You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » ダイナースクラブ プレミアムカードにMastercardワールドエリート特典が付く「ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカード」の案内開始

ダイナースクラブ プレミアムカードにMastercardワールドエリート特典が付く「ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカード」の案内開始

ダイナースクラブ プレミアムカードにMastercardワールドエリート特典が付く「ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカード」の案内開始

2019年7月23日(火)より、ダイナースクラブカードにコンパニオンカードのサービスが開始する。

ダイナースクラブカードとは別に、年会費無料のMastercardが自動的に付帯するサービスだ。

ダイナースクラブのサイトでは「海外でのクレジットカードのご利用について」として、次のように書かれている。

海外に渡航の際は、万が一ダイナースクラブカードをご利用いただけない場合に備え、現地通貨の現金や他の国際ブランド(VISAやMasterCard)のクレジットカード(SuMi Trust Clubカードなど)も含めた代替の決済手段を携帯いただく事をおすすめしています。

ダイナースクラブ側でも使いにくいと言う事は認識していたのだろう。

これを解決するための方法として、ダイナースクラブカードに別途Mastercardを付帯するのがコンパニオンカードとなる。

ダイナースクラブ プレミアムカードには、新たに発行を開始する「TRUST CLUBワールドエリートカード」が、ダイナースクラブカードには「TRUST CLUBプラチナカード」が無料で利用でき、Mastercard利用分もポイント獲得の対象となっている(ポイント還元率は通常よりも低い)。

ニュースリリース時には申し込み方法などが書かれていなかったが、会員向けには案内が送られた。

案内を見る限り、何もしなければ自動的にダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカード「TRUST CLUBワールドエリートカード」が送られてくるようになる。ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカードが不要の場合のみ、「コンパニオンカードのサービスは不要です」にチェックを入れて同封されている封筒で送ればOKだ。

なお、案内には「ダイナースクラブ リワードプログラム改定のご案内」も入っているのでよく確認しておこう。

ダイナースクラブカードのコンパニオンカードについてはまだ案内がないため、案内が到着し次第、申し込み方法を紹介したい。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 946

© 2013 ポイ探

Scroll to top