クレジットカード特集 コラム 一般カード

Reader's Cardの国際ブランドがVisaからMastercardに変更 Apple Payでのアプリ決済やネット決済も可能に

2017年10月10日

Extreme Card(エクストリームカード)が終了し、Reader's Card(リーダーズカード)に統合。2017年10月10日(火)より、Reader's CardポイントからGポイントへの交換が開始した。

このルートを確認している時に気がついたのが、Reader's Cardの国際ブランド変更だ。従来、Reader's Cardの国際ブランドはVisa。ほとんどのジャックスが発行していた超高還元率カードはVisaとなっており、漢方スタイルクラブカードのみがVisaとJCBを選択できていた。

この国際ブランドがVisaというカードの制限として、Apple Payに登録しても、アプリ決済やネット決済で利用できなかった。

新たなREX CARDとReader's Cardは、還元率は1.25%で同じ。年会費がREX CARDは無料に対して、Reader's Cardは初年度無料、2年目以降が2,500円(税抜)となる。ただし、年間利用額が30万円以上の場合は無料になるという、条件付き無料カードとなっている。

つまり、還元率と年会費だけを考えると、REX CARDの方が有利となる。しかし、Reader's Cardの国際ブランドがMastercardブランドに切り替わったことで、モバイルSuicaチャージをWALLETアプリだけで完結できたり、Yahoo!ショッピングが対応すると言われているApple Pay決済も利用できるというメリットが生まれた。

Reader's Cardはnanacoチャージでもかろうじてポイントを獲得することもでき、電子マネーでも活用するのであれば、REX CARDよりもReader's Cardの方が使いやすいだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, 一般カード
-, , , , ,

© 2021 ポイ探ニュース