ラグジュアリーカードの更新カードが到着! 期限切れのカードは郵送

クレジットカード特集 コラム ブラックカード

ラグジュアリーカードの更新カードが到着! 期限切れのカードは返送する必要が

ラグジュアリーカードの有効期限切れのため、新しいカードが届いた。

古いカードと新しいカードでは若干違いがあり、1つ目の違いはMastercardのロゴだ。ロゴの下にある「mastercard」と表記されている方が新しいロゴ、ロゴの中に「MasterCard」とあるのが旧ロゴだ。

Mastercardのロゴ(上が新、下が旧)

Mastercardのロゴ(上が新、下が旧)

2つ目が光沢の違いとなる。一番上の写真ではあまり違いがわからないが、下の写真を見比べて欲しい。左が新しいカード、右が古いカードだが、写真を撮っているスマホの写り込みが違うことがわかる。新しいカードははっきりと映り、古いカードはほとんど映らない。

ラグジュアリーカードの新しいカードは鏡のよう

ラグジュアリーカードの新しいカードは鏡のよう

利用した年数が違うこともあるが、新しいカードは鏡のように映り込むのが特徴だ。ただし、少し触っただけで指紋が付いてしまうので扱いは難しい。

このように、有効期限切れで新しいカードが到着したときに、新旧のカード券面を比較すると、若干の違いがあったり、大きくデザインが変わったりしている事がある。すぐにハサミを入れずに比較すると意外と面白い。

なお、ラグジュアリーカードは金属製のカードとなるため、ハサミを入れることができない。

更新カードの案内にもあるように、同封されている台紙にはめて、返送する必要があるので、返送を忘れずに。

ラグジュアリーカードはハサミを入れられないため郵送

ラグジュアリーカードはハサミを入れられないため郵送

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, ブラックカード
-,

© 2021 ポイ探ニュース