店も多く、星付き以外の店でも美味しいものが安く食べられる。

特に立ち飲み居酒屋ではカウンターに乗っているピンチョスと呼ばれる小皿料理を自分で手に取り、会計をするという手軽さである。ヨーロッパのレストランは文字情報だけのメニューを渡されて頼んだ料理と、出てきた料理のイメージの違いに苦しむ時がままあるが、スペインのバル(立ち飲み居酒屋)ではその心配はない。味も見た目通りに美味しいものが多い。

それぞれの区間の感想:ビルバオ-フランクフルト

この区間はビルバオ-フランクフルト-ニューヨークをユナイテッド航空のマイレージで片道一区間として予約した。ビルバオ−フランクフルト間はルフトハンザのビジネスクラス。ルフトハンザの欧州内移動のビジネスクラスは簡易ビジネスクラスである。座席の配置はエコノミーと同じで、3-3の配列のうち真ん中の座席を強制的に開ける疑似2-2の配列にする。

2時間程度のフライトで正直なところエコノミーでもかまわないのだが、せっかくマイレージで安く取れるので乗ってみた。

それぞれの区間の感想:フランクフルト-ニューヨーク

実はこの路線は13:20発。フランクフルトには前日の夜21:05に到着している。トランジットの間が開いているので一旦空港の外に出て東横インフランクフルト中央駅前に宿泊している。

このフランクフルト駅前の東横イン、一泊なんと39ユーロで宿泊することができる。しかも朝食付き。しかもしかも、東横インの会員になると37ユーロまで安くなる。駅から徒歩3分程度。清潔な宿に泊まれれば十分という価格重視の旅行客にはオススメだ。

フランクフルト国際空港からルフトハンザのファーストクラスで飛ぶ場合、ファーストクラス専用ターミナルが利用できる。2017年の5月にマイル利用で親孝行旅をして以来のファーストクラス専用ターミナルだ。前回利用時は失敗したこと一つ、できなかったこと一つがあったのでそれぞれリベンジした。詳細については前回の記事を参考にして欲しい。

失敗。前回利用時にファーストクラス専用ターミナルで餃子と味噌汁を注文した。アジア系の料理があまり得意でないシェフが調理したのか? 期待はずれの味だったので、今回は素直にステーキを注文。付け合せのサラダ、ステーキともに美味しくいただけた。

前回利用時は朝の8時ということもあり、注文できるメニューが少なかった。また、お酒を注文しづらい雰囲気であった。今回は昼前ということもあり、注文できるメニューも増え、座席に着くとシャンパンをすすめられた。

できなかったこと。前回ファーストクラス専用タワーではバスタブのシャワールームを利用したかったが、先客がいたために利用できなかった。今回はバスタブ付きのシャワールームを利用することができた。このバスタブ、お湯を張ることもでき、久しぶりの湯船を楽しむことができた。

ファーストクラス専用ターミナルから飛行機までは車で送ってもらえる。今度こそは、ポルシェで送ってほしかったが、今回は同じ便にのるファーストクラスの乗客が4人いたため、前回と同じく大型バンタイプのメルセデスベンツVクラスとなった。ポルシェでの送迎は次回以降のお楽しみとする。

ルフトハンザのファーストクラスは今回で3回目の搭乗となる。もちろん毎回マイレージ利用であり、今回も諸々含めて8,800円程度でフランクフルト-ニューヨーク間をファーストクラスで飛べる。今回はユナイテッド航空のマイレージを利用している。ユナイテッド航空のマイルは片道利用が可能なため、今回はこの区間のみスターアライアンスの航空会社を利用した。機材はB747、通称ジャンボジェットと呼ばれる大型機だ。ファーストクラスは1階部分の飛行機最先端部分に配置される。ファーストクラスの2列目まではパイロットのコックピットより進行方向前方に座ることになる。

パイロットと言えば、ルフトハンザの便は毎回出発前にファーストクラスキャビンに、機長が挨拶に来る。機長の後にこれまた毎回チーフパーサーが挨拶に来るのだが、毎回男性だ。日本でチーフパーサーといえば女性だが、ルフトハンザ、ドイツではチーフパーサーは男性が当たり前なのだろうか?

ルフトハンザのファーストクラスに乗る度に思うのだが、ルフトハンザの機内食に期待してはいけない。それがファーストクラスであっても。今回のトンデモ料理はパスタ。飛行機に乗る前のファーストクラス専用ターミナルでステーキを既に頂いたので機内食のメインはパスタにした。しかしコレがひどい。レンジで加熱しすぎたのか? 一部の麺がかた焼きそばのように干からびている。

何度も言うが、機内では火を調理に使えない。電子レンジ等で調理をするのはキャビンクルーだ。彼らは訓練を受けているとはいえ、調理のプロではない。美味しいものが食べたければ地上でプロのシェフが作ったものを食べたほうがいいだろう。

まだマイレージ利用のファーストクラス世界一周は続く。次回は、第6区間のニューヨーク-羽田までを予定している。

About The Author

ファーストクラス陸マイラー

アメックスのポイント10万ポイントが当たり初めてファーストクラスに乗る。 以来、格安のコストでファーストクラスに乗ることに目覚める。基本的にポイントの使いみちはマイレージに交換して、国際線ファーストクラス利用。これまでファーストクラスはANA 3回、エティハド航空 2回、ルフトハンザ航空 1回利用。ビジネスクラスはANA 2回、エティハド航空 2回、スカンジナビア航空 1回利用。 現在はJALマイルも貯めて、ワンワールド系のファーストクラス飛行も計画中。

Number of Entries : 10

© 2013 ポイ探

Scroll to top