東急カードなどの利用で入会できる「TOKYU ROYAL CLUB」向けの会員誌「Fino(フィノ)」の内容とは?

クレジットカード特集 コラム

東急カードなどの利用で入会できる「TOKYU ROYAL CLUB」向けの会員誌「Fino(フィノ)」の内容とは?

東急グループのサービスを利用すると入会できるのがTOKYU ROYAL CLUBだ。多くは、クレジットカードのゴールドカード以上の利用者向けに会員誌が送られてくるのだが、TOKYU ROYAL CLUBは東急カード会員以外でも送られてくる。

何とか達成して入手した東急カード会員向け「TOKYU ROYAL CLUB」の特典とは?

目次1 TOKYU ROYAL CLUBとは?2 TOKYU ROYAL CLUBの必須条件とは?3 TOKYU ROYAL CLUBのシルバーステージクリア! 早速申し込み4 TOKYU ROYAL ...

続きを見る

今回は、TOKYU ROYAL CLUBの会員誌である「Fino(フィノ)」を紹介する。

Fino(フィノ)が無料で送られてくる会員とは?

東急グループのサービスを利用すると利用状況に応じてシルバーからプラチナのランクが決定する。シルバー以上の会員であれば無料で会員誌が送られてくる。

このTOKYU ROYAL CLUBの入会条件はハードルは高く、東急グループのサービスをそれなりに利用しなければ入会することができない。

なお、2021年度にはステータスの見直しがあり、従来はシルバー、ゴールド、プラチナの3段階だったが、シルバー、ゴールド、クリスタル、プラチナの4段階になる。

TOKYU ROYAL CLUBが2021年度にリニューアル 新ステージの「クリスタル」が追加
TOKYU ROYAL CLUBが2021年度にリニューアル 新ステージの「クリスタル」が追加

TOKYU ROYAL CLUBが2021年4月以降にリニューアルとなる。TOKYU ROYAL CLUB会員向けに案内があった。 TOKYU ROYAL CLUBは東急グループの利用状況に応じて入会 ...

続きを見る

Fino(フィノ)の内容・特徴は?

構成は「TRAVEL」「FOOD」「CULTURE」に加え、「REGULARS」としてコラムが用意されている。紙面の構成自体は他のゴールドカードなど向け会員誌と変わらないが、旅行や食などもそれほど豪華なものではい。他の会員誌の場合は、豪華な宿泊プランなどもセットで紹介されている旅行情報となるが、Finoの「TRAVEL」では観光地の紹介でもなく、ふらっと行きたくなるような旅情報が紹介されている。

また、東急グループのための情報誌となるため、「TRAVEL」には沿線のエリア紹介がある場合も。身近な情報が掲載されており、非常に読みやすい。

食については、自宅でできるレシピも掲載されており、2021年1月は「餅」、2月は「薬膳スープ」、3月は「餃子」となる。全てレシピも掲載されており、薬膳スープは冷えに効果的なスープ、風邪のひき始めのスープなど、実用的な作りになっている。

誌面の後ろの方では、東急グループでの特典や会員向けのチケット案内、プレゼント情報などが掲載されている。オンラインの専用サイトで応募することが可能だ。


筆者は、東急カードでPASMOのオートチャージ設定をしたり、東急電鉄の株を購入したり、子供のサッカー教室に入会したことで3つのカウントを獲得したため、シルバーの条件を満たしていた。しかし、子供がサッカー教室を辞めたために、おそらく次回の更新はないだろう。

3つのカウントを続けるために東急ベルのサービスを申し込もうと思っていたが、新型コロナウイルスの影響で忙しいのか1回の体験後に連絡がない。TOKYU ROYAL CLUBのサービスが変わらなければ、東急グループのサービスを追加する必要はないのだが、プラチナカードやブラックカードなどの特典も定期的に見直しがあるため、やはり新型コロナウイルスが落ち着いてから、再度、東急ベルに連絡してみることにする。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム
-, , ,

© 2021 ポイ探ニュース