楽天ポイントの税込から税抜の変更でどんな影響が出るの? 獲得ポイントは減少

コラム 共通ポイント

楽天ポイントの税込から税抜の変更でどんな影響が出るの? 獲得ポイント数はどれだけ減少する?

2021年10月3日

楽天ポイントの付与ルールが2022年4月以降変更となる。

楽天ポイントの付与ルールが変更 消費税をポイント付与対象に含まないに
楽天ポイントの付与ルールが変更 消費税をポイント付与対象に含まないに

楽天ポイントは、2022年4月1日(金)より、一部サービスのポイント付与ルールを変更する。 変更前は消費税をポイント付与対象金額に含んでいた物が、変更後は消費税をポイント付与対象に含まないように変更さ ...

続きを見る

変更前は消費税をポイント付与対象金額に含んでいたが、変更後は消費税をポイント付与対象に含まなくなる。

従来は楽天市場で100円(税込)につき1ポイント、変更後は100円(税抜)につき1ポイントだ。それほど変わらないようにも見えるが、非常に大きな変更だ。

例えば、Panasonic NA-VG750L マットホワイト Cubleの204,800円の商品をカートに入れてみる。筆者の場合の獲得予定ポイントは16,384ポイントだ。8倍のため、1倍分を計算すると2,048ポイントとなる。204,800円(税込)に対してのポイントとなるため、○倍というのは基本ポイントを基準としての計算だ。

現在の楽天ポイントは税抜にたいするポイント付与

現在の楽天ポイントは税抜にたいするポイント付与

続いて、変更後の影響を考えて見る。204,800円の税抜価格は186,182円だ。変更後は税抜価格にたいして100円につき1ポイントとなるため1,861ポイントが1倍分だ。8倍となると14,888ポイントの獲得となる。変更前は16,384ポイントの獲得のため、変更前と変更後では1,500ポイント程度の差が出てくる。

購入額が増えると獲得できるポイント数も大きくなり、意外と大きな変更という事がわかるだろう。

なお、SPUの楽天カードの計算は、楽天カードのポイント付与ルールは変更ない事が書かれているため、おそらく楽天カードでの決済分については従来通りの100円(税込)につき1ポイント、楽天カードの+1倍(プレミアムカード以上は+3倍分)については、100円(税抜)につき1ポイントになるのではないだろうか。

楽天カードは変更後も税込にたいするポイント付与

楽天カードは変更後も税込にたいするポイント付与

具体的に、現状と2022年4月以降でどのように変更となるかを確認してみたい。ある月の購入履歴を抜き出してみた。

■税込でのポイントの場合(現状)

1ヵ月間の購入金額(税込) クーポン利用 1倍分のポイント クーポン除く1倍分のポイント
1,480円 0円 14ポイント 14ポイント
9,018円×2 -901円×2 180ポイント 162ポイント
2,200円 0円 22ポイント 22ポイント
合計19,914円 合計216ポイント 合計198ポイント

■税抜でのポイントの場合(2022年4月以降)

1ヵ月間の購入金額(税抜) クーポン利用 1倍分のポイント クーポン除く1倍分のポイント
1,346円 0円 13ポイント 13ポイント
8,350円×2 -835円×2 166ポイント 150ポイント
2,000円 0円 20ポイント 20ポイント
合計18,376円 合計199ポイント 合計183ポイント

楽天モバイルと楽天証券の+1倍分は、それぞれ216ポイントだが、楽天ブラックカードの+3倍分はクーポンを引いた金額に対するポイントとなるため198ポイント×3=594ポイントの獲得だ。

SPUの楽天カード、楽天モバイル、楽天証券などのポイント

SPUの楽天カード、楽天モバイル、楽天証券などのポイント

2022年4月以降の税抜でのポイントの場合は、楽天モバイルと楽天証券の+1倍分は、それぞれ199ポイントとなり、楽天ブラックカードの+3倍分は183ポイント×3=549ポイントだ。

楽天銀行+楽天カードの+1倍分もクーポンを引いた金額に対するポイントのため198ポイントとなる。

SPUの楽天銀行+楽天カード特典は1ヵ月遅れ

SPUの楽天銀行+楽天カード特典は1ヵ月遅れ

2022年4月以降の場合は、183ポイントの獲得となり、ここまでのポイントの差は以下のようになる。

変更前 変更後
通常分 216ポイント 199ポイント
楽天モバイル分 216ポイント 199ポイント
楽天証券分 216ポイント 199ポイント
楽天プレミアムカード以上の+3倍分 594ポイント 549ポイント
楽天銀行+楽天カード分 198ポイント 183ポイント
合計 1,440ポイント 1,329ポイント

なお、上記の商品購入時の通常の楽天カード決済分は、楽天市場利用分の19,914円に加え、楽天ペイで45,684円、楽天証券での積立で48,752円の合計114,350円となり、獲得ポイントは1,143ポイントだ。これについては、2022年4月以降も税込のままで、獲得ポイント数は同じになるのではないだろうか。

楽天カードの通常決済分

楽天カードの通常決済分

1ヵ月で2万程度の支払いでも獲得ポイント数が大きく変わることがわかり、大きな改悪だろう。

ただし、筆者が良く利用している「楽天ふるさと納税」は非課税のため、今回のポイント付与ルールの変更はない。ふるさと納税についてはまだまだメリットはありそうだ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 約110枚のクレジットカードを保有し、150万円以上の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, 共通ポイント
-, , , , , , , ,

© 2022 ポイ探ニュース